三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 一番の見ごろは?TOPFlowers ≫ 一番の見ごろは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

一番の見ごろは?

薔薇の季節になると、いつも悩むのが「一番の見ごろはいつか?」ということ。

薔薇は、その年によって微妙に咲き進み具合が違うし、いざ蕾がほころび始めてから、今年のように寒い日が続いたりして、なかなかその見極めが難しいのです。
この時期、花友さんのところでも同じようにバラのシーズンが始まり、あちらこちらでオフ会の予定が立てられる。
今年は、ちょっとスケジュール的に流動的な部分があって、なかなか我が家でのオフ会の予定が立てられないでいるうちに、すっかり出遅れてしまいました(⌒o⌒;
あんまり連日っていうのも、なんだか気が引けてしまって、今年は我が家のオフ会は遠慮してしまいそうです(爆)

肝心の薔薇も、今年は五月雨式に満開になりそうです。
始めは、「一気に満開になるのかなぁ?」と思っていたのに、5月とは思えないような連日の寒さで、開花の様子がなんだか変。
薔薇も調子が狂っちゃったのかしら?

チャールズ・レニー・マッキントッシュは
1606charleslarge.jpg

最初の3つが咲き終わり、今はこんな感じ。
まだまだ満開ではないような・・・

アブラハム・ダービーは満開といってもいいかも。
1633darby.jpg

まだ蕾はありますが、半分以上は開花してしまい、その分、今年は早く終わってしまいそう。

同じオベリスクにあるフランシーヌ・オースティンはやっと咲き始めたところ。
1613franlarge.jpg

ダービーが終わってしまったら、なんだかさびしくなってしまいそう(T_T)
1605franlarge.jpg


クロッカス・ローズ
1627cro.jpg

蕾はたくさんあるのに、ポツリポツリと時間差をつけて咲きそうです。

粉粧楼にもたくさんの蕾。
1634fenz.jpg

これまた時間差攻撃?(⌒o⌒;

グラハム・トーマスはまだまだこれから
1603glahumlarge.jpg

でも、お隣のパット・オースティンは、一足先にさようなら~~~(T^T)/~~~

ファンタン・ラトゥール
1625fantan.jpg

メアリー・マグダレン
1610mmagda.jpg

は、ポツリポツリ。

長く楽しめるのもうれしいけれど、いつを一番の見ごろとすればいいのか、判断が難しくなりそうです(>_<)

あ~、こうしてまた、オフ会の日程がどんどん決まらなくなってしまうんですね。





今年は、害虫の発生が少ないと、あちこちで耳にします。
我が家もご多分に漏れず、そんな感じ。
薔薇の葉っぱたちも、とてもきれいに保たれています。


ところが、やはりこの時期になってくると、現れました。

葉バチの被害です。
1602leaf.jpg

葉っぱの軸部分に見える白い細長い点々が、産卵痕。

ここから卵が孵って、透け透けになった葉っぱの裏を見ると・・・

1601mushi.jpg

こんな風にお食事中のチビ芋虫が(⌒o⌒;

これがまたうまい具合に、目の届きにくい下の方や混み合った部分に産卵するんです。
目立たずにしっかりやられているわけで(爆)

でも、もちろんそれを目当てにしているものもいて。

アシナガバチが、しっかり巣作りをしていました。
0901ashinaga.jpg

あまり当てには出来ないけれど、芋虫を捕獲して食べてくれます。
時にはチームワークハンティングで、ものすごくスプラッタな場面に遭遇することも(⌒o⌒;
今年もがんばってくれたまえ。




ひぴさんのぎゃおす農場からのお花たちの近況

なかなか咲いてくれないワーレンベルギア
1603warlen.jpg

やっと蕾が見えたなぁと思ったら、それからうにょうにょと伸び始めタララ~ンとうなだれて、それからの開花になるようです。

ギリアの蕾はこれくらい
1602gilia.jpg

開会までまだ時間がかかりそう。

おととい、留守中にひぴさんが届けてくれたアナガリス・ピンパーネル
1604anagaris.jpg

開花したものをいただきました。
ひぴさん、ありがと~~~♪

濃い青がとてもきれい。
1605anaga.jpg


それにしても、ワーレンベルギアの開花が待ち遠しいことです(⌒o⌒;

Comment

編集
Mayu-☆さんの狂喜乱舞のルーフ、きれいだ~!お見事です。
見学したかったな~。

お届けしたアナガリス、宇宙基地の1年草ピンパーネルとは別の品種でした。
ブルーインプレッションっていう宿根のほうなの。
宇宙基地と葉っぱの大きさや姿はぜんぜん違うけど、花はまったく同じに見えるです。
運んでる途中で枝がバキバキ折れたけど、花が残ってて良かった~。
まだもうすこし咲いてくれるといいなあ。
花が一通り終わったら、鉢を変えたほうがいいのかな。
最初5号に植えてあったのだけど底から根っこが出てきたので、急遽ありもののロング(しかも100円鉢)に植えかえただけだから。
這いずってるから、もうちょっと口が広い鉢のほうがいいのかな?
そんなことないかな?
2008年05月17日(Sat) 03:24
編集
★ひぴさん
ほんと~、お仕事が入っちゃってて、残念だった~
相変わらず忙しいのね。
時間がある時に、いつでもふらっと来てね!
電話くれたら、お片づけしておくから~(⌒o⌒;

アナガリス、ピンパーネルじゃない方のだったのね。
後で直しておこうっと。
道理で「宇宙基地」じゃないはずだ(笑)
ひぴさん、ほんとにいろいろ種まきしたんだね。
ギリアもトリコロールもあるし、ベロニカもいいね~
うちにも宿根のベロニカがあるんだけど、うちのより断然かわいい!
種まきからなんて、ほんとにすごいなぁ!

アナガリス、まだまだ咲いてくれそうじゃない?
蕾がどんどん伸びそうな気がするけど?
蒸れに弱そうな感じもするから、夏前にはバッサリ切り詰めたほうがいいのかもしれないね。
植え替えとかは、秋になってからでもいいような気がするけどなぁ。
ついでに株分けとかもしつつ。
高さのある鉢で枝垂れるように咲かせてもいいと思うので、今みたいな鉢でいいと思うよ。
あるいは、釣り鉢にしてみるとかは、ど?
2008年05月17日(Sat) 21:02
やっと見られたわん。
編集
Mayu-☆ちゃん、こんばんは。

楽しみにしていたのよ。
すごいすごいすごーーーい。
やっぱり満開ね~。
どの子も本当にたわわに咲いてきれい。
お見事ですぅぅ。


今朝の風はまいったね~(;▽;)
被害結構あったんだよー。
ただ、なんとかセバスチャン・クナイプの太いシュートは根元からボッキリは避けられた~。
ここ2年続けて台風では、シャルロット、マルガリータの巨大シュートやられちゃってたんで(学習能力のない私(^_^;)、助かったー。

ツルバラの植え場所ないのに---、バフとセバスチャンなんとかしなくちゃ。どうしようかなぁ~~~。
Mayu-☆ちゃんのパットとユーリの組み合わせ真似して、バフとユーリを来年は合わせようかな。花期がピッタリなのあ。

またいろいろ相談に乗ってね~
2008年05月20日(Tue) 23:42
編集
★佳江さん
今日は楽しかったね~~~♪
いろいろ気兼ねなく話が出来る友達って、いいよね(* ̄m ̄*)
佳江さん、がんばれ!

ブログのサーバーの不調、やっと直ったみたいね。
だいぶ前から、画像のアップロードが変だなぁと思ってたの。
佳江さんは、そんなことなかった?
さっき、昨日までのブログを書いて画像のアップロードもしてみたんだけど、サクサクに戻ってました(^_^)v

バラね、今年はなんだか全然読めない咲き進み方なの。
クレマチスも、なんか変よ。
いつもならユーリは一気に満開になるはずなのに、いったんお花が途切れるような状態になったの。
これから続きがやっと咲いてくれそう。
バラも、一番花が少しずつずれながら咲くみたいな感じよ。
お天気が変だと、とたんに影響が出るよね。

バフとユーリもいいけど、バフだったらエレガフミナと一緒でもいいんじゃない?
バフって、咲いてるうちに白っぽくなるよね?
私もちょっと欲しいバラやクレマチスがあるんだけど、いよいよ来年の春か秋くらいには、マンションの大規模修繕になりそうなので、かなりびびってるの~(⌒o⌒;
あ~~~、その前に宝くじを当てて、ここから逃げ出さなきゃ~~~
って、何言ってんだかσ(^_^;)
2008年05月22日(Thu) 01:05












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。