三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ クレマチスTOPFlowers ≫ クレマチス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

クレマチス

このシーズン、どうしても話題はお花のことばかり。
クータンは毎日ほぼ同じポーズで爆睡してばかりなので代わり映えがせず、被写体としてはどうもいまいち。

ということで、今日はクレマチス編。

まずはアラベラ。
私のファーストクレマチス。
サ○タのタネから届いた時には、枯れているのか?と思うような棒っ切れ一本のひ弱な苗だった。
08arabella.jpg

インテグリフォリア系で、あまり絡まないタイプ。
今年はイングリッシュローズのヘリテージと合わせてみたが、ヘリテージが咲くにはまだ時間がかかりそう。

次は、今年「世界のクレマチス展」で買って来たばかりのギリアン・ブレイズ。
07gilian3.jpg

淡いパープルがかった上品な白いお花がとても魅力的。
買ってすぐお花がこんなに楽しめるなんて、今までにない感激!
すでに20個くらい蕾を着けている。

これまでは同じようなお値段では、ヒョロリとした挿し木一年苗しか売られていなかったので、このナーセリーと出会えたのはとてもうれしいことだ。

これもアラベラと一緒に注文したユーリ。
どちらにしようかと散々迷って、結局決めきれずに両方頼んでしまったもの。
07juli1.jpg

よく似た感じのお花だが、アラベラは上向きに、ユーリは下向きに咲く。
青い花びら(がく)に白と黄色のしべがとても綺麗で、私のお気に入り。
健康さも太鼓判の強健種。

そしてこちらは、花友Asahiさんが挿し木してくれたプティ・フォコン。
07petit2.jpg

濃い青紫がとても綺麗。

バラの季節、やはりクレマチスは欠かせない。

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。