三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 豪華な和食TOPetc. ≫ 豪華な和食

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

豪華な和食

今日は渋谷のセルリアンタワーにある「金田中 草」というお店でお食事。
新橋にある一見さんお断りの料亭「金田中本店」のお手軽バージョンの支店である。
お手軽バージョンとは言っても、そこはそれ、かなりのお値段。
お値段が明記してある、って言う意味で、とてもじゃないけど私の場合、自分のお財布では行かないかも。いえ、いえ、行けません(爆)
(お値段が明記といっても、それは私がネットで見たから知っているわけで、その場ではもちろんお値段なんてわからないようになっている。)
すでに予約時点で注文して下さっていた夜のコースを食べながら、ビールで乾杯をしてワインをボトルでいただき、メインのお肉を追加で注文し・・・・・
ひえー。



お料理はもちろん和食。
初皿に始まって、次々と季節の材料を使ったお料理が出される。
コース自体のメインは、アワビの塩焼き。
熱々の石の上にアワビの薄切りを乗せると、ジューっと焼けて香ばしい香りがする。
それを肝醤油につけていただくのだが、そのまったりとした味とあいまって、とてもおいしかった(TーT)
その後に松坂牛の厚焼きをアラカルトで追加。
いいの、私って大食いだから。

ワインは「選択肢があまりなかった」と、連れの方がおっしゃっていたが、ご自分がいらした経験のあるカリフォルニアのワイナリーのものを選んでくださった。
どちらかと言うとカジュアルなワインらしかったが、これが、こくがあるのに渋みがなくてとても飲みやすく、「ボトルで頼んで大丈夫かしら」と心配していたのに、結局全部いただいてしまった。
ワインの名前が全然覚えられない私のことだから、もちろん何と言うワインだったかは覚えていない。
確か頭文字は「B」だったような・・・(笑)

7時から11時までゆっくりとお食事をいただきあれやこれやとおしゃべりをし、楽しい時間を過ごさせていただいた。
またお時間があったら、ぜひお誘いください。なんてね。
大変ご馳走様でした♪




せっかくの豪華なお食事、画像があればよかったのだが、さすがにあの場で写真を撮る勇気は私にはなかった。
色気には全然関係ないと言っても、それはやっぱり恥ずかしい。おほほ。

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。