三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ クータンの状態TOPCat ≫ クータンの状態

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

クータンの状態

突然なのですが、今、クータンの意識は混濁しています。

本当に突然のことなので、私自身、動揺しています。



昨日のお昼にはご飯を食べてくれたクータン。

ところが、夕べからお水もご飯も受け付けなくなり、うつろな目で寝たきりになってしまいました。



今朝起きてみると、もうほとんど反応していません。
横になったまま、頭すら起こせないような状態です。

ところが、こんな日に限って、朝から仕事で、病院に連れて行く時間もありません。
帰って来られるのは、早くても7時。
下手をすると8時になってしまう可能盛大。


とりあえず皮下輸液をして、クータンには、「待っててね。お仕事が終わったらすぐに帰ってくるからね」と言い聞かせて、泣きたいような思いで出かけました。


途中、最初の仕事を大急ぎで終わらせて、30分だけ帰宅しましたが、その時にもクータンはぐったりしたままでした。
新しい缶を開けて口元に持っていっても、匂いすらも分からないようです。

もう自分では食べられないようなので、キドニーケアの粉末を少量のお水で練って、強制給仕しようとしましたが、今までは簡単に口を開けていたのに、頑として開けようとしません。
無理に入れた指を噛んだまま、それでも口を閉じています。
こんなことは、今まではありませんでした。
ほんの少しだけ舐めさせて、時間がなくなったので、また仕事に出ました。

もしかしたら、帰って来るころには生きていないかもしれないと、本気で思いながら。



で、結局帰って来れたのは夜の8時。

クータンは息をしていてくれました。



休日なのですが、サワヤカ先生にお電話して診ていただくことが出来ました。


まず、血液検査で全身症状の数値を調べていただきました。
クータンはもうぐったりしたままなので、保定する必要すらないくらい。


結果が出てみると、どの数値も現在の症状を表すほどのものはありません。

サワヤカ先生のお診立てでは、「脳に問題があるのではないか」とのことでした。



何らかの原因で脳圧が上がって、意識混濁になっている可能性があるとのこと。
それが、脳梗塞なのか、腫瘍があるのか、クータンの年齢ではもう調べるのも無理ではないかとのことでした。


その間、クータンは、グーーーッと体を突っ張らせたり、逆にギュウッと丸まってみたり。
意識のない中で、反射的に体が反応しているだけのような状態です。

今まで、ほとんど爪を出したことのなかったクータンが、前足の爪を出して、何かにつかまるようなしぐさをしています。

目は開いていますが、意識はすでに飛んでいる様子なのがわかります。



先生のお話によると、対処方法は2つ。

ひとつは入院して静脈をなんたらかんたら。
(飼い主、頭が真っ白で、覚えていません。)
でも、その方法は、先生に断られました。

事故にあったような若いネコさんの場合などならともかく、クータンにそういう処置を施しても、また同じようになる可能性が大きいこと。
入院している中で、命を落とす可能性が高いこと。
それだけは避けたいとおっしゃいましたし、私もそれは同じ気持ちです。


もうひとつが、ステロイドの注射。

それで脳圧を下げて、回復するのを期待するというもの。
ただ、その効き目がいつまで持続するかは、まったくわからない(ケースバイケース)とのことでした。
ということは、また同じような症状が出るたびにステロイドを打って、体がいつまで持つか時間との戦いでもあるのかもしれません。


クータンは、心音もしっかりしていますし、他の数値も決して悪くはありません。
22歳という年齢の割には、とても元気な体です。
それなのに、脳に問題が出てしまった・・・

そのことが、悔しくてなりません。


今夜は、ステロイドの注射を打っていただきましたが、3時間近く経った今も、目に見えるような効果はありません。
クータンは今も、時折グーーーッと力を入れて体をそっくり返らせたりしています。


そのたびに、寄り添って「クータン、大丈夫だよ。もうすぐ良くなるからね」と言っていますが、それすら、もうクータンの耳に届いているかどうかわかりません。


でも、もしかしたらステロイドが効いて、明日の朝にはご飯を食べてくれるかも。
まだそんな期待を持っています。



もう一度、クータンのゴロゴロが聞きたい。

もう一度、しっかりした意識のクータンを感じたい。



明日の朝、サワヤカ先生にお電話して、これからのステロイドの量などを決めていただくことになっています。

願わくば、もう一度クータンが復活してくれますように。





どうか、クータンのために祈っていただければ幸いです。



明日の朝には、いいご報告が出来ることを、私自身願っています。





今日のコメント欄は閉じさせていただきます。

昨日の記事にコメントを下さっているみなさま、レスをしなくてごめんなさい。

Cat | Comments(-) | Trackbacks(0)
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。