三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ Moguちゃん出動 orzTOPCat ≫ Moguちゃん出動 orz

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Moguちゃん出動 orz

久々に、Moguちゃんが出動してしまいました(T_T)

091101mogu.jpg


今朝、気がつくと、クータンが盛んに口をシャクシャクと舐め回すように開けたり閉じたりしていました。


あ・・・、まずい・・・・・・

と思った予想がドンピシャ。


癲癇の痙攣発作を起こしてしまいました orz



6月に3回の癲癇発作を起こしましたが、抗癲癇薬を飲ませ始めてから、7月8月と無事に夏を超えてくれたと思っていたのに。


今日の発作は、今までのタイプとは違った始まり方で、途中、痙攣しながら「アオーーー!アオーーー!!」と、雄叫びもありました。
初めて聞く痙攣時の声。


このところ、まったく鳴かなくなっていたクータン。

いつも、「ねぇ、クータン、たまには『にゃ~ん』て言ってよ~。 クータンの声、聞きたいなぁ」なんて言っていましたが、まさかこんな形でクータンの声を聞くことになろうとは・・・

切なくて切なくて、思わず涙がこぼれました。


少し発作が落ち着いてきたところで、以前いただいていたジアゼパムの液体をお尻から注入したら、それが刺激になってしまったのか、はたまた癲癇発作そのものの影響か、脱糞してお薬がこぼれてしまいました。

すぐにサワヤカ先生に連絡して、追加で注入してもいいかどうか確認して、もう1本。


比較的短時間でクータンは落ち着いてくれましたが、かなりぼ~っとして固まっています。

で、Moguちゃんの出動となったわけで。







・・・・・・・ママが悪いんだよね。




実は、2ヶ月の間発作が起きていなかったので、少しずつフェノバールの量を減らし始めていたのです。
もちろん、癲癇のお薬は継続して飲ませた方が良いというのは百も承知でしたが、4年前に癲癇発作を起こした時にも、その後ずっと起きていなかったし、いろいろお薬を飲んでいるクータンの負担が少しでも減ればと思って、サワヤカ先生とも相談の上で試しに減らしている途中のことでした。

最近、わずかながらクータンの足腰がしっかりして来たような感じがするのはそのせいかな、なんて思っていた矢先の今日の発作。

私が余計なことをお願いしなければ、クータンがまたこうして辛い思いをすることもなかったかもしれないのに。
ほんとにごめんね、クータン。

そう思ったら、ポロポロポロポロ・・・・・




クータンは、午後になると落ち着いてゴロゴロも言うようになりましたが、まだちょっと挙動不審な感じは否めません。

夕方、サワヤカ先生のところに行って、フェノバールの増量分をいただいてきました。

その際、最近クータンが全然食べてくれないので、食欲増進剤についてお話を聞いてきましたが、フェノバールには食欲を増す効果もあるのだとか。
このところ食べなくなっていたのは、フェノバールの量を減らしたことも関係あるのかな。



今は、テレビの足元で、拗ねたような格好で丸まっています。

また抱っこして一緒に寝んねすることにします。

少しでもクータンのゴロゴロが聞けたらうれしいから。





Comment

えい!えい!
編集
Mayu-☆さん、大変でした・・。
でもでも、どうかご自分を責めないで下さい。
今回、クータンの癇癪は残念でしたが、ちゃんと、Mayu-☆さんが、お家に居た時でしたし(クータン偉いよ)その後の処置は完璧です。
Mayu-☆さん以外、そんな素晴らしい対応、出来ません。

クータン、ちょっとびっくりしちゃったけど、大丈夫。
Mayu-☆ママが、傍にいるんだもの。何も怖くないよ。
少し休んだら、またいつものご機嫌さんにもどってね。
ご飯、沢山食べて、ママを安心させてね。

Moguちゃんも、クータンを頼むぞ!
えい!えい!(激念、放出中)
2008年09月11日(Thu) 21:52
私も、えい!えい!
編集
あーうー、クータン、大変だったね~。
Mayu-☆さんもさぞ切なく辛い思いをしたことでしょう。
お薬が効いて、早く元通りのご機嫌さんに戻ってね!

Moguちゃんも、クータンを頼んだぞ!
えい!えい!(私も激念、放出中)
2008年09月11日(Thu) 22:17
編集
難しいとこですよね。お気持ちお察しいたします。
薬を減らしたいという気持ちはすご~くわかります。
それは当然のことです。くーたんのために色々考えているのだもの。
センセイにも相談してんだし。因果関係はわからんよ。
癲癇は起きないほうがいいに決まっているけれど、起こるときはやっぱり起こってしまう。
Mayu-☆さんが一生懸命やっているのはくーたんが一番わかっていると思う。
2008年09月11日(Thu) 22:35
編集
Mayu-☆ちゃん、大変だったのね。
ん~私もミントが発作起こすと、可哀想で可哀想で何もしてあげられなくて涙出ちゃうもの。
それにミントと違ってお年だし、ちょっとでも減らしたい気持、わかる。

ミントはジアゼパムと臭化カリウムの併用にしてから、発作が起きなくなってるんだけど、ジアゼパムは短期投与に使われることが多いっていうじゃない?なんとなく不安なんだ。
でも、何よりも発作を起こさせないことが最優先みたいなので先生の言うとおりにしてる。


頑張ってね!
いつも応援しているからね!!
2008年09月11日(Thu) 22:44
編集
クータン、その後どう?
実家のチィもお薬を減らしてまた発作が起きた事もあったから
やっぱり続けていた方が良いような気がするわ・・
ホント出来れば飲まない方がこした事ないけど
お薬で平常が保てるならその方が良いような気がするです。
Mayu-☆さんのせいじゃないよ。
低気圧とか沖縄で台風も来てるし、いろんな事で起こっちゃったんだと思います。
このまま落ち着いてくれますように。
2008年09月11日(Thu) 23:29
編集
あああ、Mayu-☆さん、

うちのペケペケもオールorナッシン派~♪(♪つけるとこじゃないけど。)と書き込もうとしていて完全に出遅れた…と思っていたら、クータンがぁ~っ。(/_;)

でもでも、Mayu-☆さんが悪いなんてことないと思います。ちゃんと獣医さんと相談して、クータンを見つめているからこそできる対応です。(きっぱり)
薬の効果と副作用のバランスは、永遠の課題ですよね。
でも、Mayu-☆さんの選択をきっとクータンも納得している気がしてなりません。

クータンのあおーんも切ないけど、ゴロゴロで2人そろってほっこりしてくださいませ。Moguちゃんお役目はりきってね。

毎度変わりばえしなくて申し訳ないけど激念~っ!
2008年09月12日(Fri) 00:16
編集
ワシも激念~~~~!!!!

みなさん、おっしゃっている通り、Mayu-☆さんのせいではないですよ。
薬を減らしたいってお気持ちはすっごくわかりますもの。
いくら体のためになるものだと言っても、やっぱり長い間薬を飲ませたくないし、量も減らしてあげたいって思いますもん。
ちゃーんとサワヤカ先生に相談しながらの減薬だったんだし。
気圧の問題とかも関係すると思いますよ。
クータンとたくさんラブラブしてくださいね。

クータン、4年もしっかり療法食を食べてくれていたなんて、本当にいい子ちゃんですね!
療法食でも一般食でもプレミアムフードでもお魚でも、食べようという気持ちがあるってことが素晴らしいです!
さすがクータン!!
体重が減らないのであれば、量は少なくても大丈夫なのでは?と思います。
でもたまのオイシイは生きる活力にもなるから、Mayu-☆さんとクータンと一緒にオイシイをしてみるのもいいかも(^^)
オイシイお刺身を2人でつつくなんて、どうです?

クータンの体調が早く安定しますように☆(激念)
2008年09月12日(Fri) 01:06
編集
うう。読んでるだけで切なかったです。でもクータンの姿を直に見ているMayu-☆さんは、こんなもんじゃないですよね・・。

薬の増減は様子を見ながら決めるしかないのだから、どうかご自分を責めないでください。むしろ事後の決断の早さに感心させられましたです。僕ならあれこれ考えすぎて判断が遅れてしまいそうです。動揺しながらもすぐに薬の増量ぶんを入手するMayu-☆さんを見てさすがと思いましたです。今後のためにも、どうか自信をお持ちください。

他の皆さんと御一緒に、クータンが早く安心して体調もよくなるよう、僕も念じております。
2008年09月12日(Fri) 02:29
編集
★みなさま
暖かい言葉をありがとうございます(TーT)
今日はクータンもすっかり落ち着いて、私も落ち込みから立ち直りました。
昨日の夜辺りからまた療法食を少しだけ食べ始めてくれています。
これからも落ち着いていてくれるように、がんばります!

2008年09月12日(Fri) 14:29
編集
★だまごんさん
ありがとうございます!
だまごんさんの「えい!えい!」が効いたようです。

ほんとに、私がいた時でよかったんですよね。
前もってお薬もいただいてあったので、すぐに処置することも出来ましたし。

今日はもうすっかりMoguちゃんは捨てられています(笑)
励ましの言葉、とてもうれしかったです。
ありがとうございました。
2008年09月12日(Fri) 14:40
編集
★スタルカさん
ありがと~~~(TーT)
なんかね~、「アオーーーアオーーー!!」って叫びもついたのは初めてだったので、ちょっとビビリました。
というか、悲鳴みたいに聞こえちゃって辛かった~

でも、もう落ち着いているので大丈夫です。
抱っこをすればすぐにゴロゴロ言ってくれますし。
本当にご心配をおかけいたしました。
2008年09月12日(Fri) 14:44
編集
★サエコポン
わかってくれて、ありがと~~~(TーT)
サエコポンも、ポンちゃんの介護時代は、きっといろんなこと考えたよね。
私なんか、あーでもないこーでもないと、頭ぐるぐるは続いてます。
お薬は、最初の量から2段階減らしてたんだけど、また1段階戻すことにしました。
これできっと落ち着いてくれるはず。
出来るだけ減らしたいんだけど、なかなか難しいね~
でも、もう落ち込まずにがんばります。
ありがと~~~
2008年09月12日(Fri) 15:01
編集
★佳江さん
ミントの発作、落ち着いているようで良かったね。
お薬が合ってるのね。
でも、不安が点があるのだったら、どんどん先生に聞いてみてもいいと思うよ。
不安なまま使い続けるよりも、納得して使う方が、同じ薬を使うしかないとしてもいいと思うなぁ

なんかね~、ただの発作だったら比較的冷静にいられるんだけど、今回は「私が余計なことしちゃったから?」というのがあったので、かなり落ち込みました。
ほんと、発作って、見ててかわいそうだよね。
声がつくと、もっと悲壮な感じでいたたまれなかったよ~(T_T)
ミントは「キャンキャン」言ったりはしない?
なんにしても、発作は起きないのが一番だね。
ミントもクータンも、がんばろうね~
2008年09月12日(Fri) 15:08
編集
★た~こさん
おかげさまで、その後落ち着いてます。
夕べはちょっと頭がヒコヒコすることもあったけど、今日は完全に元通りで、爆睡してるよ(笑)
ご飯も、療法食をチョコチョコ食べ出したし、やっぱりあれほど食べなくなってたのは、なにか本調子じゃないところがあったのかもね~
普通食のウマウマをポチッとなしてしまったのは、早計だったかと思っておりますσ(^_^;)
2008年09月12日(Fri) 15:15
編集
★雨さん
いつも激念、ありがと~~~m(__)m
ペケペケちゃんもオールorナッシン派?
それってほんとに厳しいよね~
ほどほどのところで手を打ってくれればいいのにね~

今回は、もしかしたらと思ってお薬の減量を試してみたけど、もうフェノバールに関してはやめておきます(;^_^A
後、試すとしたら、メルカゾールかなぁ。
って、まだやる気か?(爆)

クータンの叫び、普段滅多に鳴かないだけに、切羽詰ったものを感じて、恐怖だったです~(T_T)
2008年09月12日(Fri) 15:22
編集
★TAMIさん
ワ、ワシて・・・・
あんなにかわいいTAMIさんがワシて、受けました(* ̄m ̄*)
TAMIさんも、激念、ありがと~~~

クータンは夕べからちょっとだけ療法食を食べてくれるようになりました。
でも、このところの拒否の毎日で、今まで一番体重が軽くなってしまったの~(T_T)
痩せなければ、量的に食べないのは別にそれほど気にしないんだけどね。
どうせ大して動いていないんだし(笑)
で、今日、療法食じゃないのをあげてみたのですが、食いつきが違うのなんのって(⌒o⌒;
療法食とうまい具合に食べてくれるといいんですけどね~(ため息)
2008年09月12日(Fri) 15:40
編集
★かにさん
ほんとに昨日は、かなりビビリつつ落ち込みました~(-_-;)
初めて聞いた、クータンの悲鳴のような叫びが切なくて。
もう2度と聞きたくないと思いました。

いやいや、きっと同じような立場になれば、きっとかにさんも同じように出来ますって。
いや、同じような立場にはならない方がいいんですけどね。
うーちゃんの場合、後20年ありますから(笑)
これからも、クータンの様子をじっくり観察しながら、がんばります!
ありがと~~~(TーT)

2008年09月12日(Fri) 15:49












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。