三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ またもやチューTOPFlowers ≫ またもやチュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

またもやチュー

それは一昨年の冬のことだった。
朝になると、プランターに植えたチューリップの球根が掘り返され、姿を消している。
初めは何かわからなかった。

そんなある日、朝になってみると、プランターの中に掘り起こされ半分齧られた球根が残されていた。
んがぁぁぁっ!!
これはもしやチューの仕業か?!!
半分残った球根はもう復活しないとわかっていながら、めんどくささ半分でそのまま埋め戻しておいた

次の日の朝、同じその場所が掘り返され、残り半分の球根も姿を消していた。
妙に律儀なチューめ、半分残していたのをちゃんと覚えていて、前夜の残りは翌日のディナーにしたらしい。

そうして一鉢ずつ片っ端から狙われ、結局3鉢丸ごと、合計40個以上のチューリップが日の目を見ることなく全滅した。
すぐにチューだと気が付いて早めに対策を打てばよかったのに、その頃の私と来たら、「チューがかかったら、どうするの?どうすればいいの?」なんて、柄にもなく躊躇していたものだから、その間にすっかりチューに目をつけられてしまい、被害が大きくなってしまったのだ。
今思い出しても腹の立つ!( ̄‥ ̄)=3

そうこうしているうちに、夜だけではなく昼間も出没するようになり、朝にはあった球根が昼に見てみると掘り返されていたり、挙句の果ては、被害は種まきをした草花にまで及び、もう一刻の猶予もなくなって来た。
いい加減カマトトぶっている場合じゃないぞ。
慌ててホームセンターで粘着板の罠を買って設置してみたが、敵もなかなか頭がよく、そう簡単にはかからない。

そういえば、粘着板に、あろうことかメジロがかかってしまい、むしれた羽が癒えて逃がしてやるまでの2ヶ月近く面倒を見るというおまけまでついた、散々な冬だった。
20050202162929.jpg

これは、離してやる直前、部屋の中で遊ばせていた時の画像。
チュリは元気にしてるかなぁ(遠い目)

そんなこんなで球根を植えてある冬のシーズンが、頭痛の種となった。
それでも一昨年は、夏までの間に10匹以上は捕ったのだが(爆)

去年も何個かやられたが、暖冬だったせいかさほどの被害もなく、いよいよ今年の冬こそは安心かと期待していたのに、やっぱり今年も現れてしまった(T-T)
もうすでに球根が5、6個やられ、パンジーやビオラの花が食べられている。
今のところ、2匹は退治したものの、絶対にまだいる!!
今年こそは負けないぞ!!
目に物見せてくれる~~~( ̄‥ ̄)=3
って、あの頭のいいチューに勝てる自信は、ない(涙)

今年も、デンドロビウム・グリーン愛 が咲き始めた。
20050202163506.jpg


一昨年の冬、チュー退治のグッズを買いにいって、あまりにも情けなくて衝動買いしてしまったものだ。
この花の開花とともに、また今年もチューとの戦いの幕が切って落とされた。


Comment

がんばれ~~!
編集
奮闘努力を望む!
以上
2005年02月07日(Mon) 13:20
ありがとうございます(TーT)
編集
takasiさ~ん、ありがとうございます!
今のところ、球根は厳しくガードしましたが、苗がやられてます(T-T)
パンジー、金網をかけていないのは、お花が一つもなくなりました。
後にはツンツンと花の軸だけが・・・
くっそーーーっ!負けないぞ!!( ̄‥ ̄)=3
2005年02月10日(Thu) 16:15












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。