三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ それってどうなの?TOP認知症介護 ≫ それってどうなの?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

それってどうなの?

う~~~ん、どうしたものか。



昨日の記事にも書きましたが、父が入所しているGH(グループホーム)という制度、これがなかなか使えそうで使えないというかなんというか・・・

GHに入所したら、それ以外の介護保険は使えなくなり、病院への送り迎えは家族がしなければならないのに、ヘルパーさんを頼むとなると全額自己負担になる、という他にも、思わぬ落とし穴があったんですよ(-_-;)

確かに特養などに比べると、こじんまりしていてアットホームな感じもあり、なかなかいいと思っていたんですよ・・・

最初はね。


やはりプラス面もあればマイナス面もあるということで。






実は、今日、お昼過ぎにGHから突然「父のおしっこが出てないので病院に連れて行って」という電話がかかって来たとのことで、仕事中の兄と買い物に出ていた母が、右往左往したらしいです(-_-;)

兄は急きょ時間休を取り、母も出先から駆けつけて病院に連れて行ったものの、行くところ行くところどこも水曜日の午後は休診のところばかりで、市内中何軒も回った挙句、診てもらえる病院が見つからないまま、結局父は紙パンツにちゃんとオシッコをしたそうです。

母は疲れてしまって、「夜はもう卵かけご飯だけにしちゃった」と言っていました。


それを聞いて、ワタクシ、ちょっとプチ切れしました。



GH、なんて事務的なの?!


うちはたまたま兄が近くで仕事をしていて、無理をして休みを取って対応したけれど、そういう環境の人ばかりではないはず。
そんな人にはどう対応するのか?
兄も仕事をしているのを知っていて、母の状態だって知っているのに、何でそういう形で丸投げするんだろう???

で、さんざん苦労させておいて、「前もって予約を入れてくれれば、車椅子ごと乗れる車があるので、送り迎えは対応します」と言ったそうな(爆)



だったら、はよ言わんかい!!



前は、「病院へはご家族が連れて行って」って、確かに言ったよね???

家族がどこまで無理できるのか、試してでもいるわけですか???

うちの家族は、無理できるまでとことん無理しますよ?

それで母がまた悪くなったりしたら、どうしてくれるわけ?


なんか、その対応を聞いていて、かなりむっと来てしまいました。
えぇ、短気なものでσ(^_^;)



父の状態は、正直言って、かなり面倒です。

レビー小体型の認知症の例にもれず、このところどんどん進行して、足腰がかなりダメになっていて、今後はますます車椅子に頼ることが多くなると思います。

そんな父を、乗用車に乗せて病院に連れていくのは、本当に大変なことなのです。
車の乗り降りをさせるだけでもどんなに大変なことか、やってみないと多分わからないと思います。

近い将来、その車の乗り降りさえ難しくなるのは目に見えています。


それなのに、予約しないと車椅子のままの送迎はしてもらえないというのなら、今回のような時にはどうなるのでしょう?



とりあえず、母には「今後、もしそういう連絡があった時には、『無理です』って言ってみれば?」と言っておきました。

実際、母には無理なことですし、兄だってそうそう休みばかり取るわけには行かないサラリーマンなんですから。




施設の雰囲気はとてもいいのですが(介護士のお兄ちゃん一名を除く)、父の症状と実家の状況を考えると、家族の負担が大きいGHでは、もう対応が限界なのかもしれません。

特養だったら、医療的な部分も含めて対応してくれますので、今度帰ったら、特養への入所も検討して来ようと思います。

希望を出したところで、すぐに入所できるわけではありませんし。


本来なら、父のためにもアットホームなGHで過ごして欲しいのはやまやまなのですが、

帯に短し 襷に長し  って感じでしょうか(ため息)



ちなみに明日は、父の心療内科の通院です。

母は、父のことはもう車から降ろさないで、自分だけ診察室に行ってお薬だけ処方してもらうと言っていました。

どうせ、やる気が感じられない医師が、してもしなくても変わりがないような問診をするだけの診察なんだから、それでオッケ!


とにかく、母には自分の体だけ一番に考えて欲しいと思う父不幸(?)な娘なのでした(爆)




あ~~~、離れていると、こういう時にイライラする~~~(>_<)!!






Comment

ケアマネに相談してみて。
編集
あ~、最初の関門に差し掛かったね(笑)家族が施設にお世話になる誰もが必ずといっていいほど高い確率で通る道なのですよ。Mayu-☆さんだけじゃないからね。一人で悩まないのよ!

無理なことは無理とはっきり言うことです。そこからでなきゃ何にも動きませんし、前へ進めません。介護放棄と思われようが出来ないことはできません。

あと、家族と施設が直で話すと余計ややこしくなったり、こじれることもあるので、些細なことでも先ず担当のケアマネに相談してください。介護者であるキーパーソンの家族の現状、GHでの対応や問題点、改善を求めたいこと、特養のこと何でもいいですから。家族と施設の間に入って上手くまとめるのがケアマネの仕事のはずですから。担当家族の現状をすべて把握してなければケアマネ失格ですよ。

私なんかケアマネとしか話さないもんね(笑)ま、うちは施設が雇ってるケアマネだから自動的にそうなっちゃうんだけど。

介護関係者って被介護者のことしか考えてないから。家族のことなんてこれっぽっちも考えてない。

もし「娘さんは東京を引き払ってこちらにお帰りになるおつもりはないのですか?お父様のお世話は無理ですか?」と聞いてきたら「介護のために帰るのであれば東京での仕事を辞めなければなりません。こちらで東京での収入と同額の仕事があるとお思いですか?東京での仕事を辞めれば私自身の老後を含め生活設計が成り立ちません。自宅のローンもまだ残ってますしね。それともそちらで私の将来を含め生活の保障をしていただけるのでしょうか?」って言ってやりなさい(経験談)

これくらい言わないと響かないから。

もしMayu-☆さんが東京での生活をキープしたいなら、の話だけどね。

これからもずっと東京の生活を維持する、しないに係わらず、介護は無理しないこと。自分の事を最優先に考えて。
2010年06月10日(Thu) 02:36
編集
うぉぉぉ~~~(TーT)
薫さん、ありがとありがと~~~(感涙)

そうだよね?別に「無理」って言ってもいいよね?
そんなこと言ったら冷たいって思われるかなと思いつつ、もうどうしようもないんだから、って、母にもそう言ったの。
なんか、にっちもさっちも行かない状況なんだもの。

ケアマネさんて、施設に入っちゃったら、もうノータッチなんじゃないの?
うちではそう言われたって言ってたよ。
だから、本当は相談したいことがいろいろあるのに(介護士のお兄ちゃんのこととか)、誰に言ったらいいかわからなくて困ってたの。
施設に直接訴えると、父も気まずいかなと思って。

前に、ちょっと父が訴えてたことがあって、それが100%ほんととは思わないけど、そう言わせる何かは確かにあると思うの。
私が少しの間見てても、「ん?」て思うことが多々あるし。
その時に、私が「上の人に話してみるよ」って言ったら、「そんなこと言ったら、夜一人の時にいじめられたら嫌だから言うな」って口止めするんだよ~(T-T)

母に、「ケアマネさんに電話してみたら?」って言ってはみたんだけど、「だって、もう手が離れたのに、申し訳ないんじゃない?」って遠慮してるし。
だから、今度帰ったら私が電話してみるからって言ってあるんだけど、うちではどうして「入所したら手が離れる」って言われたんだろう?
別の施設の所属のケアマネさんだからかな?

薫さんの言葉に後押ししてもらえたので、今度帰ったら必ずケアマネさんに連絡してみます。
週末からまた実家なので、向こうにいる間にいろいろ頑張って来ます。
とても気持ちが楽になりました。
いつもいつもありがと~~~(TーT)



2010年06月10日(Thu) 09:34
編集
ん?施設に入れたら関係ない?
それってケアマネじゃないと思うよ#
相談くらい乗ってくれると思うけど。
近い将来、特養に移る可能性もあるわけだし。

っていうか普通は暇を見つけてはお父さまの様子を見に行ったり、「その後、ご不便はありませんか?」とか頻繁に家族に連絡してくるのが普通だけど…。うちはそうだったよ。

もしそのケアマネが使い物にならないならさっさと首にして、市役所の高齢者福祉課か社会福祉協議会のソーシャルワーカーに相談してみて。GHにはケアマネとかソーシャルワーカーはいないのかな?

これからの事を考えたらできるだけ第三者に間に入ってもらった方がいいよ。相談窓口を設けること。そうしないとお兄さんご夫婦が無理だと逃げ始めたら(既にそうだし~)、お母さまの将来のことも全部Mayu-☆さんが引く受けざるを得なくなるから。

自分で全部やっつけてると関係者がそれに甘えて、Mayu-☆さんがやるのが当たり前みたいになっちゃってなにも動かなくなる。逃げ場がなくなるからね。頑張りすぎないのよ。
2010年06月10日(Thu) 15:10
編集
さすが、薫さん!プロの意見だね~。
Mayu-☆さん、社会福祉学科卒業生のスタルカも薫さんに同意見。
役所を動かすのも最近ではかなり楽になってきているので、使えるモノは何でも利用して、一人で抱え込むことの無いようにしてね。
役所や施設関係者にはちょっと「ウルサイ人」と思わせるのがコツです!!(笑)
2010年06月10日(Thu) 17:54
編集
そっか。そのケアマネさんって別の施設の所属ケアマネさんか。だとしたらちょっとややこしいね。「施設入所で関係は切れる」という意味はそういうことか。Mayu-☆さんのお父さまには現在、ケアマネがいないってこと?そんなのありえないけどなぁ。GHにはケアマネとかソーシャルワーカーとかいないの?GHでの介護認定は誰が面倒見るのかな?今度の帰省でケアマネさんに色々聞いてみて。きっと相談に乗ってくれると思うから。普通は施設から施設へ移動の場合、担当ケアマネ同士の引継ぎ&申し送りもあるはずなんだけどなぁ。
2010年06月10日(Thu) 19:20
編集
Mayu-☆さん、ホントにいろいろ大変そうね。。

私はよくわからなくて言えることないのだけどぉ。。。
でもさ、理不尽なことは多いみたいだよね。
なんとか上手く行く様に祈ってるね。。
って、祈ってるとか、願ってるとかじゃホント役にも立たないのだけどさ・・・
Mayu-☆さんも疲れないように、ちゃんと休んでね。
2010年06月11日(Fri) 02:43
編集
近い将来同じようなことが待っているのが予想されるだけに、
皆さんのお話に読み入ってしまいました。

とても勉強になります。
(Mayu-☆さん便乗してしまってごめんなさい)

先日も友人のお母様が3ヶ月ルールとやらで転院を迫られた
話を聞いて憤慨したところです。

別の友人はお母様の介護のために正社員を辞めて
実家に戻らざるを得なくなり、
パートの仕事をしながら同居することにしたら、お母様宅の
世帯収入が増えてしまって保護のお金が打ち切りに…。


日本の政治って本当にどうなっているのでしょう?!
何で何一つちゃんとならないのか。

すみません。暗い話題ばかり。しかも怒っているだけで。


Mayu-☆さん、引き続きがんばらないでがんばって!!
でもあまり無理はしないでくださいね。
2010年06月12日(Sat) 01:53
お知らせ♪
編集
うちはもう両親が他界してしまって、介護の心配はなくなってしまったのですが・・
読んでてホントに勉強になりました。

コメント欄の投稿も思わず見入ってしまいました。体験者の方の言葉は説得力バツグンですね。
今度誰かの為に役立てたいと思います。

でも、お母様早くに退院できてホントに良かったです。Mayuー☆さんが頑張ったお陰と、お兄様の協力と、レオくんの切なる祈りが届いたのでしょう・・・e-266

さて、私事で大変恐縮ですが・・・
ブログをアップしてみました。
初めてのことなので、まだまだ解らないことだらけなんですけど、少しずつ勉強して頑張ってみたいと思います。

ちなみにタイトルはパクリました。(爆)

これからもどうぞ宜しくお願い致します。


2010年06月14日(Mon) 18:58
わかる
編集
お久しぶりです。

本当に、日本の福祉はおかしいです。高い介護保険料をむしり取っておきながら、だんだん利用できる介護項目を狭めていくんですからね。

根本から、ひとつひとつ改革すべきですよ。

政治家は、自分の家族が、あるいは自分自身がその立場に立った時にどうするのか、見てみたいもんです。
まあ、都合のいいようにするのでしょうが。

同苦できる人。

そういう人に、日本を変えてほしいです。

私も、義父義母の具合が悪く、東奔西走しています。

健康第一。

ご自分を大切にして下さいね!
ご家族の皆さんに、そしてお父様にとって、ベストな状態となることを、お祈りしています。
2010年06月21日(Mon) 12:47
★薫さん
編集
薫さ~ん、レスが遅くなってすみません~~~m(__)m

なんだか帰って来てから、こっちの暑さにやられちゃって、ボケボケしてました。
ムシムシするね。

この前、元ケアマネさんに電話してみたよ~
なんかね、やっぱり施設に入ったら、その時点でケアマネさんの手は離れるんだって。
「じゃあ、ケアマネさんはいなくなるということですか?」って聞いたら、「そういうことになりますね」って言ってたよ。
それって、うちの方だけのことなのかしらね?
だから、相談は施設の責任者の方にしてください。って。
「施設直接じゃ言いにくいこともある」って言ったら、市役所に苦情を受け付けてくれる窓口もあるって言われた~
それはそれで、なんだか角が立つ感じもあるよね~

ってことで、結局、直接施設の人に言っちゃった~(⌒o⌒;
でも、向こうでもある程度わかってたみたいで、「やっぱり?」みたいな反応でした(爆)
それって問題だよね~
「レビー小体型は難しいですから」って、きっちり言って来たよ。
父がおかしくなったら、自分たちだって苦労すると思うのにね~

いつもいろいろありがとね~
またご相談することもあると思いますので、どうぞよろしくお願いいたしまする~m(__)m


2010年06月22日(Tue) 23:13
★スタルカさん
編集
えぇぇぇ~~~っ?!!
スタルカさんて、社会福祉学科の卒業なの?
意外だった~~~(* ̄m ̄*)
そうそう、世の中って、言ったもん勝ちのところがありますよね~
あんまり強く言うのはかわいくないけど、言わなきゃならないことはちゃんと言わなきゃね。
でも、基本ワタクシは「かわい子ぶりっこ派」です~(笑)

いい年して、そろそろ無理かなぁ。
そしたら今度は「うるさ型」になりますです(⌒o⌒;


2010年06月22日(Tue) 23:16
★た~こさん
編集
いや~、続く時は続くね~
た~こさんもいろいろ大変だったけど、落ち着いて良かったね!

介護に関する制度って、ほんとにいろいろ変だなぁと思うことが多いよ。
でも、まだ今はいいよね。
なんだかんだ言っても、制度としてまだ成り立ってるから。
私たちが利用する頃には、もう崩壊してるかもね~(爆)

最近、車での往復にも慣れて来たよ。
みおんも、とってもお利口さんに乗っててくれるの。
田舎に帰ったら、遊ぶのが楽しくてあんまりまとわりつかないので、それも楽かも~(笑)



2010年06月22日(Tue) 23:22
★saharaさん
編集
どんどん勉強してください~
こうして皆様に読んでいただけるように書いているのも、いつか何かの役に立ったらいいな、という思いもあります。
もちろん一番は、自分のストレス発散ですけど(* ̄m ̄*)

今日も書きましたけど、実際に身内に介護が必要な人間が出て来て初めて知る理不尽な制度って、意外と多いんですよ。
3か月ルールもそうですよね。
3か月で治る人たちばかりじゃないだろう!って言いたくなります。

今回の納得できない!は、「入ってからの胃ろうチューブはOKなのに、胃ろうチューブをしている人は入所拒否」です。
これって、絶対おかしいですよね~
家族ともどもつぶれてしまえ、ってことですもん(-_-;)

ものすご~く納得できないでいます。



2010年06月22日(Tue) 23:30
★ウニノコさん
編集
ウニノコ伝、拝見してます~
面白くて、ウニちゃん、ノコちゃんがかわいくて、サイコーです(* ̄m ̄*)
お知らせいただいて、ありがとうございます!

いや~、介護って、本当にいろいろあります。
一つ問題が片付いたと思ったら、また別の問題が・・・って感じで、エンドレスなのが何ともはや orz

母はおかげさまで、まだ疲れやすいようですが、なんとか元気にやっています。
あまり無理しないように、ちょくちょく帰っていろいろ手伝ったりしようと思っています。
あ、レオは母にべったりですよ~(* ̄m ̄*)
やっぱり母が家にいるのが安心みたいで、ちょっと性格が変わったように思います。
内心寂しかったんだろうなって、いじらくくなりました。




2010年06月22日(Tue) 23:35
★一重ちゃん
編集
一重ちゃ~ん、お久しぶり~~~
元気だった?
たまにブログを覗いたりしてたんだけど、もう書いてないの?

一重ちゃんもいろいろ大変な時期なのね。
私たちって、そんなお年頃なのね~(ため息)
義父義母様って、遠くにお住まいなのかな?
お嫁さんの一重ちゃんが面倒看てるの?
それは大変だ~~~
私なんか、自分の父だからしてるけど、お舅さんお姑さんだったら、出来ないかも~(⌒o⌒;
一重ちゃん、偉いね。

一重ちゃんこそ、無理しないでね。
いつまで続くかわからないからこそ、ぼちぼちのつもりでやって行かないとと思ってますσ(^_^;)
お互いに、無理しすぎないようにがんばろうね!


2010年06月22日(Tue) 23:41












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。