三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ オーストラリア 7日目 午後TOPTravel ≫ オーストラリア 7日目 午後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

オーストラリア 7日目 午後

11時ごろに起き出して、さあ、今日はオーストラリア最後の休日です。
他のメンバーは1時にロビー集合で、またサーファーズ・パラダイス方面に出かけると言うので、私はそちらはパスして、その後、パシフィック・フェアに行く途中で拾っていただくことにした。

2時半過ぎにピックアップしていただいて、4時半までお買い物。
そしてその後は、コンラッド・ジュピターのカジノへ行ってみることにした。
いや、特にギャンブルには興味はなかったのです。
だって、私の人生そのものがギャンブルみたいなものだもの(爆)
負けるとわかっているカジノには、それほど行きたいとも思わなかったのだが、せっかく来たのだからということで。
話の種としてね(;^_^A


ネオンがきらびやかなカジノの入り口。
2305casino.jpg


4人で入ろうとしたその時、連れの女子が係員に止められた。
やった!!
みんなで大笑い。
実はその彼女、仕事の最中に両替をしてもらおうとカジノに入った時にも止められているのです。

理由は、「20歳以上か?」

元々日本人は若く見られることが多いが、彼女はおまけにノーメイク。
実際には26歳なのだが、外人さんから見たら子供みたいに見えるんだろうなぁ。
カジノの入り口で止められたのは、これで3度目らしい。
パーフェクト!!

パスポートを見せて納得していただいた。
まあ、パスポートの写真も、前髪パッツンで、今とはちょっと感じが違って見えるものだったので、半信半疑と言う感じが無きにしも非ずだったけどね(笑)
いいなぁ、止められて。
私なんか、絶対に止められないぞ(T-T)
いや、止めて、って言う方が厚かましいけどね、私の場合(爆)


さて、中に入ってみると、た~くさんのスロットマシンが並んでいる。
ところが、まるでゲーセンのゲーム機のようで趣がない。
それを見るまではスロットマシンをしようと思っていたのに、なんだか食指が動かなくて、場内を見て歩く。
他には、ルーレット、バカラ、知らないカードゲームなどが行われている。
ルーレットの台は開いているのが4台くらいだったせいか、満員でなかなか空きが出ない。
しばらく眺めて歩いていたが、せっかく来たんだものちょっとやろうと思ってちょうど空いたルーレットの台に着いた。

お財布には現金が100ドルくらい。
全部使ってしまうものなんなので、60ドルだけチップに両替した。
一枚が2.5ドルらしい。

ルーレットなんて、子供の頃にゲームでやったくらいで、どういうかけ方がどんな倍率になっていたかなんて、すっかり忘れている。
実際のお金をかけてディーラーさん相手にするのは初めてなので、ドキドキする~(*`▽´*)

台の横には、これまでの出目が表示されていて、それを参考にしながら賭けていくらしい。
中には、高額のチップをかけている人もいる。
こういう人はおおむね中国系の方たち。
きっとオーストラリアまで遊びにこられる人はお金持ちに違いない。

しばらくただぼ~っと見ていたが、せっかく座ったからには賭けねば!
ということで、せこく2.5ドルチップを一度に2,3枚ずつ賭けてみた。
一つの数字に賭けるのはとても当たりそうな気がしなかったので、4つの数字にかかるクロスのところに賭ける方式を取って、一回につき2,3箇所ずつ。
最初は何度か外したが、そのうちトントンと当たり、チップはあっという間に倍くらいに増えた。
そこで、別の台でやっているメンバーのところに行って見てこようと思い、チップを持って移動。
そこでたまたま席が空いたので賭けようとして、その台のおばさんディーラーに叱られる。

他の台のチップは使えないんだって。
きゃ~~~、知らなんだ~~~(;^_^A
恥ずかしい~~~(赤面)

台を変わる時には、まず元々の台で高額チップに替えてからとのこと。
すごすごと元の台に戻り、高額チップに交換してもらうと、60ドルが135ドルに増えていたので、早速換金。
実は、やる前に心の中で決めていたの。
倍になったらやめるって。

まだ時間があったので元の台に戻ってみると、ディーラーが代わっていたので、また同じ席に座って、今度は100ドルをチップに替えて参戦。
今度もまた4つの数字に賭けてみた。
一回当たると結構たくさんのチップがもらえる。
今までの出目を見ていると、なんとなく予想がつく気がしたのが不思議。
そのうち、24か25のどちらかの数字一つに賭けようと迷って、24に賭けたものの、25が出て外れたのをきっかけにお終いにした。
高額チップに交換する時に、ディーラーのお兄さんに「もうやめるの?」と聞かれたが、「えへへ」とあいまいに笑ってその場を後にした。

そして撮ったのが、この画像。
2306casino.jpg

高額チップを持ってにっこりと笑ったつもりが、撮影者によると、「いやらしい笑いしてるよ~」とのことだった。
ちなみに、撮影氏は160ドル負けたらしいからね(* ̄m ̄*)
何とでも言って(笑)

と、そこに係りのおじさんがやって来て、「NO!NO!」と叱られた。
カジノの中では撮影禁止なのだそうだ。
きゃ~~~、知らなかった(;^_^A
謝りながら撮影中止。
本当は、高額チップのアップも撮りたかったんだけどなぁ。
ってことで、換金窓口に行って現金に交換すると、今度は165ドルになっていたので、2回合わせて140ドルの儲けです~~~\(* ̄∇ ̄*)/
結構博才あるのかも~♪

メンバー4人のうち、1人はまだルーレットをしていたので、ほかの2人にビールをご馳走させていただきました。
ほんの少しだけだったけど、勝つということが大事。
結局、4人のうちで勝ったのは私一人だった。
満足~(^-^)vブィ!



その後、コンドミニアムのロビーに集合して、今度は全員でオーストラリアでの最後の晩御飯を食べに出かけた。
行った先は、最初の日にも行った中華料理屋さん。
ボスは本当はもっと高級な中華料理店に連れて行ってくださるつもりだったらしいのだが、ちょっと行き違いがあってそこに落ち着いた。
ちょっぴり残念だったりしてf(^_^;
でも、そこもとてもおいしいお店だったので、満足には違いなかったんですけどね。

いろいろ頼んだのに、またもや写真撮るのを忘れて、たった2枚だけ。
しかもだいぶ食べ進んでから慌てて撮りました(;^_^A

海老の蒸し物。
2308dinner.jpg


最初の日にも食べて、とても気に入った「豚皮(?)」をカリカリに焼いたもの。
2307dinner.jpg

これがなかなか香ばしくて、ビールのおつまみにぴったり!
おいしかったなぁ。

今日もまたお腹一杯になって、幸せな気分で帰りました♪



さあ、後は帰りの荷造りです。
明日は朝の5時50分出発なので、今夜のうちにやっておかなければ。
午前中に大体済ませておいたので結構余裕です。
おまけにトランクの中も余裕があったので、閉めるのもラクラク。
後は空港で残りのオーストラリアドルで何かお土産を買って行きましょう。

そうそう、オーストラリアでのお買い物は、その場で免税になるものと、空港で申請して税金を返してもらうのの2種類がある。
その場で免税になったものは、空港でチェックしてもらうまで開けてはいけないし、後で税金を返してもらうものは手荷物にして見せないといけないので、どちらにしてもトランクに入れてはダメ。
ということで、ちょっとだけ手荷物が多くなった。
こんなことも初めて知ったので、うっかり使わなくてよかったなぁ(;^_^A


今回は結構ダメダメなことをたくさんして、お勉強になった旅でした(爆)


今回の教訓 総まとめ

「かわいい子には旅をさせよ」

やってみて初めてわかることって、いくつになってもあるのね~

Comment

編集
 わおぉ~~~!こういうところで写真を撮ったら怖い人が出てきて怒られないかな~と思いながら読み進んでいったら、やっぱり注意されたのですね・・・。(~~▽~~)
高額チップを持った「いやらしい笑い?」のMayu-☆さんを見たい!と思って見てると思わず笑いが込み上げてきました。失礼。( ̄w ̄)ぷ
2006年07月05日(Wed) 18:50
編集
えへへ、やっぱり~?(;^_^A
ちょっと考えればわかるのにね~
叱られてから焦っちゃいました(笑)
チップを持ってる私、言われてみればたしかにいやらしい笑いしてるかも~
言葉で言うなら、「いっひっひ」って感じかな(⌒o⌒;
2006年07月05日(Wed) 20:42












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。