三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ クータンの目のことTOPCat ≫ クータンの目のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

クータンの目のこと

ついさっき、クータンを目の専門病院に連れて行き、帰って来たところです。

今の気持ちを一言で言うならば、

行かなきゃ良かった。
いや、行くんじゃなかったというべきか。


すでに高齢なこともあるので、 手術は無理。
となると、多分治療法はないだろうと思っていたし、見えるようにもならないだろうとも思っていた。
それなら、「一度きっちり検査していただいて、せめて原因だけでもわかっておきたい」
「治療法がないならないで、そのことをはっきりと確認しておきたい」
という気持ちで、今回の検査を決めたのだった。
私としては、余計な期待はせずかなりの覚悟で行ってみたのに、それでもやっぱり行くんじゃなかったと思った。


先生との相性って、大切だな、と改めて痛感した。

まず最初に1階の診察室で、問診&綿の塊を落としたりボールペンで目の前から刺すように威嚇してみたりして、見えないということを確認。
参考になるかと思い、今までの血液検査の結果も見ていただいた。
ここまでは若い先生(院長先生の息子さん)
普通に感じよく診察は進んだ。

それから2階に移って、機器を使ってのさまざまな検査。
担当は院長先生。
(以下のもろもろは、院長先生のお話)

眼圧検査。
血圧測定。
スリット光検査。
眼底検査。

をしていただく。

その結果、高血圧症から来る「網膜はく離」で、眼底に出血も見られるとのことだった。
早い時期であったなら、高血圧を治療するためACE阻害剤を使用しつつ、ステロイド剤の投与で見えるようになった可能性もあるが、今はほとんどの部分が剥離しかけているので、それももう無理とのことだった。

高血圧だということは初めて知った。
今まで、血圧なんか測ったことがなかったから。
かかりつけの先生も、血圧のことに言及されたことは一度もなかった。

最初はクータンも落ち着いていて、上が120~140くらいだったのに、何度も何度も測るものだから、そのうち嫌になって来たらしく手を上げて「やめれ~」が始まった。
そうしてから測った数値が、280。
それで高血圧との診断。

人間だって、血圧を測る時には「安静に」というものなのに、病院に連れて行かれて何度も測られて、それではとても「安静」というわけには行かないんじゃないの?
信用しないわけではないけれど、なんだかなぁ。
最初の120~140くらいの数値では満足できずに、何度も測っていたような気もしたのは、考えすぎ?

それで、「この血圧だと、いつ何時どんなことが起こるかわからない」とおっしゃる。
そりゃそうだ、もう20歳なんだし、いつ何時何か起こるかわからないなんて、血圧の問題がなくたって百も承知の上ですともさ。

おまけに、目の中で出血していたことをお話しすると、「目の中の出血なんか見えるはずがない」と断言される。
「でも、出血してたんですけど・・・」というと、「誰が見たんですか?誰が出血だと言ったんですか?!」と、きつい言い方。
とても「かかりつけの先生もそういいました」といえる雰囲気ではなく、「そう見えたんです」というと、「ああ、そう見えたんですね!」と、何でかわからない強い口調。

結局、治療のために打つ手はないということだったので、「せめて痛いとか辛いとかがあれば、取り除いてやりたいのですが、痛みなどはあるのでしょうか?」と聞くと、「さあ、猫が痛いかどうかなんてわかりません。でも、痛いとかよりも、見えないってことが非常に辛い状況でしょ。考えてもみなさいよ。目が見えなかったらどんなに怖いか。」って、そんなこと言われる前からわかってます。
もう見えるようにならないって言いながら、どうしてそういう言い方するかな。
そんなの、言われるまでもなくいつもそばで見ている私の方が、ずっと胸を痛めてます。
来るのが遅かったって言われて、ショックを受けてます。

おまけに、あなた、普段のクータンの様子なんか見たことないでしょ?
見えないながらも、いつも健気にゴロゴロ言ってるクータンのことなんか知らないくせに。
何がクータンにとってのQOLかの認識が、この先生とはまったく違うんだな、と思った。

「いつもゴロゴロ言ってて、ご機嫌なんですけどね~」と言ってみると、「じゃあ、痛くないんでしょ。ゴロゴロ言ってるんだったら」と、またきつい口調。

は?私、何かしましたか?
と聞きたくなるほど、感じが悪い。
単に口調のきつい先生なのか?
申し訳ないけど、嫌いなタイプです。
同じことを言うにしても、もっと普通の言い方は出来ないものか。
目の病気に関しては名医なのかもしれないけど、そりゃないんじゃないの?

手遅れになってから連れて行ったのが気に入らなかったのかな。
それにしたって、こちらとしてもずっとかかりつけの先生には相談していたわけだし、この前の出血があって初めて紹介していただいたのに。
至らぬ飼い主で、すみませんね。
いろいろ心の中で思っていたら、なんだか泣きたくなってしまった。


ほんと、行かなきゃよかった。


先生っていろんな方がいますよね。
がんがん薬を飲ませて手術もして、積極的治療を進める先生。
出来るだけ投薬を避けて、様子を見ましょうという先生。

クータンのかかりつけの先生は、完全に後者のタイプ。
それがちょっと心もとなくもあったが、なんでもかんでも病名をつけて薬漬けにするのは私も嫌なので、その方針で相談しつつやってきた。
(お薬を飲ませる・使うのを否定しているわけではありません。
いろいろ試してみるのも一つの方法ですし、その方が当たり前なのかもしれません。
クータンの場合は肝臓に負担がかかる事を避けたいので、薬は最小限に止め、出来るだけ投薬なしの方向に決めました。
両方ありでいいと、私は思うのです)
本当に具合が悪い時には手を尽くしてくださって、それでクータンも助けていただいたから、信頼していた。

確かにコレステロール値が高い時期が続いて心配だったが、特に治療は勧められなかったので、ずっと様子を見て来たのに、「そのことも大きな原因だ!」みたいな、嫌な言い方をされちゃいましたよ。
こちらからもっと積極的治療を申し出ればよかったのかな。
でも、クータンがのんびり出来るのが一番だと思ってやって来たつもりなのだけど。


今日診察していただいたことで、クータンに何か変化があるわけではないけれど、こちらの心境が大きく変化してしまった。
「目なんか見えなくても、大丈夫だよね」
「ずっとゴロゴロ言って、幸せでいようね」
と思ってやって来たことを、全否定されてしまった感じ。

これも、私が細かいことを気にしてあげられないダメダメ飼い主だからなのかなぁ。
自分の事に関しても、やたら「病気だ病気だ」って言うのが嫌なので、いつも「へっちゃらだよね~」で済ませてきた。
クータンのことも、長年一緒にいて見ているんだから、本当に具合が悪い時にはわかると思っていた。
クータンがゴロゴロ言っている間は大丈夫と信じてやって来た。

クータン、ごめんね、ダメダメなママで。
こんなところに来てしまったことを後悔してる?

今日の病院から診察結果が届いたら、かかりつけの先生のところに行って、相談してみようと思っている。
でも、目のことは別にして、もう少し積極的な治療を提案してくださる先生を探してみようかとも思案中。


クータンは、帰って来るなりゴロゴロ言って、今はソファで寝ているが、なんだか心配。
思いっきり不安を掻き立てられた通院だったのでした。


本日の診察代

初診料 2000円
一般検査 3000円
 (問診・綿球落下テスト・威嚇反射テスト)
眼圧  2000円
スリット光検査 1800円
眼底検査  3000円
血圧測定  3500円

計 消費税込み 16065円


懐も痛んだが、それ以上に、なぜか心がとても痛んだ出費だった(爆)




Comment

編集
 Mayu-☆さんがダメダメママだったらこの間見せてくれた動画のクータンはいないよ~。
あまり細かい事気にする飼い主さんだったら、目が見えなくなったクータンが安心してゴロゴロしてられないよ~。(=´∇`=)

 人間の場合もそうだけど、口や態度は悪いけれど、ものすごく腕の良い名医と、とても優しくて親切だけど腕の悪いお医者さんのどちらかに、手術をお願いする場合、どっちのお医者さんを選ぶかって考えたら良いと思います。
クータンと毎日一緒にいるMayu-☆さんが、家でのんびりゴロゴロしてて大丈夫と思ったら、いつものかかりつけのお医者さんがいいと思います。
でもいざとなった時とか、手術したら何とかなる場合はそんな先生でも本当に名医なら、ちょっと我慢して診てもらうのがいいのかもしれないなと思います。
行って良かったと思いますよ。もしもの時安心です。


 それにしても嫌な人ですね。(=`・´=)
2006年07月28日(Fri) 17:32
編集
しのぶさん、こんばんは~
なんだかどよ~んとしておりますσ(-_-;)
せっかく気持ちが上向いて来たところだったのになぁ。

もし手術なんてことが可能だったら、それは口は悪くても腕のいい先生がいいに決まっていますが、そうは行かないのに口が悪いって、最悪ですよ。
どんなに腕がいい先生でも、口が悪いのはダメです。
この場合の口が悪いって言うのは、単に言葉遣いが荒っぽいということではなくて、言い方に思い遣りのかけらもないってことという意味ね。

人間の先生でもそうですが、本当にいい先生って、腕もいいけど人柄もいいものです。
この前亡くなった先生も、きっちり言う方ですが、そこには相手を尊重する姿勢が感じられますから。
歯医者さんでも高名な方を知っていますが、その方もとても腰が低いすばらしい方です。
(腰は低いけど値段が高いので、私は行けないけどぉ(⌒o⌒;)
今までいろんな人に会って、「実った稲穂は頭を垂れる」は、真実をついていると思います。
って、自分の人間が出来てもいないくせに、相手にそれを求めるのは勝手な言い分だと思いますが(大汗)
もし、手術が可能だったとしても、多分あの先生にはお願いしないなぁ。
東京にもう一軒あるという別の目の専門医院に行きます。
クータンの場合はもう手術ってわけには行かないので、二度と行かなくて済むのが救いかな。
なんかね~、ほんとに嫌な感じだったの(T-T)

2006年07月28日(Fri) 20:24
編集
ずんどこな精神状態、いいお友達と鶏レバーで楽になった?私は地獄・・・。

専門医は今までの経緯なんて考えないし(考える必要ないだろうし)関係ない。専門馬鹿でいいんだし、それを期待して来る人ばかりだから。だからこそありがたいと思う人もいれば、Mayu-☆さんのようにその反対もあり。ま、相性もあるだろうし、高名な先生でもいけ好かない奴もいるから。

その点、罹り付けの先生は専門医じゃないけど、ク~タンとMayu-☆さんをずっと以前から理解してる人。だからこそ「総合的な」判断ができるし、Mayu-☆さんの意見も取り入れながら、これから先のことを判断できるだろう。

今度行く専門医がいい方でありますように。

20歳のク~タン。今までゆったりノンビリ暮らして来れたからこそ今のク~タンがいるのだよ。その環境を作り上げてきたのは誰でもない。Mayu-☆さん、あなただ。何も卑下することはない。胸を張りナヨ!
2006年07月28日(Fri) 20:35
編集
薫さん、そっか、そういう考え方もあるのね。
目からウロコσ(^_^;)
うん、単に相性が悪かったんだと思うの。
もう手術はしない(出来ない)って決めてたし、あちらとしても言いようがなかったのかもね。

あ、別の専門病院は、もう行かないよ~
「もし手術するんだったら」という単なる例え話。
もう20歳だし、余生はのんびり過ごさせることにします。
今回は「目の専門病院がある」って言うことを聞いて、「なんだ、そんなところがあったのか」と初めて知って、じゃあ診てもらおうと思っただけなの。

かかりつけの先生ね~、こっちから言わないとなかなか積極的な治療法を提案してくれないからなぁ。
精神的なケアは自分で出来るだけのことはしてるつもりだけど、物理的なケアは言ってもらわないとわからないから、少し不安になってきちゃったところもあるの。
今回の病院も、もっと早く連れて行けばよかったってのも思ったし。

今までの経緯で何も不足はなかったのに、今回のことではいろいろ考えさせられちゃった。
難しいところだよね。
2006年07月28日(Fri) 21:01
編集
Mayu-☆さん、お久しぶりですー。
血圧は、ゆずの主治医は病院で測ったら緊張・興奮で通常より高くなるから測ってもあまり意味ないって言ってました。
ク~タン、色々検査されてちょっとムッとして上がっちゃっただけだと思います。
Mayu-☆さんとのんびり明るく穏やかに過ごすことが、クータンにとって一番の幸せのはず。
医者とか獣医って腕がいいのも大事だけど
やっぱり優しさや思いやりのないヤツはダメだと思う。
それに相性もあるし。
蟹座のMayu-☆さん、来週来るものは明らかに幸運の種だそうですよ。
2006年07月28日(Fri) 21:49
編集
reiさん、お久しぶり~~~♪
コメント、ありがとうね!

そうなのよ~、やっぱりそうだよね~~~?!
血圧に関しては、私もほんとにそう思ったの。
だって、ものすごく長い間、何度も何度も測ってるんだよ。
最初の何回かは余裕で正常値内だったのに、クータンが「やめれ~~~」をし出してからの数値だけを結果として受け止めるなんて、変だよね。
血圧上げたの、誰だよ~。みたいな(爆)
正常じゃない状態で猫の血圧測ったって、無駄だよね。
でも、その結果を元に、「高血圧から来る網膜はく離」って、きっぱりとおっしゃったからね~
正直なところ、原因なんて、もうなんでもいいわという気持ちになってます。
どうせ治療法がないなら、一緒だもの。
もっと早く連れて行けばよかったっていうのは後悔する点だけど、今となってはそれを言ってみても仕方がないし(T-T)

クータン、検査でたくさんピカピカされて、おまけにその時に生まれて初めて保定袋に入れられて、かなりむっとしてたみたい。
帰って来てから、ゴロゴロは言ってるんだけど、ちょっと触ると「あ"~あ"~」って、散々文句言われました。
少し情緒不安定になっちゃったみたいなの。
ほんとに連れて行くんじゃなかったなぁ。
「嫌なことたくさんして、ごめんね~、もう連れて行かないからね~」って、ずっと謝ってますσ(^_^;)

そう、腕が良くても、思い遣りがないのはダメだよね。
私もそう思います。
いろんな先生がいるから、相性って、難しいね~

え?かに座は来週いいの?
その言葉を信じて、がんばります~~~(TーT)
ありがとうね♪
2006年07月28日(Fri) 22:34
編集
Mayu-☆さん、ただでさえ大切な家族の病気で落ち込んでいる飼い主に優しい気持で接することができない獣医など、相手にする必要はありません。名医と言われる先生(例えば成毛先生)は決して患者さんに不安な気持や不快な気持を持たせるようなことはなさいません。くーたんとMayu-☆さんにとっての大切な時間を気持ちよく過ごせるように応援している人がたくさん居ることを忘れないでね!
ついでに、た~こさん家に預けてあるお土産も忘れないでね~(笑)
2006年07月28日(Fri) 23:30
そうだそうだ
編集
みなさんおっしゃってますけど、猫の血圧って正確な数値を
とるのはむずかしいみたいですよ。
みゅうは気性があらくて、病院ではいつも吹いてるので
いつだか、もし持病でもあったらやっぱり知っておきたいと
思って健康診断みたいのをやってもらえるか聞いたら、
猫はちょっと興奮しただけでもものすごい勢いで
血圧があがるから、このコの場合は図っても正確な
数値はまず取れないといわれました。(爆)
血圧だけじゃなくて、他の数値も、血液は前足から
とったりするので、気性の荒い子はまず正確な検査結果は
期待できないですよ。て言われてから、気になっては
いても、できないでいますよ。だから何度もやって、
温和を絵に書いたようなクータンが「やめれ~」を
するからには、クータンなりに興奮気味だと思いますし。
何がどうだから名医なのかわからないですが、それって
「猫」を見てないような気がしますね。
手術やさんであって、獣医ではないんじゃないかと思います。
技術やであって医者でないというべきか。

遅かったって言われても、もうどうにもできないんだし、
それでもクータンが幸せなのは、アニマルセラピーで
解明済みじゃないですか。大丈夫。クータンはMayu-☆さんを
うらんだり絶対しません。だってMayu-☆さんが大好きなんだもの。
見えなくなってもMayu-☆さんを探してゴロゴロする姿。こんなに愛し合ってるんですから、嫌なことはさっさと
記憶消滅して、これからのお互いの幸せなすごし方に意識を持って行く方が絶対いいと思いますし、大事。
クータンにとって一番大切なのはMayu-☆さんの愛情なんですから。

超気に喰わない人に会ってしまったのは不運だけど、
専門医でもクータンには合わないって分かるために
行ったんだと思って。ね。
いつかそういう人には天誅が落ちますわよ。
私はクータンとMayu-☆さんを遠くから応援してますからね~
飼い主の気持ちは、目が見えなくても絶対動物には伝わりますから、Mayu-☆さんが落ち込んでいるのはクータンにもよくないですよ!
元気出してくださいね~

2006年07月29日(Sat) 00:17
とんでもない医者ですね。
編集
そのくクソバカッタレ医者、今度コソ~っと教えてくださいね。絶対行かないから。
ホントにとんでもないヤブ医者だと思う。ブリちゃんにゆって制裁してもらおう。
血圧なんて、1回(1日)測っただけで確定できるわけないじゃん。馬鹿じゃん。ヤブじゃん。
何度も長いこと猫を拘束してれば、血圧だって上がるっちゅうの。
心拍数だって血圧だって、どんなに大人しいコでも病院では上昇しますもの。
正確に測りたいんだったら同じ時間に同じ条件で、しかも大人しくしてるときに何度も測るしかない。
あと、触診である程度の血圧を把握するしか…。器具をつけたらたいていのコは興奮しますもん。これだって条件を同じにして何度もやらなきゃ正確とは言えないと思います。
だから猫の血圧なんて、確定診断するのは超難しいはず。
しかも高血圧なんだったら、どうして今血圧を下げる処置(ACE阻害薬の投入など)の相談がないの?
っていうか、目の原因を高血圧だけに確定するのってちょっと…。
コワス。テラヤブイシャス。

目が見えなくても、安全で落ち着ける場所さえあれば、大好きなMayu-☆さんさえいれば、何も怖くないし、何も不安はありません。
なぜなら、猫は適応する生き物だから。
クソッタレ獣医のクソッタレ発言なんて、何も気にすることはない!
たっかいお金払ってホントにムカつくわ。
でもでもよかったことを探すとすれば、それは「ひょっとして高血圧かもね」って考えられること。それが目の原因とは思えないけど、でも腎臓のこともあるし、「ああ、これからは気をつけてみよっと」と思えたことはよかった。
といっても、何もしないで穏やかにいれば問題ないような気もするし、高血圧はボ~っとするらしいし、腎不全の進行を早めるらしいので注意してもいいし。
ACE阻害薬(デブちゃんは腎不全が進行しすぎていて、この薬は不向きですが、軽度の腎不全なら腎臓を守る効果も望めるそうです。血流も促進してくれるし、小さい粒で不味くないです)とか、ほかの血圧の薬のことを考えておいてもいいと思います。
遅かったもなにも、加齢にともなう、止められないものかもしれませんよ?っていうか、まったくそのバカタレ獣医のいうことは信用できないです。
Mayu-☆さんは何も悪くないし、何も後悔する必要もない。もし積極的な治療をしていたとしたら、くーたんかえって疲れてたかも。
結果は20歳でツヤツヤで元気にしているくーちゃんが物語ってると思います。
あまりにトサカにきて、意味不明かも。
Mayu-☆さん、何も落ち込む必要はないし(怒ってもいいけど)、元気出してちょ。
2006年07月29日(Sat) 08:40
編集
☆スタルカさん
この前はドタキャンで、すみませんm(__)m
精神的に劣悪な状況だったので、一日ぐだ~っとクータンと一緒に寝ていたのです。
後から「行けばよかったなぁ」って思っても、後の祭り(;^_^A
まあ、お土産まであるんですか?
ありがとうございます~~~(感涙)

そうだよね~、いくらなんでもあの言い方はないと思うのです。
一晩寝て、私も落ち着いたし、クータンもやっと大きくゴロゴロ言うようになりました。
まだちょっときょどってる気もしないでもないんだけど・・・
でも、食欲はあるし、元気です。
これからものんびりモードをベースに、もう少しいろんな治療法を模索してみようかなと思っています。
いつも見守っててくれて、ありがと~~~(TーT)

☆みゅえりさん
昨日のクータンは、今までで一番嫌がったかなぁ(⌒o⌒;
もう必死に体をグネグネさせちゃって、「う"~う"~」言って、かわいそうだったの。
逆らうとなると、結構力があるのよね~
で、保定袋に入れられちゃったの(爆)
病院嫌いになってしまいそうで、心配よ。

手術屋さんていうのは、そうかも~
きっと切った貼ったの腕前はいいんだと思うの。
角膜の移植手術とか、最先端の手術をするらしいから。
ただ、片方40万円なんだって~~~\(; ̄∇ ̄;)/
その後の通院とかもあるから、両方手術した日には100万円かかるらしいよ(爆)
お金に糸目をつけず手術して直る患者さんにとっては、ありがたい先生なのかもしれないけどね~
手術するわけにも行かないクータンと私からみたら、単なる鼻持ちならないオヤジでしたわ。

そうだよね、専門医でも、クータンには合わない、ってか、どうしようもないってことがわかったから、気持ちを切り替えて、これからもっともっと愛情を注ぐことにするわ。
ありがとね~♪

☆じいやさん
あはは~~~、じいやさん、私が言いたいことを全部代弁してくれてるよ_( ̄▽ ̄)ノ彡☆
まさにその通り。
ブリちゃんに言って、きっちり意見してくれる人面疽ちゃん、生やしてやって~(笑)
後で、コッソリ教えるよ(* ̄m ̄*)

でも、確かに切った貼ったのキャリアは持ってるんだと思うの。
だから、手術して治るんだったら、行ってもいいかもよ~
高いけど(爆)

きっとね、目の見えない猫を飼った事がないんだと思うの。
目の専門医だから当たり前かもしれないけど。
「考えてもみなさいよ。目が見えなかったらどんなに怖いか」って、一見いかにもなことを言ってる様だけど、なんか違うよね。
実際目が見えなくなったクータンを飼ってみて思うのは、猫って強いなぁってこと。
それは不安もあるし不便でもあるだろうけど、ぜんぜん動じてるようには見えないもん。
じいやさんの、「猫は適応する生き物」って言うコメント、ほんとにそうだと思う。
ふとそのことを考えて、失明という事態を冷静に受け入れてるクータンに対して、尊敬の念すら覚えるよσ(T-T)

そうなの、良かったことは、高血圧かもしれないってわかったこと。
っていうか、ACE阻害剤について検討してみようと思ったことなの。
私って、ほんとに何の知識もなくてダメダメ飼い主なの~~~(T-T)
今回のことでいろいろ調べてみて、どうしてもっと早くそれを試してみなかったのか、ちょっと悔やんだわ。
そういえば、前に先生が「心臓の薬」って言ってたのがそれだったのかなぁって思い当たったの。
でも、詳しい説明とかは全然なかったし、いったん飲ませ始めたらずっと飲ませなくちゃいけないって言われて、なんだか怖いような気がして、その時はお願いしなかったの。
先生~~~、もっとちゃんと説明してくれれば良かったのに~~~(T-T)
人はいい先生なんだけど、ちょっと気弱すぎかなぁ。
そんなこんなで、実はじいやさんに、例のサワヤカ先生のことを聞こうかと思っていたの。
まずは、かかりつけの先生に一度相談してみようとは思ってるんだけどね。
もしもの時には、よろしくです~~~m(__)m

「あまりトサカにきて」って、懐かしい言い回しだわ~(笑)
じいやさんが雄弁に代弁してくれたので、なんだか元気が出てきたよ♪
ねぇねぇ、今もお仕事忙しいんだっけ?
クータンに会いに、遊びに来て来て~~~

2006年07月29日(Sat) 13:06
編集
あー、気づいたらすでに閉められてる。
血圧は、人間でも病院で計ると高めにでるのよね。
興奮した猫ならなおさらよね。
病気を見て患者を見ない医者だねぇ。でも専門の手術屋さんで技術だけはあるんだろうか。この子かわいそうで涙で曇って手術で手が震えちゃ話になんないから、専門ってこういうタイプって多いのかもね。医者じゃなくて研究者だったりするんだよね。
口の聞き方を注意するだけなのに、なんでできないのかねー。
出来の悪い人間もいるんだと切ってしまって、相性のいい先生とクータンとまったりの日々を続けてね。
2006年07月29日(Sat) 15:12
編集
てれじあさん、お返事遅くなってごめんね~(;^_^A
明日はどうぞよろしくです♪

血圧、最初はクータンもおっとり構えてたから基準値内だったの。
それなのに、何度も何度も(10回近く測ったと思う)測られて、そりゃ「いっやぁぁ~~~ん!!」てなるよねぇ(-_-;)

あの専門の先生、自信満々の偏屈なんだと思う。
目の出血のことを話したときなんか、「誰が見たんですか?誰がそう言ったんですか?!!」って、すごい勢いだったんだよ~
顔に「素人が勝手な判断するな!!」って、ありありと書いてあるようだった(爆)
いわゆるそういうタイプ。
かかりつけの先生も、そう言ったんだけどね~
とてもその場では言えなかったわ。
今思い出しても、ムカっと来る~(-"-)

早くかかりつけの先生のところに相談に行きたいんだけどね~
検査結果の資料が届いたら、連絡が来ることになってるんだけど、そんなの待ってないで、月曜日に行って来ようかと思ってるの。
2006年07月29日(Sat) 17:46
編集
す・すみません
まだくっついても良いですか?コソコソコソ…。

その大馬鹿たれの医者の言葉は、「人」としての言葉の価値なんてありません!
医者として、という以前に、ニンゲンとして失格ですっ。

Mayu-☆さま、元気だしてください!
そんな横暴医者なんか、腰を抜かすくらいの応援団が
Mayu-☆さまとクータンちゃんのうしろには
どっかりと控えていますよ。

それから…
リンク、ありがとうございますm(_ _)m
ちっとも気付いていなかった視界の狭い失礼な私を
どうかどうかお許し下さい~。
是非、こちらからもリンクさせてくださいね。
2006年07月29日(Sat) 19:22
編集
かよさん、こんばんは♪
もちろんいつでもコメント大歓迎です。
ありがとう~~~(TーT)

あらら、優しいかよさんまで、言い切ってる(* ̄m ̄*)
でも、ほんとに感じが悪くて、行かなきゃ良かったと思ったんです。
きっと自分の中では何も間違ったことは言ってない!って考え方しか出来ない人なんだろうなって思うの。
確かにそれはそうなんだけど、正しければいいのかっていうと、それだけじゃないですよね。
大人になってもそういうのがわからない人っていますよね。
そういう人は、ただ黙々と手術だけしてればいいと思うのです。
人を相手にせずに。

いつも応援ありがとうございます。
頼りない介護人だけど、これからがんばりまっす(;^_^A

あ、リンクはこちらの方こそ勝手にさせていただいたんですから、お断りもなくすみませんm(__)m
うーちゃんの様子、いつも心配したりほのぼのしたり、拝見させていただいてます。
これから暑くなるから、老猫を抱えてお互いがんばりましょ~~~♪
2006年07月29日(Sat) 23:43
編集
私もこそこそっとくっつく。

言いたい事は↑でみなさんがおっしゃってますのでもう言う事もありませんが(^^;
悪態のひとつもついてやれば良かったのにぃ~!!
わたしならきっと闘ってるっ!(笑)
ばっかやろぉ~、こっのやろ~っ!ふざけんじゃね~!!はぁはぁ。
2006年07月30日(Sun) 03:30
編集
た~こさん、おはよ~~~♪

いや、ほんと、私も言ってやりたいことはたくさんあったんだけど、なにせ患者猫を抱える弱い立場だからさぁ。
言いたいことも飲み込んじゃったよ。
それに、私の座右の銘は「言わなきゃわからないやつには、言ったってわからない」だからぁ(⌒o⌒;
といいつつ、全然そんな風に達観できなくて、後からああ言ってやればよかった、こう言ってやればよかったって、悶々とするのよね~
何せ、結構溜め込むタイプなもので・・・σ(^_^;)
た~こさんが代わりに怒ってくれて、すっきりしたよ~(笑)
ありがとね~~~(TーT)

2006年07月30日(Sun) 09:41
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006年07月31日(Mon) 02:07
編集
おぉ、じいやさん、ありがとね~~~(TーT)
このブログって、秘密のコメントは右側のコメント欄に表示されないのね。
じいやさんに教えてもらって、初めて気が付いたわ。
ありがと~~~!!

ふむふむ、今、サイトを見てきたら、すごく近いからすぐに連れて行けそうよ。
一度、いつものかかりつけの先生に相談してみてから、様子によっては行かせてもらおうかなと思ってます。
薬がお安いのって、助かるよね。
なにせこれから毎日のことになるんだもん。
参考になる情報、ありがとう♪

デブちゃん、具合が悪いようで、心配だね。
デブちゃ~ん、あまりお外に出ないで、おうちでゆっくりちゃんと皮下輸液してもらうんだよ。
ご飯も出来るだけたくさん食べてね。
こんなに心配してくれてるじいやさんを、あまり困らせないであげてね。
デブちゃん、元気になれ~~~!
って、念を送っておくからね!!

2006年08月02日(Wed) 00:15












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。