三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 今日のクータンTOPCat ≫ 今日のクータン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今日のクータン

今日は、朝から結構ご機嫌です。
昨日から、ちゃんとご飯を上げてるから?(⌒o⌒;

でも、食欲の方は、まだいつもの半分くらい。
ゲリPのひどい時は、少しだけでも食べると、出るものも無いのにトイレに入ってしまっていたが、今日は今のところ一度も空踏ん張りをしていない。
どうやらお腹が渋っているのは落ち着いて来た模様です。

昨日、病院でいただいて来た腸管サポートのドライを20gほど食べたでしょうか。
明日はもっとたくさんウマウマ出来るといいね。

このままゲリPが治りますように!!(^人^;

Comment

編集
すっご~い!
クータンの年齢で腎臓の数値がそれって、本当にすごいよMayu-☆さんっ!
本当によかったです。
でもゲリッピーなのね…。
サワヤカ先生は、チョモたんが下痢したとき、フェロミックというお薬を処方してくれました。
でもこの薬が腎臓に与える影響はチョモくんだったから尋ねなかったんですよね、私。
で、フェロミックってすっごくやんわり効くそうで、結局チョモたんには効かなかった印象です。
サワヤカ先生はビオフェルミンはネコには効かないって思ってるっていってましたし、強烈に効く下痢止めはチョモたんの状態では使いたくないっていってました。そして、チョモたんのときもIBDや腫瘍の可能性をいっていました。
IBDについては、サワヤカ先生の見解としては長い間治らない下痢で、どんどん体重が減ってくる場合は可能性があると。あと、腸関係の病気は広い意味でIBDとも言えると。
でもなかなか確定診断は難しいので、頭の片隅にいろいろと可能性を入れておきましょう、てな程度だったと思います。
チョモたんも10日ぐらい治らなかったですけど、現状ではIBDとしての可能性は薄いんでは?とのことです。
クータン、早くゲリッピ治りますように。

2007年02月27日(Tue) 13:35
編集
★じいやさん
おかげさまで、クータンのゲリP、やっと収束しそうよ~~~(TーT)
今日は食欲も戻って結構食べてるし、その割には一度も余計な空踏ん張りもなかったし、少しだけだけどちゃんと形のあるウンPも出たの♪
前も一度良くなったのにまたゲリになったから安心は出来ないけど、このまま良くなってくれるといいなぁ。

フェロミックって、何色のお薬?
クータンがもらった下痢止めは、外側がオレンジっぽい黄色で中身が茶色の錠剤だったよ。
一回分が半錠で、一日2~3回っていうやつ。
あんまり飲ませすぎて、今度は便秘になるのが怖いから、今は飲ませてないけど(;^_^A

クータン、下痢はちょっと続いたけど、体重はそんなに減ってないの。
皮下輸液もあったからかもしれないけど、ほんの50gくらい減っただけだったよ。
サワヤカ先生ね、一応腫瘍とかIBDの可能性も・・・って言った後に、「あ、あんまり悪いことばかり言うの、やめましょうか?(⌒o⌒;」って言ってたよ~(笑)
じいやさんの日頃の進言が効いてるのかなと思って、心の中で密かに笑っちゃった~
いや、私の場合は能天気な飼い主なので、言ってもらわないと~って言っておいたけどねσ(^_^;)

このまま良くなってくれれば、今回の血液検査の数値のよさも、素直に喜べるわ。
ほんとにすごいよね!

2007年02月27日(Tue) 20:50












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。