三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 豪華なフレンチTOPetc. ≫ 豪華なフレンチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

豪華なフレンチ

あぁ、今日もまたたっぷりカロリーを摂ってしまった・・・
せっかくほんの少しだけ体重を落とすことが出来たと喜んでいたのにな。
でも、おいしいものを頂くのは、やっぱり幸せ♪

今日は、知り合いの方が新しい分野に事業展開なさる店舗を見学しに、銀座まで出かけた。
そのことはいずれまた書くことにして・・・

見学が終わり、銀座の町並みをブラブラとウォッチングしながら時間をつぶした後、お食事をご馳走になった。

本日行ったレストランはオストラルという有名なフレンチのお店。
以前は並木通りにあったらしいのだが、交詢社ビルが新しくなると同時に、その5階に移転したらしい。
らしい、というのは、もちろん私は知らなかったから。

仕事柄、「いいお店をたくさん知っているんでしょ?」とよく言われるが、実はぜんぜん知らない。
銀座で高級フレンチと言ったら、知っているのはマキシム・ド・パリかレカンくらいのもので、それだって入ったことはない。
ご馳走のし甲斐がなくて、すんまそん(;^_^A

まずはシャンパンで乾杯して、アラカルトでお料理を注文する。
並木通りにあったころにはアラカルトだけだったらしいのだが、新しくなってからはコースも始めたとのこと。
でも、好きな方はやはりアラカルトらしい。

前菜には厚岸産の牡蠣の海水ジュレ。2ピース。
ジュレの塩味が下に敷いてあるクリームとほんのり火の通った牡蠣のまったりした味とあいまって、とてもおいしかった。

その後、なんとか海老のカクテル(?)
ボタン海老の風味に似ていますとのコメント通り、火が通っているものの柔らかい食感だった。味付けはGoo!

次に、フォアグラにもとても惹かれたのだが、迷った末に選んだのは、馬糞ウニと手長えびのなんたらかんたら(爆)
メニューにはないものだったので忘れてしまったが、ソースがとてもいいお味だった。
連れの方はフォアグラを注文なさったが、とても立派なフォアグラでおいしそうだった。
ちょっと後悔(笑)
結果、お魚系が多くなってしまい「お魚の方がお好きですか?」と聞かれたが、いいえ、本来の私は肉食いです(きっぱり)

メインはうずらの丸ごとココット焼き 黒豚とフォアグラを詰めて ソースペリグー
ウズラが食べたくてこれを最初に決めたので、中間にフォアグラを選ぶのをやめたのだった。
ウズラは・・・・、もっと皮がパリッとしているのを期待していたのだが、ちょっとイメージと違っていた。
あのパリッとした皮がおいしいのにな。
でも、大変おいしく頂きました♪

ワインはボルドーのシャトー・ラ・ラグネ(と言うらしい)。
私に選ばせてくださったのだが、ワインリストを見てもわからないので、「コクがあっても渋くない。果実風味」とリクエストをして、いくつかピックアップして頂いた末、これにしてみた。
お値段もほどほどだし。
こんな時くらい気にしないで頼めばいいのに、あぁ、貧乏性な私σ(^_^;)
味は、ん~、お子ちゃまな私にはちょっと渋め?
やっぱり私にはカジュアルなワインの方が似合っているのかも(爆)

デザートは紅茶のアイスクリームに、バナナのムースのシブースト。
可もなく不可もなく。
 
マダムを始めお店の方もとても感じよく、仕事のことやあれこれお話しながら、ゆっくりと楽しませていただいた。
「オストラル」ね。
またひとつ、素敵なレストランをインプットさせていただきました。
ご馳走様でした♪




帰って来てから体重計に乗ってみると、せっかく最盛期から2キロくらい痩せたのに、元の木阿弥になっていた(泣笑)
おまけにクータンにご飯を上げると、一口も食べてくれない。
もしかして、またママだけご馳走を食べて来たのがわかったの?
でも、クータンを連れて行くわけには行かないんだから、そこのところはどうかご理解いただきたい(爆)

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。