三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ あれから20日TOPCat ≫ あれから20日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

あれから20日

クータンがいなくなってしまって、もう20日になるんですね。
いつの間にか11月になっていました。

この20日間、長かったのか短かったのか。
自分でもよくわかりません。

11月になったのをきっかけに、また寝室のベッドで寝ることにしました。
マットレスを取り払ったリビングは、とても広々として寒々しく感じます。



気持ちは、落ち着いている日もあり、かと思うと波がやってくる日もあり。

今頃になって、一口に「落ち着いています」とは言えないような状況になっています。


クータンがいなくなって、ブログに書くこともなくなってしまい、今までのクータンの記事を読み返したりしていますが、最後の4ヶ月の介護期間の記事を読んでいて、その日が近づいてくるとやはり胸が苦しくなります。

それでも、死期が近づいて来てどんどんかわいくなって来るクータンの様子を見ていると、「あぁ、あの頃は本当に幸せだったんだなぁ」と、改めてクータンの存在の大きさを感じています。

クータン、本当にかわいかったよ。
これからも、ず~っとそう思ってる。





昔の動画を見ていたら、こんなクータンを見つけました。




2004年ごろのクータン。
まだ目が見えている頃で、紐にくくりつけたイチゴのキャットニップにじゃれ付いています。
これくらいのじゃれ方じゃ、ブログに載せても仕方がないかと思ってお蔵入りさせていたものですが、今となっては貴重な動画です。

じゃれ方からしておしとやかなクータン。
本当に穏やかな子でした。



2005年10月 16日のクータン。

1601_20081105195615.jpg

ベランダに出るのが大好きで、よくこうして窓から外を眺めていたっけ。

出て行くときには窓を開けられなかったけど、ベランダから戻って来る時には、自分でガラガラッ!と開けて入って来たもんね。
あんなに重い窓をよく開けられたものだと、あきれつつ感心したものでした。


大好きなベランダに出たのも、今年の6月が最後になっちゃったね。
もっと日向ぼっこさせてあげれば良かったなぁ。

今頃、虹の橋のたもとで、毎日のんびり日向ぼっこしてるかな。







急に寒くなったせいか、体調を崩している猫さんが多いようです。

クータン、クータンのご長寿パワーを、今がんばっている猫さんたちに分けてあげてね。
頼みますよ。


Comment

編集
もう20日なのね、早い・・・
お蔵入り画像、本当にクータン、おしとやかね。
クータンもだけど
クータン呼ぶ時のMayu-☆さんの声が、
も~~~、アマアマなんだよねぇ。
っていっつも思ってるんだけど、
この動画で聞こえる声もやっぱりね。

良いカップルだね。Mayu-☆さんとクータン。
今もね。

Mayu-☆さん、ベットに戻ったのね。
クータン、Mayu-☆さんが体調を崩さないように
パワーを贈ってあげてね!
2008年11月05日(Wed) 22:12
編集
クータンがじゃれてる~♪
ぽわんとした眼差しのクータンが可愛い、と思っていましたが、玩具にじゃれたり、しっかりした視線のクータンもすてきですね。
2008年11月06日(Thu) 00:22
編集
見れば見る程、ナイスバディですね、クータン。
じゃれている様子も可愛い♪
ヒップがとっても安定してて上半身だけでじゃれついているところが優雅です。
ベランダを出る時は窓を開けられないのに、入ってくる時は開けられるのもおりこうさん。
普通は逆ですものね。
きりりとした視線のクータンもカッコいいです。
また、いろいろ見せて下さいね。
2008年11月06日(Thu) 16:07
思い出を一杯載せてネ♪
編集
もう20日、まだ20日。
「時間のお薬」はゆっくりしか効かないから、クータンのこと想い出してリハビリタイムを過ごしてね。

ムービー、たくさん取っておけばよかった、写真もたくさんとっておけばよかった、って思っちゃうよね。
みゃあのムービーは全然無いもん。ビデオにちょこっとだけ。
写真もまだデジカメのない頃からなので、ブレブレの写真も大切。Mayu-☆さんにもきっとたくさんあるでしょ?ブレ写真(笑)
2008年11月06日(Thu) 16:17
編集
ク-タンがじゃれて遊んでいる姿初めてです♪
かわいい!!

う~む、気を張ってたのと忙しくて悲しむときに十分悲しまなかったからかな?

ク-タン、猫神様にお願いして新しい縁を!

その子はク-タンの分身ですよ♪きっと♪

先日、チビタの毛をカットしてもらいに行きました。
その時に飼い主が飼えなくなったということで里親募集の黒猫の女の子1歳がいました。

とても可愛い顔をしていて見ただけで女の子とわかりました。
(男とは違いますね~(◎-◎))
ちょうどク-タンがMayu-☆さんのところにやてきたときもこんな子だったのかなと思いました。
1ヶ月預かっている間に犬にも慣れてしまいチビタを見ても警戒せず。

私の顔を見て「にゃ~ん にや~ん」と甘えて鳴いてくれたので
そのまま連れて帰りたい衝動に(^^;;;でもやめました
2008年11月06日(Thu) 18:23
可愛い~
編集
お蔵入りしてたなんて信じられないよ。

私のデジカメ 小さなムービーしか撮れなくて 最期の頃にみかりんに撮ってもらった 大きなサイズのムービーは私の宝物です。
みかりんと笑って給餌したあの日 胸きゅんとなります。
>みかりん こんなところでなんだけど^^ ありがと

クータンの応援が必要な猫さんがいっぱいいます。
mooちゃんと通せんぼ隊よろしくね。
2008年11月06日(Thu) 19:13
編集
★さとこさん
もう20日も経ったんだね~
なんだか未だにクータンがいなくなったことが信じられない気持ちになることがあるよ。
その一方で、クータンがいないのが、ずっと前からのことみたいに感じる時もあるし。
うまく言葉に出来ないけど。

いやほんと、我ながらものすごい猫なで声だよね~(笑)
頭おかしいんじゃないの?ってくらい( ̄◇ ̄;
クータンに話しかける時には、本当に不思議なくらいアマアマになっちゃって。
にゃんこに対してだけは、どこまでもアマアマになってしまう私σ(^_^;)
にゃんこ限定だけどね(爆)

うん、やっとベッドで寝られるようになったよ。
でも、腕枕してあげるクータンがいないので、手のやり場に困っちゃって、Moguちゃんをピンクのフリースにくるんで抱っこしていますのだ。
いい年をして、お恥ずかしいですのだ(;^_^A
2008年11月06日(Thu) 19:41
編集
★MMMinMcityさん
もう18歳になったころなので、クータンがじゃれるのはとても珍しいことだったのです。
もぞもぞしゃべっている私の声は、実は「珍しいね~~~」と言っておりますσ(^_^;)
見ていて、もっと長く撮ればよかったなぁと思いました。
すてきと言ってくださって、ありがとうございます~~~(TーT)
2008年11月06日(Thu) 19:46
編集
★りきさん
その後、お嬢ちゃんはいかがですか?
このところ、周りのにゃんこさんでも不調な仔が多くて、胸が痛みます。

クータン、最後までナイスバディーでしたから、元気なころは言うに及ばずムチムチのピカピカ(笑)
上体だけでじゃれるのは、別名「ものぐさ」とも言います(;^_^A
年を取って来ると、こんなものですよね~
帰って来るときに開けられるのはおりこうさんですが、これでちゃんと閉めたら、天才なんですけどね。って、無理無理(笑)
たまたま利き手が、帰宅時に便利だっただけだと思います~(^_^;)
2008年11月06日(Thu) 19:55
編集
★みかりん
ほんとにね、時薬は効いたり効かなかったり、なかなか平穏な気持ちだけではいられないものだね。

みゃあちゃんがいた頃は、まだ今みたいにインターネットやデジタル家電の進歩がそれほどでもなかった時期だもんね。
クータンも、長生きしてくれたから、最後のほうでやっと間に合ったって感じだもん。
最初の頃のデジカメでは全然うまく撮れなくて、CASIOのデジカメやデジイチは、クータンのために買ったようなものなの。
ビンボーでも、無理して買って良かったなぁって思ってます。
そのおかげで、動画や綺麗なクータンの画像を残すことが出来たから。

ブレ写真、それがないのよ~
フィルムの一眼レフを手に入れるまでは、「写真を撮る」という言葉は、私の辞書にはなかったの~σ(^_^;)
インスタントカメラで撮った写真とも言えないようなものが2,3枚くらいあったかな、って程度。
それすら、どこかに行ってしまった(爆)
今とは時代が違うから、にゃんこが若くて元気なのが当たり前の頃は、写真を撮ろうなんて、思わなかったよね。

2008年11月06日(Thu) 20:12
編集
★サザンさん
えぇぇぇぇぇ~~~~~っっっっ!!!!!!
その黒猫さん、どうしてもらってあげなかったのですか~~~?????
どうしてやめちゃったのですか?
サザンさんちなら、飼ってあげられますよね?
もしかしたら、ノンタンの生まれ変わりかも!
って、いや、ノンタンが逝く前に生まれてるから、それはないか(-_-;)
でも、サザンさんに甘えて、サザンさんもかわいいなぁって思われたんですよね?
黒猫って、ほんとうにかわいいですよ。
もし、サザンさんに少しでもそのお気持ちがあったら、亡くなったクータンの代わりに、その仔がサザンさんのお宅で幸せになれたらいいなぁ。
なんて、身勝手な言い分だと言うのは重々わかっていますけど。
ちょっと言ってみただけ(T_T)

私は、もう一人でにゃんこを飼うのは無理だと思っています。
精神的にも経済的にも(爆)
この先、仕事もどうなってしまうかわからないし、新しい子を迎え入れたとして、その仔が病気になったりした時に、ちゃんとしたお世話をしてあげられるかどうか、自信がないのです。
思ったような治療をしてあげられなかったりしたら、これだけがんばってクータンを見送ってあげられたことが、みんな帳消しになってしまうような気がして。
まぁ、そういうわけなのです(T-T)
2008年11月06日(Thu) 20:27
編集
★moomama
うん、お蔵入りなんて、ほんとに信じられないよね。
たったこれだけのものだけど、今の私にとっては、大切な大切な宝物です。
縦向きに撮ってしまった動画だってね(笑)
moomamaが、mooちゃんの動画を宝物って思う気持ち、痛いほど良くわかるよ。
もう二度と戻れないあの時に、ほんの一瞬でも戻れたような気になれるもんね。
とってもとっても切ないけど。

さっきもクータンの写真の前で手を合わせてたの。
ジルちゃんや、今具合の悪い仔たちが、早く元気になりますようにって。
新入りだけど、クータンもがんばって通せんぼしていると思います。

2008年11月06日(Thu) 20:44
編集
<えぇぇぇぇぇ~~~~~っっっっ!!!!!!
その黒猫さん、どうしてもらってあげなかったのですか~~~????? >

すげ~~~~~っっっ!!(爆)
<!>が6つと<?>が5つ(^_^; アハハ…

衝動に打ち勝つのが大変だったんですよ。
ノンタンの最後を私は看取ってないのですが、家族は看取りました。
逝ってしまう最後の瞬間に転げまわって苦しんだそうです。(号泣)
その姿を見せつけられたので「もう絶対に生き物を飼うのは嫌」だと皆に釘を刺されているのです。

ピピのときは、安楽死を選択するほどもっと苦しい思いをしました。
(車中で逝ってしまいました)
でも、最後に残された悲しさ以上に癒され幸せをもらったと思うので
あの子を連れて帰りたかった…
ほとぼりが冷めたころにσ(^◇^;)

<黒猫って、ほんとうにかわいいですよ。 >

実は、Mayu-☆さんと同じく子供の時に犬と猫を飼っていたことがありました。
小学生のときに黒猫の女の子が迷い込んできて、その子を飼ったことがありました。
とても美人で可愛い子でしたよ。
近所にあるアパ-トに住んでいる方が飼い主だったのですが、
飼ってくれるならということで譲っていただきました。
年齢も1歳でMayu-☆さんとクータンのエピソ-ドを聞いたときに
似たことがあるものだなぁ、と思いました。

当時は食事もネコマンマ。
蛋白質の補給が必要なのとネズミが多かった時代環境もあり当時の猫はハンタ-でした。
特に、黒猫のメスはネズミを捕るといわれていますけれど
本当によく捕りました。
鮮明に覚えているのは、廊下にずら~と並べられたネズミの群れ、
10匹以上あったと思います(爆)

その子が可愛くて、ネズミをくわえていたその口に私はチュ-ばかりして
母によく叱られました(爆)
私を一番好きになってくれて私の布団の中でいつも一緒に寝てくれました。
本当に可愛かったですよ!!

後追いして歩くク-タンの動画、かわいいっす♪
あんなお宝があったとは!!

2008年11月07日(Fri) 21:11
編集
★サザンさん
勝手なことを言ってしまって、すみません(;^_^A
ちょっと言いたい衝動に、勝てませんでした(笑)

ノンタンの最後、そんな感じだったのですね。
看取ったご家族、辛い思いをされましたね。
きっとクータンが同じような最後を迎えたとしたら、と思うと、胸が痛みます。
ご家族のお気持ちが、早く癒えますようにお祈りしていますね。

サザンさんも、黒猫ちゃんを飼っていたことがおありなのですね!
それも大人になってからの仔?
ほんと、似てますね~~~
その仔も甘えっ子だったのですね。
サザンさん、どんなにかその仔がかわいかったでしょうね。
よくわかります。
家族がいても自分に一番なついてくれる子は、やっぱり格別ですよね。
私も、一番最初に飼った仔がそうでした。
キジトラの男の子でしたが、ケンカが弱くてね~
いつも他所のにゃんこにいじめられて、オシッコ漏らしてました(爆)
でも、クータンほどはかわいがってあげてなかったので、今頃虹の橋で会ってたら、クータン、うらやましがられてるかも(^_^;)

今でもこうして思い出してもらえるその黒猫ちゃん、幸せですね。
にゃんこがくれたたくさんの幸せは、そう簡単には色褪せませんね。

>ほとぼりが冷めたころにσ(^◇^;

うふふ、サザンさん、がんばれ(笑)

2008年11月09日(Sun) 19:49












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。