三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ がっくり×2TOPCat ≫ がっくり×2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

がっくり×2

あ~、またもやPCのフリーズ。
昨日、書いている途中で、文章が消えてしまいました(T_T)
(これがまずがっくりその1)


本当のがっくりは、以下です(爆)



この前の日曜日、クータンの血液検査をしていただきました。
実は、このところクータンの食欲がちょっと落ち気味だったのです。
以前は、一日にk/d缶を一缶プラスアルファ食べていたのに、お正月過ぎ辺りから一缶を残すようになっていました。
そのせいで、体重も少しずつ減って来ました。
クータンが減らなくてもいいのに~(T_T)


その結果が、昨日、FAXで届きました。


BUN 53 (前回 62 ) 基準値 12~35

Cre. 2.7 (前回 2.7 ) 基準値 0.7~2.5

総コレステロール 273 (前回 282 ) 基準値 95~225


今のクータンの年齢等を考えると、まあ、こんなものでしょうか。


で、肝心のT4検査なのですが・・・・・




T4  14.1 (前回 6.3 ) 基準値 0.6~3.9



が~~~~~~~~ん!! orz


毎日ちゃんとメルカゾールを飲ませているのに、どうしてこんなに上がっちゃったの?(T_T)


クータン、きっと辛いよね。
このところ毎晩眠らずにウロウロしていたのは、そのせい?

2度目のクリティカルヒットは、実はクータンが私の顔の上を歩いたから。
本来ならとても慎重なクータンが顔の上を歩くなんて、いくら目が見えなくなっているとは言え、考えられないことなのです。
だって、たった5センチの段差ですら乗り越えられずに迂回してしまうくらいなのですから。

もしかしたら、甲状腺機能亢進症のせいで興奮して、思わず顔の上を歩いてしまったのかも。

それなのに、怒ってごめんね~~~(T_T)


今まではメルカゾールを一日に4分の1錠飲ませていましたが、昨日からは倍量、4分の1を朝晩2回飲ませることにしました。
気になるのはPLT(血小板)の数値の低さ。

クータンは、前々から血小板の数値が低い傾向にあったのですが、今回はとうとう10.6まで下がってしまいました。
ちなみに、基準値は30~70です。

メルカゾール服用の副作用かな。
サワヤカ先生もそのことは気にしていらっしゃっいましたが、「まずはメルカゾールを増量してみましょう」とのこと。

これで落ち着いてくれるといいな。

それで様子を見て、1ヵ月後に、またT4検査をしてみます。

今度行く時には、診察室の裏にある入院室に、うるさいわんこがいないといいなぁ(爆)
いつ行っても、ほとんどいつも、犬ボラさんが連れて来た情緒不安定な吠えるわんこがいるんです。
わんわんわんわん!!のべつ幕なしうるさいのなんのって(-_-;)

目が見えないクータンの恐怖を考えたら、正直言って憎たらしい。
そのせいでプチ癲癇を起こしたことがあるので、なおさら。
あんまり吠えるので、心の中で密かに切れました。  ピキッ!!

ぐぉら!ちょっとは黙っとらんかい!(心の声)

って、犬に言っても仕方がないのはわかっているんですけどね~(ため息)

とてもいい先生なんですけど、それが唯一のネック。
唯一なんですけど、結構大きい。

もしもの時、目の見えないクータンをとてもあんな環境には入院させられない。

あちらを立てればこちらが立たず。

う~ん、結構悩みます。






これまでのクータンのT4値の推移

2007年3月1日  6.85

 この日、初めて甲状腺機能亢進症と診断され、メルカゾール4分の1錠服用開始

3月23日  3.8

 正常値範囲内に戻る

5月31日  1.7

 正常範囲なので、メルカゾール8分の一錠に減らす

9月28日  6.3

 T4値上昇につき、メルカゾール4分の1錠に増量

2008年 1月20日  14.1  orz

メルカゾール4分の1錠を一日2回に増量





 

Comment

編集
寒さも厳しいし、クータン心配だね。
お薬が効いて、何とか気持ち良く過ごせるように
なって欲しいです(祈)
クータン、ガンバ!!
2008年01月25日(Fri) 00:27
編集
今、検索して分かったんだけど
T4の数値って寒暖の差や日中と夜間など
微妙な所で変化するのね~。
メルカゾールを服用してて
ここまで急激に数値が増加するのって…なぜ?
Mayu-☆さん、心配だね。
検索した所によると
血小板減少はどうも薬の副作用っぽいね。
それにパーセンテージは低いけど亢進症でも
食欲減退することもあるんだね。
他はとってもいい数値なのに口惜しいなぁ(泣)
ここのところのク~タンのクリティカルヒットは
甲状腺ホルモン増加のためだったのか。

ク~タン、
心臓ドキドキだったり息苦しかったり辛いね。
でも大好きなMayu-☆さんがいつも傍にいるから。
何のお役にも立てないけど、
私ら猫馬鹿隊も応援してるからね。
寒さが和らげば数値も安定してくれるかも。
きっとそうさ!信じてるからね。
2008年01月25日(Fri) 01:09
編集
それは心配ですよね。
クータンにもクータンの事情があって顔の上を歩いたんですね。むむ。
病院の状況もそれは困るわ。でも「あのワンコを退院させて」とも言えないし、先々のことを思うと問題よね。ま、どこかの段階でそのうるさいワンコは引き取られていくかもしれませんが。そう願いたいわね~。
2008年01月25日(Fri) 09:50
編集
クータン、ワンコに怯えてかわいそうに。。
先生もなんとかして欲しいですねぇ。
きっと他に入院してる子達にもよくないよね。
病気じゃないならご自宅でケージ飼いしてほしいわ!

クータンお大事にね。
温かくなったらきっと良くなると信じて、
Mayu-☆さんも頑張ってくださいね。
2008年01月25日(Fri) 12:12
編集
★スタルカさん
ご心配おかけしました~(汗)
なんだかちょっとドヨ~ンとしましたが、当のクータンはそんなに元気がないわけじゃないのです。
いつもよりもちょっと食欲がなくて、体重が3~400グラムくらい減っちゃったの。
人間にすると3~4キロ減。
そのことの方がショックで(⌒o⌒;
でも、毛艶もいいですし、「体つきはしっかりしてますね」って、先生にも言っていただけました。
私が落ち込んでても、仕方がないですもんね~
一時的なものであることを祈りつつ、朝晩お薬を飲ませることにします!
2008年01月25日(Fri) 18:29
編集
★薫さん
心配してくれて、ありがと~~~
うん、そうなんだってね~
寒い時期とか、気圧の関係とか、いろいろあるんだってね。
ほんとはもっと前に血液検査に連れて行かなくちゃいけなかったんだけど、メルカゾールを飲ませてるからって、ちょっと油断していた私がいけないの~(T_T)

血小板については、もともとクータンは低めなの。
もう5年前くらいから(もしかするともっと前から)、血液検査のたびに、ず~っと基準値よりも低いの。
前の先生も、血小板は何かの拍子で低く出ることがよくあるから、って言ってたよ。
それにしても、10.6はね~
でも、サワヤカ先生によると、2以下になると結構厳しいけど、クータンはもともと低めだから、まだ大丈夫だって。
鼻血が出たり、出血が止まりにくくなるから、そういう点に注意して観察してくださいって、言われました。

亢進症って、たいていは食欲が増すけど、たまには落ちたりする時期もあるみたいね。
今までも、そんな時がたまにありました。
せめて今以上に軽くならないようにしたいなぁ。
最後は体力勝負だもんね~
でも、お薬を増量したおかげか、昨日くらいからは、食欲も戻って来つつあるような気がします。
それに、夜もちゃんと寝てくれるようになったんだよ。
ウロウロしてたのは、やっぱり亢進状態だったのかも~(爆)
クータン、まだがんばってくれそうです。
応援、うれしいよ~~~(TーT)
2008年01月25日(Fri) 18:40
編集
★サエコポン
そうなの~、クータンにはクータンの事情があったみたい(⌒o⌒;
無茶したり強引なところがまったくないクータンだから、顔の上を歩かれた時には驚きました(爆)
興奮してたのかなぁ。

病院ね~、先生はとってもいい先生で、信頼してるんだけどね~
犬ボラさんのワンコだから、きっとワンコもいろんな事情を抱えてて、情緒不安定になってるんだよね。
これがまた、人の気配を感じてほんとによく吠えるの~(T_T)
確かに、どこかの段階ではいなくなるんだけど、そうするとまたすぐに別のワンコがやって来るんですわ(爆)
捨て猫も捨て犬も、エンドレス~~~
捨てるやつがいる限り、問題は解決されません~
2008年01月25日(Fri) 18:47
編集
★Mintmama!
クータンも、目が見えているうちは大丈夫だったの。
前の病院でも、ワンニャン一緒の部屋で入院してたから。
でも、目が見えないのはネックだよね~
なので、もう仕事で家を空ける時にも入院はさせられなくなっちゃったの。

そこって、レスキューされたワンコが連れて来られるから、きっと検査の結果待ちとかで置いておかれてるんだと思うの。
つまりはレスキューしたてで、思いっきり情緒不安定(⌒o⌒;
そりゃ~吠えるよね~

プチ癲癇の時には、目が据わっちゃって腰が立たなくて、涎は垂らすわで、ほんとにかわいそうだったの~(T_T)
失禁するところまでは行かなかったんだけど、よっぽど怖くてストレスだったんだろうなって。
それ以来、連れて行くときにはまず電話して、後ろの物音に耳を澄まして、ワンワン聞こえない時に連れて行ってたんだけど、なかなかタイミングがね~
次の時には、余裕を持って前倒しして電話して、様子を確認してから連れて行ってみようと思ってます。
でも、入院はきっと無理。
そうなったら、往診してもらえばいいのよね。
いや、そんなことにはならないのが一番いいんだけど(⌒o⌒;

2008年01月25日(Fri) 18:58
編集
これって可能かどうかわからないんだけど・・・
順番待ちの時、車で待ってるってことはできないのかなぁ。
Mintの通ってるとこは外にもベンチがあるし、夏や冬外では辛く、諸々の理由で待合室にいられない場合は車で待っていられるのよ。
病院の前に停められれば順番になったら呼びに来てくれるし、離れた場所なら携帯に順番が来たら電話くれるの。
一度はプチ癇癪起こしちゃった経験もあることだから、車で待たせてもらうお願いをしてみることできないかなぁ。

もしも不可能だったり見当はずれの提案だったらごめんね。
Mintも頻繁に通院していた頃患者さんの中に嫌いなワンコ(たぶん匂いだと思う)がいて、私もさりげなく避けるのに苦労した経験があるんで、クータンのケースもなんとかならないかと思ったの。
2008年01月26日(Sat) 00:34
編集
★Mintmama!
いろいろ心配してくれて、ありがとね~~~(TーT)
クータンの先生も、頼めばきっとそうしてくれると思うの。
ってか、他の患畜さんがいない休診時間に診てくださるほど気を使ってくださってるんだけど、クータンの場合、問題は待合室じゃないの~(T_T)
どうせ目が見えないし、飼い主さんと一緒のワンコって、そんなに吠えたりしないもんね。
自分のキャリーに入ってる時には平気なんだけど、診察台に乗ってる隣でワンワンされるのが怖いみたいなの。
ネックは、奥に入院している情緒不安定なワンコなの。
目が見えてさえいれば、と思うと、私も辛いわ~(涙)
2008年01月26日(Sat) 01:00












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。