三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ シッコ問題拡大&癲癇発作TOPCat ≫ シッコ問題拡大&癲癇発作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

シッコ問題拡大&癲癇発作

夕べのクータンは、お漏らし三昧(爆)

リビングに敷いてあるブロックカーペットのいたるところで、横になりつつ漏らしていました。

いや、そりゃ確かに「どこでも出ればオッケ!」とは言ったけど(爆)

でも、ただ単に自然に漏れているのではなく、自ら力んでシッコしたがっているのにちょっとしか出ない、という感じなのです。
もしかしたら、膀胱炎なのかなぁ。
でも、月曜日はサワヤカ先生のところは休診だし、どうしよう???
頭グルグルですよσ(-_-;)

しかたがないので、とりあえず寝ることに。

おとといの夜から、リビングにマットレスを敷いてそこに寝るようにしたのですが、今朝、「あれ~?ズボンが冷たい」と思って目が覚めました。

あ~あ、やっちゃった。 オネショだよ。


私じゃないですよ~σ(^_^;)


シーツを洗って、仕方がないのでリビングにペットシーツを敷き詰めてみました。
これでもう本当にどこでもオッケ!

今日も午後から出かけなければならなかったので、寝室でメイクをしていると、リビングの方からまたもや例の物音・・・・

ペットシーツを蹴り千切りながら、クータンが癲癇を起こしていました orz


尻尾を膨らませ、涎を垂らし、今にも走り出しそうな勢いで、今までの痙攣とはちょっと違う感じ。
長さも、今まででは一番長かったような気がしました。

何よりも、前回の発作からたったの4日しか空いていないのにまた起こってしまったのがショックでした。
とうとう本格的なものになってしまうのか?

出かけなければならないのに、発作を起こしているクータンを目の前にして、昨夜に引き続きまたもや頭グルグルですよ。
で、プチパニックσ(^_^;)
私がパニクッてどうするよ?
情けない飼い主です。

でもね、飼い主のパニックを感じたのか、クータンたら急にシャンとして健気に寄り添ってくれちゃって・・・

余計に泣けました。


で、決めました。

これからは、クータンのために出来るだけの時間を使おうと。

もちろん本業に関してはどうにもならないので、その時にはクータンもわかってくれるでしょう。
でも、アルバイトのために出かけるのは、やめることにしました。
始めたばかりなのに、無責任であることは百も承知の上で、そう決断しました。


サワヤカ先生のところに電話をしてみると、ちょうどいらっしゃったので、クータンを連れて行きました。

血液検査をしていただくと、BUN58(前回55) Cre.3.4(前回3.7)

「腎不全による癲癇ではなくて良かった~」と、先生も安心していらっしゃいました。
実は、電話をした時の私の様子から、そのことを心配されていたのだとか。
取り乱した電話で、すみません(⌒o⌒;
休診日にもかかわらず、診てくださってありがとうございました。


癲癇に関しては、何もしてあげられることがないので、発作時の症状を和らげるお薬(お尻から注入する液体のお薬)をいただいてきました。
それと、あちこちでシッコを漏らすこともお話したら、膀胱炎ではなく、年を取って括約筋が緩んで漏れているのでは?とのことだったのですが、それは採尿をしてまた持っていくことにしました。


帰ってきてから、一人で置いておくとウロウロして寝なかったクータンも、バスタオルにくるんで抱っこをしていたらグッスリ熟睡してくれて、夕方にはちょっとだけゴロゴロ言うようになりました。

ただ、見ていて切ないのは、出ないのにシッコをしたがること。
血尿などはまったく出ていないのですが、横になったまま尻尾を持ち上げてヒコヒコと力むのです。
(ンコではない息み方)
そうして、チョコチョコと漏らしてしまうので、まだ採尿が出来ていません。
膀胱炎だったりすると大変なので、明日には持って行きたいんですけどね~

そうやってシッコを気にしている間は、クータンも眠れないようなので、見ていてかわいそうで。
こうしている今も、横でヒコヒコ力んでいます(T_T)

クータンのシッコ、いったいどうしちゃったんだろうね?

少しでもクータンが楽になりますように。





Comment

編集
僕は癇癪のこともシッコのことも無知です。ただ、クータンが何か不安な気持ちで、Mayu-☆さんにそばにいて欲しいって言ってるように思えてなりませんでした。

以前うちの猫が真夜中に骨折したとき、何がしたいわけでもないのに折れた脚でうろうろ歩きまわろうとして、僕は困り果てました。ちょっとふるえていたので、ひょっとして不安なんじゃないかと思って寄り添ってやると、すぐに寝てくれたんです。クータンの様子が、そのときのうー公に少し雰囲気が似てる気がして、クータンも同じような気持ちなんじゃないかなあと・・・。

それと、クータンは体は弱っても、頭はかしこいままのように思いました。それで、Mayu-☆さんがいなかった6日間がクータンにはすごく長く感じられたのかも・・。
(うちのも6日入院しただけで、その後ずっと分離不安みたいになったので、そう思いました。←乏しい猫経験だけでお話してすみません)

あと、クータンの体が何より優先でしょうけれども、トイレシートやおむつがだめな場合のシッコ対策としては、ホームセンターでクッションフロアを買ってびっちり敷きつめるとかはいかがでしょうか(簡単にできます)。これだとクータンの体が濡れるのは防げませんけど、表面が滑りにくくてクータンがふんばりやすいし、シッコの匂いがしみついてもフロアごと捨てればいいしと思って。(あ、でも環境が変わってクータンをよけい不安にさせてしまうかな・・?)

それでは、長文失礼しました。祈るくらいしかできないですけど、クータンが早く元のようにまったりしてくれることを、遠くからお祈りしています。

(追伸)先日はMayu-☆さまの眼力に逆らった上、お友達を迷わせるようなことを言ってしまい申し訳ございませんでした。結果として全面的にMayu-☆さまの引き立て役となり果てた私を哀れみ、どうかお許しくださいますよう・・。
2008年06月24日(Tue) 02:11
編集
★かにさん
クータンのこと、いろいろ心配してくれて、ありがと~~~(TーT)
まず真っ先にお伝えしておきますが、てんちゃんの件、なぁぁぁんにも気にしないでくださいね!!!
た~こさんも私もみんなも、かにさんのお気持ちやご心配をちゃんとわかってますから♪
かにさんがああしてコメントしてくれたこと、それは心からのお気持ちだということを、みんなよくわかってますよ。
だって、中にはちゃんとコメントせずに、ただ「間違えてる~」って思いながら見ている人だっていたかもしれないんですもの。
それを敢えて書いてくれるのは勇気がいることだし、それだけ気にかけてくれているってことですもんね。
私もた~こさんも、真っ先に思いましたよ。「かにさんて、いいヤツ~」って(* ̄m ̄*)
だから、もうその件はなしってことで(笑)

クータン、やっぱり私がいないと不安なのかなって、私もそう思います。
夕べも、一緒に寝るまではず~っとヒコヒコして眠れないでいたのに、抱っこしてお布団に入ったとたん怖いくらい爆睡して、「もしかしてものすごく具合悪い?このまま死んじゃうのか?」って心配になってしまうほど、昏々と眠りましたから。
おかげさまで、今朝はヒコヒコは止まっているようです。
うあぁぁ、よかった~~~(TーT)

分離不安ていうのも、あるかも。
この時期毎年海外の仕事があって留守にしなくちゃならないんですけど、病院に預けていたころは、帰ってきてからも私の姿が見えなくなると、ぎゃーすぎゃーすすごかったですもん(⌒o⌒;
目が見えない分余計不安で、年を取った分体調に出やすくなってしまったのかも知れませんね。

クッションフロア、部分的にやっているんですよ。
老猫会の心強い友人が、以前使っていたものを分けてくれたのです。
でも、お漏らしがあまりに頻繁になってしまったので、洗うのが追いつかず・・・(⌒o⌒;
クッションフロアの使い捨ては、経済的に無理~(爆)
今ね、裏に接着テープの付いたタイプのペットシーツを注文しているところです。
アドバイス、ありがと~~~m(__)m

かにさんやみんなの祈りが届いたのか、今日のクータンは落ち着いています。
このまままたまったりがんばってくれそうです。
私も落ち着いてがんばらなきゃ~σ(^_^;)
2008年06月24日(Tue) 10:07
編集
今気が付いた~

かにさん、クータンは「(癇癪)かんしゃく」じゃなくて、「(癲癇)てんかん」ですから~(大受け)
もぉ~、かにさん、笑かしてくれる~~~(>▽<)
2008年06月24日(Tue) 13:46
編集
クータンが落ち着いてくれて良かったね♪
やっぱりMayu-☆さんの腕の中が一番なんだなーとホロリとしてしまいます。

ふふふ、かにさんって・・・良いヤツだ~(笑)
人間、笑うことで元気が出るもんネ!!(爆)
2008年06月24日(Tue) 20:50
編集
どわー。そうだったのか。ずーっとカンシャクって読んでました。
(猫がひきつけの症状をおこすことをカンシャクって表現するんだと思って納得してた)
シリアスに書いた長文コメントの3文字目がギャグだったとは・・・。恥ずかしさ10倍です・・。
2008年06月24日(Tue) 21:56
編集
「癇癪」と「癲癇」のミスに気が付いたMayu-☆さんがエライと思う。
私はクータンの問題点が「てんかん」であるということは知っているんだけど、
どっちの字も自分では書けないから、
全面的にパソコンにお任せしています。
だから、どっちの文字になっていてもなんの吟味もせず「てんかん」と読みます。

かにさんが「右」のコと「左」のコの入れ替わりに気が付いたときもスゴイと思いました。
私なら一生気が付かないとこです。
あそこで、かにさんがミスを指摘したので
た~こさんがあの記事を赤文字付きでもう一度取り上げ、
そのせいで、更に皆さんの注意を引き、
ああでもないこうでもないのすったもんだの末、
Mayu-☆さんなど「私が違っていたら裸で走る」とまで言い切り(藁)
大団円を迎えたのではないかと思いました。

皆すごいな~、注意力があって。

ところで、クータンはすごく穏やかな性格のネコだから
「かんしゃく」は起こさないと思います。
うちのバカネンコはおこしますけど。
2008年06月24日(Tue) 22:17
編集
「皆すごいな~、注意力があって。 」

この記事の着目ポイントが ↑ ここだというサエコポンがすごいと思いました。(爆)

Mayu-☆さん、クータンが分離不安、っていうの確かにあるかもしれないですね。ペケペケも係留終了後数日、「これが分離不安か…。」というのが実感できるほどでした。それでも行かなければならない仕事には行かなければならないし、でもクータンきっとわかってくれる、その信頼が大切ですよねっ♪

「落ち着いた」とのコメントでほっとしましたが、クータンがずっと「ヒコヒコ」、やっぱり膀胱炎が心配になりますね~。採尿できたかなぁ。

クータンがゆったり過ごせることを激念しております。
2008年06月25日(Wed) 10:30
編集
私も↓で「カンシャク」ってずっと読んでいて、そういう病気があるのかなぁ・・・と思っていたのよ~赤面!
人間の赤ちゃんだと「癇の虫」とか言うじゃない?

今日のクータンはどんな様子ですか?
クータンもMayu-☆さんが側にいてくれたら安心なのね~
クータンもMayu-☆さんも穏やかな日々が送れますように!
2008年06月25日(Wed) 15:09
編集
★スタルカさん
今日のクータンは、もうだいぶ落ち着きました(TーT)
夕べは体中で力んで、血尿タラタラで、かなり心配だったの~
診察時間外だったんですけど、サワヤカ先生に連絡してお薬をもらってきたら、とても効いたみたいです。
もうヒコヒコもなくなったし、気のせいか足腰もちょっとシャンとして来たような。
私も明るい気持ちになってきました♪
ご心配おかけしました~~~m(__)m


2008年06月25日(Wed) 17:04
編集
★かにさん
思いっきり突っ込みいれちゃって、ごめんなさい~~~(笑)
気が付いたとたん、黙っていられなくて~(⌒o⌒;
突っ込み体質の悲しいサガで(爆)
恥ずかしさ10倍なんていわず、これに懲りずに、またどんどんコメントしてくださいね~♪
楽しみにしてますぅぅ(* ̄m ̄*)
2008年06月25日(Wed) 17:07
編集
★サエコポン
うんうん、わかる~~~
私も最初は完全に読み流してたもの。
癇癪も癲癇も、よく似てるよね~
それに、どっちも○眼にはやさしくない文字だしσ(^_^;)
ふと気が付いた瞬間には、爆笑でした~~~
似てるけど笑える~~~、みたいな(* ̄m ̄*)
で、私の突っ込みの虫がついうずいたというわけで・・・(爆)
もちろん私も、どっちも書けないよ~

あの迷子掲示板の右と左は、すぐに単なる右左の書き間違いだと直感しました。
なぜなら、私もよく右と左を間違えるからσ(^_^;)
あの記事を投稿したのは、飼い主さんじゃなくて、もともと保護した猫ボラさんだったんだって。
慌ててたので、つい間違えちゃったらしいよ。
「これはぜ~~~ったい右と左を間違えただけだって!
左の子はぜ~~~ったいに白猫さんだよ。
そうじゃなかったら、裸で走るよ」とまで言い切った私ですが、ほんとにそうで良かった~(⌒o⌒;
ちなみに、風の人には「いや、裸で走られても困るけど」と言われました(爆)
悪かったな~


2008年06月25日(Wed) 17:17
編集
★雨さん
>この記事の着目ポイントが ↑ ここだというサエコポンがすごいと思いました。(爆)

雨さん、受ける~~~!(笑)
ナイスリアクション(* ̄m ̄*)

ペケペケちゃん、もう落ち着きましたか?
急に知らないところに連れて来られて、おまけにわけのわからない言葉の人たちに囲まれた数日間、きっと不安だったんでしょうね~
最初のうちは、取り違えまでされちゃったし( ̄◇ ̄;
「猫は家に着く」ってよく言われますけど、単純にそんなことだけじゃないですよね~
ちゃんと飼い主のことを求めてますよね。

「落ち着いた」のコメントの後、夕べはまたいっそうひどくなって、ついに血尿が出ちゃったのです~(T_T)
すごく苦しそうだったので、採尿は出来なかったのですが、見るに見かねてサワヤカ先生のところにお薬をいただきに行って来ました。
お薬が効いたようで、今日はとても落ち着いています。
やっぱり膀胱炎だったみたいです。
あ~~~、行ってよかった~(TーT)
なんとなく、もう大丈夫なような気がします。
激念、ありがとうございます~~~m(__)m

2008年06月25日(Wed) 17:26
編集
★kazumiさん
え~~~?kazumiさんも「かんしゃく」って読んでた?
そっか~、「癲癇」が身近じゃないと、そう読んじゃうかもね~
でも、カンシャクの方が、なんとなくお茶目な感じがしていいなぁ。
プンプン!!みたいな(笑)

今日のクータンは、だいぶ落ち着いています。
歩き方も、このところになくしっかりして来たような感じだし、今日はちゃんと立ってシッコも出来ました。
私もやっと落ち着けそうです(TーT)
2008年06月25日(Wed) 17:35
編集
膀胱炎だったのね!おくすりが効いてよかったですね~
ちゃんとシッコもできたのぉ~えらい~~~おりこうさん!!

発作がおきませんように(祈)お大事にしてねン

2008年06月25日(Wed) 18:07
編集
★kazumiさん
そうなの~、やっぱり膀胱炎だったみたいで、見事にお薬が効きました(^_^)v
さっきサワヤカ先生に電話でそうお伝えしたら、「もう治りましたか?クータンすごいなぁ」と感心されました(* ̄m ̄*)
ついでに、「よく膀胱炎だってわかりましたね~」とも言われましたが、あれだけ力んでるのを目の当たりにしたら、そりゃわかりますって~
最初の時に、先生にもちゃんとそう言ったんだけどなぁ(爆)
ま、治ったみたいだから、いっか~

後は、癲癇の発作が起きないように注意しないとね~
それだけはちょっとドキドキ~(⌒o⌒;

2008年06月25日(Wed) 22:33












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。