三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ クータンのお食事TOPCat ≫ クータンのお食事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

クータンのお食事

クータンのご飯について、また少し書いてみます。

クータンは昔から、どちらかというとドライよりもウェットフードが好きで、それは今でも続いています。
というか、今では牙もないのでドライをすくい上げられないという方が正しいかも(⌒o⌒;

ウェットを食べるにしても、以前はこんな風に小さくブロック状にしてあげていました。
coofood05.jpg

大きすぎず小さすぎず、ちょうどいい具合の大きさを把握するまで、何度か試行錯誤して、この大きさにたどり着いた。

ところが、牙もまったくなくなってしまうと、ただ舐めて舐めてブロックを追い掛け回しているだけでうまく食べられなくなったようなので、あれこれ考えてペースト状にしてあげてみたら、これがグッド♪

実は以前にもペースト状にして与えたことがあったのですが、その時にはまだ歯があったせいか、クータンには不評であえなく撃沈し、以来ずっと「クータンは舐めとる食べ方が嫌いなのね」と思い込んでいたのです。
どうやら体の状況や年齢の変化によって、好みも変わるのだとわかりました。

最初は水分を加えずに、ただ練っただけのものをあげていました。
coofood01.jpg

こんな風にゴムベラ(正しくはもう少し固めのヘラ)で、力を入れてすりつぶすように練り練り。

そして、残りのフードは、酸化しないようにすぐさまラップでピッチリと包んで冷蔵庫へ。
coofood02.jpg

冷蔵庫に保存したものはもう食べなくなる子が多いと聞きますが、幸いなことにクータンはあまり気にせず食べてくれます。
ただし、冷たいフードは好まないので、室温か、それより少しだけ暖める必要があります。
一度だけ試してみた「レンジでチン」はお好みに合わないようで、ダメだったけれど。

今は出来るだけ水分を多く取らせたいのと、冷蔵庫に入れておいたフードの温度を上げるためにお湯を加えて、さらに練ります。
coofood03.jpg

このお湯加減がまた微妙です。
硬すぎると舐め取りにくいし、柔らかすぎると口の端からはみ出て、あちこちペッペと飛ばされます(⌒o⌒;

練っている間は、ずっとクータンに話しかけっ放し。
「おいちいおいちいの、作ってるからね~(作ってはいないけど>笑)
 すぐすぐだから、待っててね~」
と、人が見たら完全に危ないオバサンですなσ(^_^;)
いや、一生懸命、クータンの期待感を盛り上げてるんですってば!


肝心のクータンの食いつきは、こんな感じです。



結構いい食べっぷりでしょう?(* ̄m ̄*)
これだけ食欲があれば、まだまだ大丈夫かなぁ。
ほんとうは、クータンが食べている間もずっと「おいちいね~、いっぱい食べていい子だね~」と、またもや話しかけっ放し褒めちぎりっ放し。
クータンがしゃべれたら、「うるさいなぁ。静かに食べさせてよ。」というかもしれませんね(汗)
でも、何をしても褒めて褒めて褒めちぎるのが、私のモットーなので(;^_^A


あんなに一生懸命練ったフードも、いったんはこれくらい残してしまいます。
coofood04.jpg

これは多めに残した時の画像。
食べるときには、一度でほとんど食べてくれるんですけどね~(T-T)

その後、ベッドで寝ていればベッドまで、ソファでくつろいでいればソファまで出前して召し上がっていただきます。
一皿を大体2回に分けて食べているという感じでしょうか。
多分、長いこと食べ続けるのも疲れてしまうんでしょうね。
何せお年ですから。

いろいろ試行錯誤して、今やっとちょうどいい方法が見つかった気がします。
とにかく療法食を食べてほしかったので、フードジプシーならぬ「食べさせ方ジプシー」とでも言いましょうか。

他には、私が食べていてクータンが欲しいとおねだりするもの、鶏肉や海老、カツオ、まぐろなどを食べさせています。
たまには「うれしいおいしい」もないとね。
でも、おいしい味を覚えてしまって、「療法食は絶対に嫌!」とは言わず、すぐまたちゃんと療法食を食べてくれるので、とても助かっています。
これも、クータンが何でも受け入れてくれる子だから出来ることなのかもしれませんね。

やっぱりおっとりクータンに感謝感謝の私なのでした。


Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。