三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 再度の爆発  追記ありTOPetc. ≫ 再度の爆発  追記あり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

再度の爆発  追記あり

また第一原発で、今度は3号機の爆発がありましたね。

そして、また津波も起きているようです。



あれから兄にも母にも連絡はつかず、その後どうしているのか、どこかに落ち着くことは出来たのか、

まったくわかりません。


父のお薬はあるのだろうか?

介護施設から命からがら逃げ出すことが出来ただけで幸運だったのですから、多分お薬など持ち出す余裕はなかったに違いありません。

昨日聞いた話では、もう腰まで水につかって、スタッフの方が連れ出して下さったそうです。

本当に何とお礼を言っていいのかわかりません。

お薬以上に心配なのは、何せ車椅子状態で歩くことは全く出来ないので、トイレも行けずリハビリパンツは欠かせません。
ちゃんとたくさん持って行けたかな。

パンツの交換など、大変な労働で、大丈夫かな。

周りの方たちに気がねしいしいやってるんだろうな。

プライバシーなんかないんだろうな。

父自身は、どんな具合なのだろう?



母はどうしているだろうか。

母の場合は、多分ちゃんとお薬は持って出られたと思います。

去年、脳梗塞を起こして以来、いろんなお薬を飲んでいるので、それだけはちゃんと続けて欲しいと思います。


お水やご飯はちゃんとあるのでしょうか?

水不足になると、血栓が出来やすいので、それもまた心配の一つです。

動きが少なければエコノミー症候群も起きやすいですし、次から次へと心配の種は尽きません。



もうひとつの心配は、レオ。

体が大きい割には神経が細いところがあるので、突然小さなキャリーに押し込められ、見知らぬところに連れて行かれて、どんな状態でいるか。

ちゃんとトイレは出来ているだろうか。

周りに迷惑をかけたりしていないだろうか。

せっかく連れて行ってもらえたのだから、元気に過ごしていて欲しい。


幸運なら、ペットの一時預かりのボランティアさんが見つかったりするといいんだけれど。

まだそんな活動は始まったりしていないのかな。

たとえそれがあったとしても、母や兄は、そんなことを知っているのかどうか。

とにかく連絡がつかないのがもどかしくてたまりません。



それにしても、腹が立つのは、原発の故障です。


それさえなければ避難なんかしなくて済んだのに。

そのせいで避難せざるを得なくなった人たちへのフォローはあるのだろうか?

東京電力は、原発現場での修理・調整と並行して、そちらもぜひやるべきでなないでしょうか。

てか、やれよ!!!!!って話です。



今度の爆発では、けが人が多数出たようですね。

現場の方たちは本当にお気の毒です。

そして、行方不明のご家族を探していらっしゃる皆さん、一人でも多く無事再会できますよう心から祈っています。



こんなに穏やかないいお天気なのが、いっそう切なく感じます。





昨日は一日連絡が取れませんでしたが、さきほどやっと兄から携帯に電話がありました。

父と母は、福島市から少し戻ったところにある飯舘村の草野小学校というところに落ち着いたそうです。

父の怪我の様子も診てもらえて、大丈夫とのことでした。

そして、父も母もお薬はちゃんと持って来たということで、安心しました。



で、兄ですが、なんと市内に戻って来ているというのです。

仕事の応援のために。



ん~~~、なんだかなぁ。

兄一人がいてもいなくても、関係ないんじゃないかという気がするんですけどね。

避難先に母と父を残して、って、後一人人員はいますけど、それってどうよ?な状況。


それに、貴重なガソリンを、そんな往復に使ってもいいものか?


と、正直に言ったら、ちょっとムッとされました。

男の人はね、仕事がやっぱりね。

あ~、私が現地にいなくてよかった。

きっと大喧嘩になっていたに違いない。


まあ、私はこちらにいるしかないわけですから、兄に任せるしかないわけなんですけど。

本当にもどかしいです。










Comment

編集
ご両親さま共にご無事でいられて少しだけでもほっとしましたね。
毎日悲惨なことばかり増えて胸が苦しくなります。

た~こさんのところに、動物レスキューの団体のこと書かれています。
被災地の皆さまからたくさんのTEL入って受け付けていただけるようです。

少しでもMayu-☆さんのお心が安らぎますように。
2011年03月14日(Mon) 19:42
編集
停電情報がはっきりせず、うちの両親たち、年寄りでネットもできない、うちの母は耳も遠い。大丈夫だろうか。そんなこんなを考えると私でさえ、腹立たしくおもったり、落ち込んだり、ドキドキしたりします。

Mayu-☆さんのお気持ち、切なくなる気持ち、お察しします。
ご両親のこと、レオちゃんのこと、
そして原発のことも
なんとかいい方向に向かって欲しい。
心から祈ります。
2011年03月14日(Mon) 20:08
編集
あぁ 良かった!
ご両親、ちゃんとお薬を持って出られて!
私、お二人とレオちゃんは、絶対元気に帰られると思います。大変な避難生活だと思いますが、乗り切られるはずです。
心からお祈りします。

いとこのこと、ありがとうございます!
大原の実家に、舅、姑、子供、夫と共に身を寄せているようです。ただ、原発の件で、避難しているかもしれません。

友達の中には、まだ連絡が取れない人達がいます。心配です。

Mayuちゃん。
心配して疲れていることでしょう。みおんちゃんのお世話もあるしね。

体をいたわって下さいね!
2011年03月14日(Mon) 21:06
編集
Mayu-☆ちゃん、もどかしいね。
それでもお薬持って出られてよかったよね。

Mayu-☆ちゃんも心身ともに疲れているでしょう。
大事にしてね。
2011年03月14日(Mon) 21:40
編集
お久しぶりです。
兎に角良かったですね。
いろいろまだ心配でしょうけど、がんばってください。

こちらは全く大丈夫ですが、いわき市の友人(原子力関係の仕事)と連絡が取れず心配です。
2011年03月15日(Tue) 10:27
★みなさま
編集
宙さん、どりちゃん、Hitoeちゃん、佳江さん、ガイさん

先ほどの状況の変化で、これからは兄もずっと両親と一緒に避難所にいることになりました。
これでやっとホッとしました。
仕事で市内に出たはいいけれど、ガソリンが無くなって避難所に戻れない、なんてことになったらどうしよう、とそれが心配でした。
せめて兄には両親と一緒にいて欲しいと願っていましたから。
さっき電話があって、ガソリンも、もう一度福島市に移動できるくらいは残っている、とのことでした。
万一のことを考えて、備えておかなければと思います。

Hitoeちゃん
大原ならかなり北側だから大丈夫、と思っていたら、30キロ圏内には入っちゃった?
でも、ご家族一緒なら心強いですよね。

ガイさん
ガイさんの方でも大きな地震があったでしょう?
大丈夫でしたか?
もうこれ以上何も起きないことを願っています!!!!!
2011年03月15日(Tue) 13:31












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。