三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 二七日(ふたなのか)TOPCat ≫ 二七日(ふたなのか)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

二七日(ふたなのか)

クータンが亡くなって、今日で2週間。
人間で言うところの「二七日(ふたなのか)」です。

人間が考え出した仕組みに当てはめて考えるのも妙なものだと思いますが、つい、そんなことを考えてしまいます。

よく、生前の行いが悪いと、畜生道に落ちて動物に生まれ変わり、行いが良いと人間になり、さらに良いと天上へ行く、なんて言いますが、それは人間の驕り。
勝手な解釈だと言う気がします。

もしそれが本当なら、クータンはあんなに良い子だったのだから、次の世では人間に生まれ変わってしまうのかな。
それとも直行で天上行き?

私は、次の世に生まれ変わっても、また猫のクータンと、人間の飼い主の私で出会いたいと思っています。
こんなに辛い別れをまた経験することになっても、やっぱりもう一度クータンと一緒に暮らしたい。
心からそう願っています。

あ、その前に、そもそも私がまた人間に生まれ変われると言う保証はまったくないんですけどね(爆)





今日、昔の写真を整理していたら、8年~9年前のクータンの写真が出てきました。
まだネットを始める前、フィルムの一眼レフで撮った画像です。

ずっとカメラを持っていなかった私でしたが、招待していただいたパーティーのビンゴゲームで一眼レフカメラが当たり、お花やクータンを撮り始めたのでした。

スキャナーで読み込んだものなので、あまりいい画質ではありませんが。



1999年4月9日 13歳頃のクータン

99040901.jpg

ベランダで日向ぼっこが好きだったね。
こうしてよくゴロンゴロンして、埃だらけになって、ポンポン叩いてもらうのが大好きだったね。
「ぐるにゃん♪ぐるにゃん♪」て、ご機嫌だったっけ。


1999年8月4日

99080401.jpg

艶々のピカピカ。
クータンが座っているソファの肘掛には、今も爪跡が残っています。
かくれんぼ鬼ごっこをしていて、ダッシュした時にクータンが付けてしまったもの。
懐かしいなぁ。


1999年11月9日のボンレスハム、 じゃなくて~
99110901.jpg

え?!!っと思うほど太っていた頃のクータン。
もうだいぶ長いこと、こんなデブデブだったことを忘れていました(笑)

そういえば、高いところから降りる時に、自分の体重が重すぎて、よく「ンギャッ!」って声が自然に出てたよね。

その割には意外と身軽で、「デブでも猫~」って、よく笑ったよね。


いつでも、クータンのことを想ってるよ。





Comment

編集
100歳過ぎてもナイスバディだったクータンの熟女時代、
う~ん、お見事としか言いようが無いわ♪

大丈夫、きっと次の世でもMayu-☆さんとクータンはいっしょの時を
過ごせるようになっているよ、信じてる。
2008年10月30日(Thu) 22:32
編集
クータンも違うけど、ベランダが全然違う~
ガーデンが理路整然で、計画的~、そして花の種類が基本に忠実~(藁)
ここからまたドンドンと植物が増えてマニアックになっていったんだね~
うちでは、Mayu-☆さんからもらったオキザリスが黄緑色の葉をたくさん出してきましたよ。
2008年10月30日(Thu) 22:49
編集
あ~ん、クータン、バディは違えど、可愛らしさと幸せ顔は一緒ですね~。
うん、可愛い。ホント可愛い。 
心も、体も、満たされてますね☆

次の世でも、クータンはMayu-☆さんめがけて、まっしぐら!絶対です!

2008年10月31日(Fri) 09:13
編集
クータンつやつやぴかぴか。可愛いです♪
ボンレスハムだとしても最高級品ですよ。
(褒めてないかも)

>あ、その前に、そもそも私がまた人間に生まれ変われると言う保証はまったくないんですけどね(爆)

あ~、そうですね。うちも虹の橋の向こうにたくさんわんにゃんが待ってるんですけど、私が地獄に一直線だったら会えないんだ・・・
人間として精進せねば。

2008年10月31日(Fri) 11:28
編集
次に生れ変ってもクータンはmayuさんのところに
来ますよ。
絶対にね(*^_^*)
うちのくまはまだ2才半ですが・・。
私も生まれ変わってもくまと一緒に暮らしたいです。
クータンはほんとに美人さんでしたね。
ほんとにぴかぴかに輝いてるクータンですね。
かわいいクータンやすらかにね。

2008年10月31日(Fri) 12:23
編集
★スタルカさん
亡くなる頃にはだいぶ体重も減って、見た目もすっきりしてたので、6キロあった頃のクータンの様子をすっかり忘れてましたσ(^_^;)
この写真を見つけた時、あまりのパツンパツン加減に、思わず笑ってしまいました。
ほんとにこんなに太っていたのか、信じられない気持ちです。
こりゃ、当時の先生にダイエットを進められるはずですよね~(笑)

クータンと私、永遠の相思相愛だと思っています。
2008年10月31日(Fri) 13:49
編集
★サエコポン
あはは、やっぱりサエコポンはそう来たか~(笑)
私も、同じことを思いました。
ほんと、この頃はすっきりしてて美しいベランダでしたわ~
まだまだ隙間もあるしね。
今や目も当てられない状況でっす!
オキザリス、うちも葉っぱが盛り盛りで、蕾もつき始めたよ。
今年は、サエコポンちのもきっと盛りだくさんで咲いてくれると思います。
時はちゃんと流れてるんだね~
2008年10月31日(Fri) 13:52
編集
★だまごんさん
クータン、ほんとに太ってたでしょ~?
この頃は6キロもあったんですの(* ̄m ̄*)
お尻の辺りもムッチムチで、まるっきり忘れていたおデブクータン、かわいいと言っていただけて恐縮です(汗)
うん、体は間違いなく十分なほど満たされていた模様です。
健康にも何の心配事もなく過ごしていたこの頃、懐かしいなぁ。
私を選んで押しかけて来てくれたクータン、またきっと一緒になれますよね!
2008年10月31日(Fri) 13:58
編集
★りきさん
この頃は白髪も全然なくて、本当に艶々で、見事な黒ボンレスハムっぷりでしょ~?
後ろ足なんか、うまく閉じられてないかもです(笑)
人の記憶と言うのはいい加減なもので、ここまで太ってたとは思っても居ませんでした。

お互い、たくさんの虫を虐殺してるからね~(爆)
でも、地獄に落ちたらきっと虹の橋にいる子達が、たくさんの尻尾を垂らして助けてくれると思います。
りきさんは、その中で掴みやすい尻尾を選べばいいけど、私はクータンのまっすぐな尻尾だけ。
ツル~ンて、手が滑ってしまうかも~
2008年10月31日(Fri) 14:04
編集
★れみりんさん
くまちゃんはまだ2歳半なのですから、これからまだまだずっと長く一緒にいられますね。
艶々クータンを褒めてくださって、ありがとうございます。
2008年10月31日(Fri) 14:06
編集
クータン、ベランダでごろんごろ~んが、気持ちよさそうね~♪
実は私も整然としたルーフチェックしたですわ。

ソファの傷も嬉しい想い出になって・・・大切なクータンと暮らした証しだね。
まさにダイナマイトボディーだった頃のクータンからは「うふ~ん」って聞こえてきそうだわ~ん。
Mayu-☆さん、心配ないわよ!
生まれ変わっても絶対Mayu-☆さんとクータンはのんびりまったりの美人姉妹に間違いない!
2008年10月31日(Fri) 18:18
編集
クータンったらなんてナイスバディ!!
熟女の魅力満載(笑)
艶々プリプリのクータン、ホントに可愛いです♪
そして私もベランダが違う~と驚きました(笑)

クータンとMayu-☆さんはソウルメイトだから。
いつの時代でも共に生きていく運命にあるのですよ。
2008年10月31日(Fri) 21:55
編集
★Mintmama!
あらら~、Mintmama!にもチェックされちゃった~(笑)
この頃はまだバラがなくて、一年草だけだったからね~
バラを入れてからどんどんナチュラルガーデンを目指しちゃって、今ではすっかり荒れ放題のナチュラル過ぎるガーデンざますのよ~(⌒o⌒;

クータンとの思い出は、部屋中いたるところにあります。
でも、それを見てもそんなに悲しくはならずに、どれも楽しい思い出につながってるの。
こんな気持ちになれているって、自分でもすごく不思議です。
そうだよね、クータンと私は深い絆で結ばれているって、心からそう思えます。
たぶん死ぬ時にも、「クータンに会える!」って、すごくうれしい気持ちになれそうな気がします。
待ち遠しいわ~(* ̄m ̄*)
2008年10月31日(Fri) 23:04
編集
★TAMIさん
この頃は、まだ「飾る」という印象の強いベランダでしたわ~
今は、ほら、ナチュラルよ、ナチュラル(爆)

クータン、ほんとにナイスバディでしょ~?
っていうか、ナイスバディにもほどがある、というか(;^_^A
こんなに太ってたなんて、信じられないです~
クータンと私はソウルメイト、って、実は私もずいぶん前からそう感じていました。
相手がたとえ猫とはいえ、これだけ相思相愛になれるって、幸せなことだなぁって。
これからもず~っと、クータンラブなのです。
2008年10月31日(Fri) 23:11
編集
BBSを見たら別のが2枚も貼ってあった!
他にもあったら、また気が向いたときにでも見せてくださいねー。
クータンはヒーターにへばりついて寝てる印象があるので(すみません!)、
もしキリッと座ってる写真があったら見たいです。
本館の「ある日のクータン」の1枚目みたいに。

クータンのかくれんぼ鬼ごっこ、想像したらなぜか笑いがこみ上げてきます。
クータンもワクワクした顔してたのかなあ。
2008年10月31日(Fri) 23:40
編集
かにさんの↑のコメントで気がついて他のお部屋を廻ってクータン画像を色々見てきました。
本館の「ある日のクータン」の最初と最後の正面向きのお写真、とっても可愛いかったです。
また時々見せてくださいね~
2008年11月01日(Sat) 11:07
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008年11月02日(Sun) 20:48
ムチムチ★クータン
編集
懐かしくてステキな写真が沢山あるんですね~♪
楽しい想い出がいっぱい!
確かにMayu-☆さんとクータンは強く結ばれているはず。
でも

>死ぬ時にも、「クータンに会える!」って
>すごくうれしい気持ちになれそうな気がします。
>待ち遠しいわ~(* ̄m ̄*)

って、ぉぃぉぃ! ヾ(^^;)

2008年11月03日(Mon) 03:44
編集
★かにさん
クータンの画像、見てくださって、見たいと言ってくださって、ありがとうございます~~~(T_T)
「去るものは日々に疎し」って言いますけど、クータンのことを覚えているのが私だけになってしまうのかなぁなんて思うと、ますます寂しくて。
これからは、クータンとの新たな出来事は書けなくなってしまいましたけど、思い出だけでも書いていこうかな、なんて思っています。
あ、でもね~、あまりキリッとしたクータンの画像はないかも~(爆)
若い頃の写真はあまりなくて、デジカメを買って撮るようになった頃には、もうすっかり寝てばかりでしたから~( ̄◇ ̄;

そんなクータンも、若い頃は、それは目をキラキラさせて遊んだんですよ。
懐かしいなぁ、クータンの笑顔。
にゃんこだって、ちゃんとうれしそうな顔で笑いますもんね。
うーちゃんと同じようないたずらな顔もしました。
ほんとに懐かしいです。
うーちゃんブログ、これからも楽しみにしていますね。
2008年11月04日(Tue) 00:15
編集
★Mintmama!
ありがと~、クータンの画像、見たいって言ってくれて、ありがと~~~(TーT)
なんだかこのところちょっと気持ちが弱り気味です。
クータンがいなくなって少し時間が経って、寂しさがジワジワとこみ上げて来た感じかな。
仕事が終わって、「家に帰ろう」って思う瞬間が一番寂しくてね。
たまらないの~

2008年11月04日(Tue) 00:20
編集
★ライムさん
コメント、ありがとうございます。
お気持ち、とてもうれしいです。
ライムさんとお会いした日には、クータンも持ち直してくれていて、あれから急にこんなことになってしまうとは思ってもいませんでした。
こんな感じでまだまだがんばってくれるのかな、って思っていましたから。
命って、明日にはどうなっているか、ほんとうにわからないものですね。
ライムさんも、いろんな想いをなさっているのですね。
なかなか気持ちは落ち着きませんね。
そうしていろいろ想いながら、少しずつ少しずつ自分をなだめていくしかないのかな、なんて思っています。
クータンの月命日には、ぜひ会ってやってください。
クータンも、きっと喜ぶと思います。
ご連絡させていただきますね。

2008年11月04日(Tue) 00:27
編集
★shimejiさん
クータンの写真、そんなにたくさんあるわけじゃないのです。
黒猫って写りが悪いし、腕も悪いと来た日には、あまりいい被写体とは言えなくてね~
こんなことなら、もっと若いころからたくさん撮っておけば良かったなと思っても、後の祭りですわ orz

いや、ほら、ものの例えよ、例え(* ̄m ̄*)
どんなに寂しくても、死ぬまでは生きていかなくちゃいけないのよね。
クータンを送ってしまったら、もう心残りは何にもないんだけど。
どれほど先のことになるかわからないけど、私にもいつかその日はやって来るわけで、それが楽しみって思えるのは幸せなことじゃないかと思うんだけど、やっぱり暗いかしら~?( ̄◇ ̄;

2008年11月04日(Tue) 00:34












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。