三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ クータンがうちの子になったわけTOPCat ≫ クータンがうちの子になったわけ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

クータンがうちの子になったわけ

先週は、ちょっと気持ちが沈みがちな私でしたが、金土日と怒涛の仕事をこなしているうちに、落ち着いてきました。
特に、土曜日は13時間以上も家を空けていたので、これでクータンがまだ生きていたら、とても仕事どころの心境じゃなかっただろうなぁ、と思いました。

つい最近、仕事でミスをした仲間がいて、そのことで全員にFAXが回って来たのですが、本当にぞっとするような内容で・・・
クータンのことが原因で仕事に集中することが出来ずに、もし私が同じようなミスをしてしまったとしたら、と思うと、クータンは、最後の最後まで、本当に親孝行な仔でした。






クータンは、大人になってからの迷い猫で、ある日強引に私のところに入り込んで来た、ということは、以前にも書きました。

一緒に暮らし始めてみて、こんなにいい子がどうして迷い猫になってしまったのだろう?
捨てられるわけがないし、きっと元の飼い主さんは心配して探しているだろうと、ずっと気になっていました。


それが、3年前ほどに、アニマルコミュニケーションのことを知って、クータンもしていただいたことがありました。


・クータンは、うちに来るまでどうしていたのか。
・どうして私のところに来てくれたのか。

ずっと気になっていたことを聞いていただきました。

その時のことを、もう一度ここに書こうと思います。


以下、その時のアニマルコミュニケーションからの抜粋です。


**********************************************

(2)クータンは大人になってからの迷い猫で首輪をしていたのですが、うちに来るまでどうしていたのか、どうして私のところに来てくれたのか、聞いてみたいのです。(18年も前のことなのですが・・・)

(18年前のことでも)覚えてる。嫌なことをしようとした(もしくはした)から逃げだした。
気の短い女の人。すぐ怒って怖かった。窓が開いていたから逃げた。
あの人が(自分を)心配してさがすようなことはしないと思う。
何故Mayu-☆様のところに来たかというと、(Mayu-☆さまからは)優しい雰囲気(オーラ)が出ていた。
優しくしてほしかったし、おなかもすいていた。
(Mayu-☆さまのところに来てからは)望んでいた幸せな暮らしをしている(暖かい光に満ちたイメージ)。
とても幸せ。

クータンちゃんは特に愛情に飢えていたような感じがしました。
クータンちゃんにとって人生(猫生)とは「共存と愛」だそうです。


***********************************************



逃げ出してきたなんて、想像もしていなかった展開(* ̄m ̄*)
クータン、のんびりしているように見えて、やる時ゃやるお猫様のようです(笑)

当時は、前のマンションに住んでいた頃で、お隣の部屋の女の子と一緒に、玄関先でクータンにご飯を上げていました。
それが、寒くなってきたある日、ドアを開けたらあっという間に部屋の中に上がり込んできて大泣きに鳴いて。
その様子を見たら、かわいそうになってとてもお外に戻すことが出来なくなってしまったのでした。

それが、クータンと私の赤い糸がつながった瞬間でした。


それから21年。
本当に暖かな幸せな時間だったね。


若かったクータンもだんだん年を取り、いつの間にか、人間の年齢に換算したら私を追い越してしまって。
それでも、ママにとっては、いつまでも愛おしい赤ちゃんみたいなクータンだったよ。


そのアニマルコミュニケーションの時、もうひとつ感動してしまったのは、

クータンがしきりに「大丈夫、心配要らない。きっとうまく行く」と何度も私に伝えようとしていた、ということ。

その少し前、いろいろなことが重なってかなり落ち込んでしまい、ベッドに突っ伏して大泣きしたことがあったのですが、その時に、クータンがすっとベッドに上がってきて、私の頭を一生懸命チョイチョイ、チョイチョイしてくれたことがあったのです。

言葉を話すことが出来ないクータンが、きっと一生懸命私を慰めようとしてくれていたのだと知り、改めて涙が溢れて来たのでした。

ずっと赤ちゃんだと思っていたクータンは、いつの間にか成長して、私のことを守ってくれようとしていたのですね。

それは、亡くなる時にもそうだったのだと思います。

クータンがいなくなっても、私がちゃんとやって行けるように、いろんな段取りをしてくれて。
へなちょこなママを持ってしまったから、クータンは成長してくれていたんだね。


クータン、ありがとうね。

ママはだんだん気持ちも落ち着いて来て、今でもクータンと一緒って思えるようになって来てるから、心配しないでね。

虹の橋でクータンに会えるまで、しっかりがんばって行くからね。






クータンのアニマルコミュニケーションの記事はこちらから

072602.jpg


いつの間にか、ママを追い越して、何でもお見通しになっていたんだね。







Comment

編集
クータンに選ばれたMayu-☆さんは幸せだったね♪
確かに最初は小さな小さな可愛い存在だったニャンコがいつの間にか自分を追い越し老成し、見守ってくれる存在になっていくんだろうな。
でも、スタルカを追い越すには我が家のニャンズは若過ぎる~(笑)
ここは一つ、クータン、ついでの時で良いからスタルカも見守って下さいませm(_ _)m
2008年11月09日(Sun) 22:04
編集
アニマルコミュニケーションの記事も読ませていただきました。
>marikoさんにも「もっと自信を持ちなさい」とメッセージを送ったそうな
クータンの猫柄の良さがしのばれますね。ほんとにすてきな猫さんです♪。
2008年11月09日(Sun) 22:40
編集
凄い!クータン!
よくぞ、その嫌な女(←決め付け)から逃れて、Mayu-☆さんの所に来たね。
当りだったね。すんごい、大当たりだったね。
Mayu-☆さんの頭を、ちょいちょいして、慰めてくれるクータンを想像したら、風邪治ってきたのに、また、鼻水じゅびじゅびです・・・・。

アマも野良の時、私のアパートの前にいて、初めは外でご飯をあげてたのですが、
その内、ベランダの網戸をガンガンノックするようになって、窓を開けたら入ってきて、
家猫の地位をゲットしました。
クータンの方が全然お上品だけど、黒猫って、アピールの仕方が似てるかも、です♪


2008年11月10日(Mon) 17:55
愛おしいですよね
編集
クータンはmayuさんのとこに来るべくしてきた猫ちゃんでしたね。
きっと神様がmayuさんのとこに行くようにしてくれたんだね。
私もとても辛い事がこの2年ほどあり夜も眠れず眠剤を辛くなり飲み過ぎ意識がなくなりました。
その時くまが私の顔をなめ泣け叫び私から離れなかったと実家の家族から聞きました。
やはり自分の大事なひとの事は分かるのですよね。
後から話を聞きどれだけくまに助けられ愛おしく思った事か・・。


2008年11月10日(Mon) 19:30
編集
★スタルカさん
ほんとに、私たちが選ぶんじゃなくて、お猫様が私たちを選んでくれているんですよね。
それは、七君も、八君も、つくたんも、みんなそうなんだと思います。
3つもご縁があったスタルカさんは、すごいです(笑)
にゃんこ時間は、私たちの時間より早く過ぎていきますけど、でも、いつまで経っても、かわいい子供みたいな存在なんですよね。
それも、純粋にかわいいだけの2~3歳くらいのままで。
七宝組のみんなも、ずっとそのままかわいいままですね。
天使になったクータン、きっとみんなを見守ってくれていると思います。
2008年11月11日(Tue) 01:06
編集
★MMMinMcityさん
ほんとにクータンたら、ちゃっかりそんなことまで言うなんて、笑ってしまいましたσ(^_^;)
その猫さんによって、お話の仕方とかいろいろ違いがあるようなのですが、クータンは「上品な感じで、きちんと箱座りして話してくれた」っておっしゃってました。
いかにもクータンらしいなぁって、うれしかったです。
今となっては、アニマルコミュニケーションをしていただいたことも、良い思い出です。
2008年11月11日(Tue) 01:10
編集
★だまごんさん
ね~、笑っちゃうでしょ~?
あんな穏やかなクータンが、そんなことをするなんて(⌒o⌒;
でも、どんだけ嫌なことをしたんだろうね~?って、それも気になるけど(爆)
まぁ、それがなかったらクータンに巡り合うことも出来なかったわけだから、その嫌な女(笑)には感謝感謝ですぅ(* ̄m ̄*)

アマちゃんも押しかけにゃんこさんだったのね~
前に、かにさんが、「黒猫は、この人!って思った人にとことんなつくような気がする」って言ってたけど、それって当たってるような気がするの。
きっとアマちゃんも、「だまごんさんに決めた!!」って思って、一生懸命アタックしたんだね。
アマちゃん、だまごんさんに出会えて良かったね。
そして、だまごんさんも、アマちゃんに出会えてほんとに幸せだね(TーT)

2008年11月11日(Tue) 01:19
編集
★れみりんさん
ほんとうにご縁というのは不思議なものですよね。
クータンがうちの子になったのには、そんな事情があったなんて、思ってもみませんでした。
出会うべくして出会ったのかな、と思います。
きっとれみりんさんとくまちゃんも、そんな固いご縁で結ばれているのだと思います。
自分のことを気にかけて、愛してくれる存在って、本当にありがたいものですよね。
そんな仔のためにも、私たちはしっかりと毎日を過ごして行かなくちゃ、と思っています。
れみりんさんも、愛し愛されているくまちゃんと、これからも幸せに過ごしてくださいね。
2008年11月11日(Tue) 01:24












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。