三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 多摩センターの救急動物病院にご注意!!TOPCat ≫ 多摩センターの救急動物病院にご注意!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

多摩センターの救急動物病院にご注意!!

東京の多摩センター駅の動物病院で、心無い獣医のために、多くのペットたちが被害に遭っています。
詳しくは、下のバナーをクリックしてください。


bana2.gif


このようなことが、一日も早くなくなりますように!!

これ以上被害が広がるのを防ぐためにも、一人でも多くの皆様のサイトやブログヘのリンクをお願いします。


しばらくの間、この記事をトップにしておきます。
下で、何気に更新中ですので、どうぞよろしく♪

Comment

ひどいよね・・・・
編集
Mayu-☆さんこんばんは、ご無沙汰です~。(;^_^A
夏の間・・・ばっかりじゃないんだけれどすっかり引きこもりでやんした。σ(ーー;)
暑さも一山越えたし、これではいけない、と少しテコ入れに向かってます。
不義理しっぱなしでごめんね。
Mayu-☆さんのところへも久々にご挨拶・・・と読ませていただきましたが、この記事には驚きました。
日頃サイトで動物病院を探しているので名前くらいは聞いたことあったさ。
なんてひどい!と思いつつ
ああ・・・やっぱりこんなこともあるのね、といかにもあり得そうだけれど、信じたくない現実をつきつけられたようで暗澹とした気分になりました。
私も今のかかりつけのお医者さんには不満も多く、
抜歯手術に立ち会わせさせられた時にはゲッと思いましたが、
ここの被害者の声を読むと、治療風景を見られるだけでもウソで無いことが確認できる信頼できる医者なのヵ無いのかと・・・。
って、そんなの当たり前じゃないかぁ~~~!
でもでも・・・悲しい話ですね。
早速私のブログにもリンクを貼りました。
ホントはこの記事にトラックバックさせてもらおうとしたんだけれど
トラックバックってどうやるんだっけ?
すっかり浦島の私でした。(;^_^A

ヒドイ病院もあれば素晴らしい先生ももちろんいらっしゃるのよね。
サワヤカ先生の話にはぐーーーっとひきつけられました。
いろいろな病院を巡ってみて、
どの先生も決して不熱心というわけではなくて親切だけれど、
何故か意見が全然違うって私もとっても疑問に思っています。
でも動物医療の現在なんてそういうもんかと思って、
一番信用できるのは飼い主の自分しかいないと思って判断する癖をつけるようにしてきましたが、
やっぱり専門家っているのよね。
私も独りよがりはやめて相談してみるべきなのかなぁ。
また相談にのって下さいね。
それにしてもMayu-☆さんのクータンにしてあげている真摯なお世話にはいつも頭が下がります。

2006年09月04日(Mon) 00:34
編集
ほんとにひどいよね~、この病院。
一番許せないのは、緊急事態に陥った飼い主の動揺や不安に付け込んで無理やり入院させて、引き取りに行くって言うと、どうやら殺してるらしいってこと。
何でこんなのが獣医の看板上げていられるのか、やり切れないよね。

あ、そうそう、さとこさんのブログのバナー、ページにリンクしてないよ~(⌒o⌒;
画像をアップする時に、タグの<a herf="・・・" のところにページのURLを入れないと、リンクされないの。
あのままだと、クリックすると、ただバナーが見えるだけだよ(笑)

チェロの目、治ってきた?
以前は、クータンもよく目を腫らしてたなぁ。
その頃は、前に住んでいたところの近所のヤブ医者に行ってたから、ただ注射器で皮下補液1本されて5000円取られてたよ(爆)
今にして思うと、あの獣医も、結構ヤブだった。
後から自分で発見したんだけど、クータンの眼の晴れは、どうやら吹き出物が出来る前の炎症だったみたいで、自然に腫れが引いてしばらくすると小さなかさぶたが出来てたなぁ。

飼い主が一番よく見てるからわかるというのは、それはあると思うなぁ。
毎日気をつけて見ていると、例えば食欲がない日でも「これは大丈夫そう」とか、「これはまずい」とか、なんとなくわかるよね。
吐くのもそう。
ただの吐き癖か、何か原因がありそうか、なんとなく違いが分かる気がする。
ただ、チェロの場合は持病があるから、難しいよね。
近くに別のいい先生が見つかれば、セカンドオピニオンを取ってみるのもいいかもしれないけど、やっぱり最終的な判断を下すのは、飼い主だもんね。
私はただ、暇に任せてやってるだけだから~f(^_^;
今は、クータンと一緒にいるのが一番の幸せなの♪
さとこさんも、チェロのこと、がんばってね。

2006年09月04日(Mon) 21:12
編集
>さとこさんのブログのバナー、ページにリンクしてないよ~(⌒o⌒;
まぁ~~~、お恥ずかしい~f  ̄. ̄*)
そうだったのね、知らなんだ、今なおしてきましたわん。

吐くのも便秘も大丈夫か病気か、ホントによく見てるとわかるよね。
でも、私はその過信もあったかなぁ・・・。
一年くらい前の抜歯の傷が治ってなくてずっと膿んでいたのに、食欲があるので大丈夫、と思っていたら春頃気づいた時にはひどい有様になっていたの。
涎が止まらないと口の中を調べてもらったときには、歯茎が腐っていて奥の骨まで真っ黒。
「再生力が無いのでこれはもう治りません」と宣言されちゃった。
でもほっておくと口が腐ってゆくだけなので、3日に一回通院して3人がかりで押さえ込んで口をこじ開け、歯茎の傷から血の混じった膿みと食べかすを取り出し消毒。
そりゃもう、声を限りに暴れて痛がるので見ているも辛く切ないけれど心を鬼にして治療してたの。
自宅でもやってみろと言われて、毎日馬乗りになって口をこじ開けて歯磨きしたわ。
一生これが続くと思っていたけれど、毎日の歯磨きが功を奏したのか、奇跡の回復にむかってます、と先週言われ、
うわーーーーー!嬉しい!と思った矢先に円形脱毛症発見。
ずっと歯茎が痛かったのか、押さえ込み治療が余程辛かったのか。
最初にちゃんと見てあげなかったので本当に辛い目に遭わせてしまったと深く反省。
こんなとき、セカンドオピニオンをアドバイスしてくださる先生がいるといいかかもね~。
2006年09月04日(Mon) 23:27
編集
チェロの歯、そんなにひどいことになってたのね。
かわいそうに~(T-T)
口の中の不調って、食欲にもかかわってくるから、ほんとに心配だもんね。
チェロの場合はもともと病弱だから、普通の子よりももっと見守りが必要だよね。
回復に向かっているということだけど、一日も早くその痛い治療をしなくてすむようになるといいね。
さとこさんも大変だと思うけど、がんばってね。
それにしても、ほんとににゃんこって我慢強いよね。
2006年09月06日(Wed) 00:28
cootanがM
編集
cootanがMayu-☆とリンクしたの?
2006年10月30日(Mon) 17:43












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。