三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 工夫あれこれTOPCat ≫ 工夫あれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

工夫あれこれ

抗癲癇薬を飲ませ始めてから4日目。

おかげさまで、クータンは落ち着いています。
ここ2、3日、足腰がものすごく弱ってほとんど立てずにいますが、起き上がろうとしてジタバタしても、それでパニックになることは防げているようです。

19日の発作の後、急に足腰が弱ったクータンでしたが、23日の発作の後、25日には足腰がしゃんとして、とてもしっかりしているようにみえたのに、このところまたがっくり弱ってしまいました。
体中で力んで血尿が出るのは、もう完全に収まったようです。
シッコもちゃんと1回分が出るようになりましたし、ちょこちょこお漏らしするのもピタッと止まりました。
ただ、ちゃんと出る1回分がトイレじゃないっていうのが何ですが、それはまぁ善しとしましょう(⌒o⌒;


27日金曜日、moomamaから連絡をもらい、手元にあるオムツと、ペットシーツの滑り止めをいただきに行ってきました。

フローリングの上にペットシーツを敷くと、床との摩擦がないために、立ち上がろうとした時にツルツル滑ってしまい、うまく立ち上がれないのです。
でも、床とペットシーツの間に滑り止めを敷けば、シーツがスルスルと動いてしまうのをうまく防げるのだとか。
老猫介護の大先輩のmoomamaは、そんなこともちゃんとわかっていて、クータンのためにあれこれアドバイスをしてくれて、本当に心強い限りです。
moomama、ありがと~~~(TーT)

帰って来てからさっそく敷いてみると、ほんと、うまい具合に密着度が高くなって、滑りにくそう。
これはいいと、今日、100均で滑り止めシートをたくさん買い込んで来ました。
ついでに、フェンス代わりになりそうなワイヤーパネルも。

床にはペットシーツを敷き詰めて、その周りをフェンスで囲んで、クータンがややこしいところに入り込んでしまうのを防ごうという構想です。

今朝、通販でポチッとなした粘着テープ付きのワイドシーツ200枚が届いていたのですが、やはり粘着テープだけではめくれてしまうのです。
わざわざ床に直張りしたシーツをもう一度剥がして、滑り止めシーツから敷き直しです。

062905sheets.jpg

黄色っぽいのが滑り止めシート。
その上にペットシーツを敷き詰めて。

そして周りには、フェンスを巡らせました。
062904fens.jpg

こうしておけば、「どこでもトイレ」のクータンに、思わぬところでシッコされるのを防げますし、クータンも狭いところに入り込んで困ることもなくなるでしょう。

ただ、足腰の弱りきったクータンにとっては、ペットシーツの表面ですら滑ってしまって、うまく立てません。
後ろ足がほとんど利かないので、今もちょっとジタバタしています(⌒o⌒;

そこで、ペットシーツの上にも、何枚か滑り止めシートを敷いてみました。
062903toilet.jpg

せっかく広い面積に敷き詰めたのに、なにもそんなトイレの横の狭いところに入り込まなくても(爆)

一人でいる時のクータンは、いつもこうして頭を上げていて、あまりゆっくり寝ている様子がありません。
062901toilet.jpg


でも、私が抱っこすると、ものの見事に熟睡してくれるんです(TーT)
どれだけ私のことを頼りにしてくれているのか、クータンの気持ちを思うと、本当にいとおしくなってしまいます。

今週の土曜日から、またハワイ(爆)

あぁ~~~、行きたくないぃぃ~~~(T_T)




Comment

編集
クータンのためにいろいろ工夫しているんですね。
今後の参考になります。
そうやってMayu-☆さんがいろいろしても、やっぱりMayu-☆さんの抱っこが一番のクータン。いじらしいです。

ハワイまで「どこでもドア」で行けたら、夜は帰ってこられるのにね。
2008年06月30日(Mon) 15:41
編集
要塞を築きましたね。
クータンにお留守番させるのは心配でしょうね・・・。
本来カラッと暑いワイハでジトッと冷や汗かきそう。

でも仕事じゃ、行かねばならぬ、行かねばならぬ。
クータンはそんなMayu-☆さんの立場もよくわかっていると思います。
Mayu-☆さんガッツです。
2008年06月30日(Mon) 21:12
編集
★りきさん
老猫介護の大先輩からいろいろ教えてもらって、あれやこれややり始めました。
実体験に基づくアドバイス、ほんとに参考になるの。
ありがたいです~~~(TーT)

そうなの、これだけいろいろやっても、結局はあんまり床では寝てくれなくて(笑)
オシッコで汚れるの覚悟でバスタオルを敷いてみたりしてるんだけど、やっぱり私のお腹のフクフクにはかなわないみたいで(⌒o⌒;

「どこでもドア」欲しいわ~~~
クータンの「どこでもトイレ」はどうなのよ、って感じだけど(爆)
2008年06月30日(Mon) 21:21
編集
★サエコポン
これだけのスペースがあれば、クータンも少しは歩き回れるだろうし、なおかつどこでもトイレされてもオッケと思ったんだけど、よく考えたら、今のクータンはあまり歩かないから、もう少し狭くしても良かったかなぁ(⌒o⌒;
でも、目が見えないから、トイレとご飯とお水の場所を変えたくなかったので、こんな具合になりました。
実際に見てみると、要塞というよりは、売り物の子犬を遊ばせるペットショップのサークルみたいよ~(笑)
で、その中で私も暮らしてるというわけでσ(^_^;)
もちろんクータンも私も、もう売り物にはなりませんが(爆)

この前のハワイから帰って、クータンのあまりの衰えぶりに驚いたんだけど、今度はどうかしらね~
やっぱりちゃんと動物を飼ったことがない姪では、役不足なのかな、なんて、密かに思ってみたりして(爆)
ご飯もドライばっかりあげてたみたいだし、お薬もちょっとミスしてたしぃ(-_-;)
「もっと親身になってくれ~~~」と言いたいけど、若いから仕方がないかと思ってみたり。
でも、あんまり脅かしちゃうと、怖がって「面倒見れない」って言われると元も子もないし、難しいところです。
それでも、行かねばならぬ、行かねばならぬのね~(T_T)
かすかな救い(?)は、今回の仕事はスケジュールみっちりなので、余計なことを考えてる暇もないということかなぁ。
結局、ついたその日にも打ち合わせして、翌日翌々日は朝から晩まで丸一日仕事して、その次の日に帰るということになりそうです。
そういう意味でも、2重に、行きたくねぇ~~~!って感じです(-_-;)
2008年06月30日(Mon) 21:37












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。