三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 復活の兆し?TOPFlowers ≫ 復活の兆し?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

復活の兆し?

この1、2年、ずっと下がりっぱなしの園芸熱。
発端は2002年末冬からのチューの出現だった。

気合を入れて植え込んだたくさんのチューリップの球根の多くが、夜な夜な出没するネズミに食べられ、朝起きるたびに落胆する毎日。
そのうち、夜と言わず昼間まで現れるようになり、朝は無事だった球根が、昼ごろ見てみると行方不明。
それはそれはストレスフルな2003年春の日々だった。

初動対処が遅れたために、すっかりネズミの餌場と化した我がルーフ。
泣く泣く粘着板を仕掛けてはみたものの、敵もさるもの(いや、サルじゃなくてネズミだけど(⌒o⌒;)、なかなか簡単には引っ掛からない。
ありとあらゆるネズミ駆除のサイトを巡って、退治方法を探したけれど、結果、都会に多いクマネズミはかなり頭がいいので、完全に駆除するのはほぼ無理だと言うこと。
それに、うちだけでがんばってみたところで、鼠算と言うくらいだから、他所でどんどん増えてしまえばどうしようもないと言うことがわかった。
無力感に打ちひしがれている間にも、何十個という原種チューリップの球根が姿を消して行った(T-T)

そこで考え出したのは、お花のプランターごと金網で覆ってしまうと言うもの。
大枚はたいてアルミの網を買い込んで、手を引っかき傷だらけにしながらせっせと作りましたよ。
ami030206all.jpg

これでどうだ!!( ̄‥ ̄)=3
せめて普通の大きさのチューリップだけでも守らなくては!と、苦肉の策を講じてみたのだった。
画像は、その一部です。一部(爆)

その甲斐あって、今にして振り返れば、ずいぶんたくさん食べられたにもかかわらず、その年はまだこんなに花盛りだったのね~(遠い目)

gabotacle19all.jpg

verandaside25h.jpg

kaminsspgrpp28all.jpg

んまぁ~~~、素晴らしいわ、どこのお庭かしら?(他人事みたいですよ(⌒o⌒;)


その翌シーズンにはすっかり気落ちして、植えつけた球根もいい加減。
おまけに、種まきして楽しみにしていたポピーの苗が一晩で地上部全滅と言う衝撃に、かなりの精神的ダメージを受けました(T-T)
金網作戦も、全ての鉢にするわけにもいかず、金気を嫌う植物はやはり生育が思わしくないように感じられて、園芸熱が絶対零度まで低下。
もうこれ以上下がりようありませんよ(涙)

なんていいつつ、2005年春もまだちょぼちょぼがんばっていました。
23apzu2.jpg

0409poliv04.jpg

でも、チューはまだまだ出没し続けていて、咲いているクリスマスローズの花茎を噛み切られたりと、たくさんの被害を受けました。

そんなこんなで、2005年の秋はチューリップやクロッカスなど、ネズミの好物の球根は一つも植えずじまい。
草花も、ビオラやパンジーすら植えず、ネズミが食べないとわかっている勿忘草など数種類だけにして、2006年はとてもさびしい春でした(T-T)
でも、そのおかげか、ネズミのやつ、出没回数がぐんと減ったような気が・・・
うちのベランダは食べ物がないと判断したのかな。

もうそろそろいいよね?
クマネズミの寿命は2~3年と聞いたから、代替わりして、うちのルーフの存在、そろそろ忘れてくれたよね?
まさか、代々語り継いでたりしないだろうなぁ(-_-;)

ってことで、まだちょっと不安があったので、やはりチューリップの球根は植えませんでした。
あぁぁぁ、またもやさびしい春になること決定。


でも、先日、久々にホームセンターに買い物に行って、2年ぶりにビオラとアリッサムの苗を買って来ました。

1008viola.jpg

1007viola.jpg

1009viola.jpg

先シーズンの春よりも、少しはましになってくれるでしょう。
ま、まさか、これがまた呼び水になったりしないよね?(⌒o⌒;





今、ルーフで咲いているクリスマスローズ。
1004wine.jpg


白のWも、今年は花芽が6本くらい立っています。
1002ww.jpg


毎年元気なバラーディアエ
1001bara.jpg


アトロもどきは、今年もすごいことになりそうです。
1003atro.jpg

なにせ、下の鉢まで根っこを伸ばして、地植え状態になっているもので(;^_^A


人知れず、ルーフの片隅で咲いている クレマチス 日枝
1006hie.jpg

去年の夏に一度ばっさり刈ってしまったので、今年のお花はちょっぴりです。

こうしてお花が咲いているのを見ると、少しはやる気も出てくるというものです。
土や腐葉土、馬糞堆肥もたっぷり買い込んだことだし、今年はそろそろ復活の兆しかなぁ?


Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。