三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 紹介状をいただきにTOPHealth ≫ 紹介状をいただきに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

紹介状をいただきに

甲状腺の検査のための紹介状、最初は国立がんセンターの先生宛に書いていただいていたのだが、もろもろを考えて、自宅の近くの某病院に変更していただくことにした。
ご紹介くださるN先生、わがままを言ったからお気を悪くされていないかなぁと、ちょっと心配しながらクリニックに伺ったが、そんなことは余計な心配だったようだ(;^_^A


「もし何か意に染まないことがあったら、何でも言いなさい。他も紹介してあげるから」とおっしゃる。
「え、そんなわがまま言っていいんですか?」と聞くと、「相性とかいろいろあるから、合わないなと思ったら別のところも行ってみるのが良いですよ」とのこと。
「お医者様」というと、「自分が一番でオレ様」的なイメージが強いような気がしていたが、さすが、とても偉い先生だけあって、心が広くていらっしゃるのね。
勝手なイメージを持って、すみません(;^_^A


どうもお医者様というと、遠慮してしまって、こちらの思うことがうまくお話できない気弱な私σ(^_^;)
おまけに、もし「手術しましょう」と言われたら、その場で素直に「はい。とっとと切ってください」と言いかねないほど単純。
というか、切った貼ったされるのはお手の物(爆)
普通はセカンドオピニオンを取ってみるものなのかしら?

何日か前に、医療ジャーナリストの方にご相談する機会があったが、甲状腺に詳しい病院を4つほどあげてくださって、ここなら間違いないと確認させていただいた。
私が紹介していただく病院もその中にあった。
でも、もし検査の結果「手術」ということになったら、他の病院でセカンドオピニオンを取ることを進めるとおっしゃる。
もしかしたら、他の病院では切らずにすむ治療法が提案されるかもしれないからとのことなのだが、セカンドオピニオンて、最初の病院に悪くないのかなぁ?と、つい及び腰になってしまうよね。
でも、最近はそういう点はだいぶ改善されて来ているらしい。
患者にとってはうれしいことです。

セカンドオピニオンて、どういう風に取れば良いのか、取るものなのか、初めて知ったσ(^_^;)

A病院の方針に納得できない場合、もうひとつB病院に行って聞いてみる。
A病院と違う方針が出された場合、それをA病院に持って戻り、「これこれこういう治療もあるようですが、こちらでは可能ですか?」と尋ね、検討してもらう。
もしA病院ではその治療法がなかったら、その時点で納得できる治療法のある病院をメインにする。
ということらしい。
人によっては、サードもフォースも行っちゃう人もいるらしい(爆)

ふ~ん、セカンドオピニオンて、そういう風に取るものなのね。
私はてっきり、セカンドオピニオンを取ってしまったら、A病院にはもう戻れず、病院渡り鳥になっちゃうのかと思っていました。
知らなかったのって、私だけですか?(;^_^A



さて、クリニックで紹介状をいただいたついでに、少し風邪気味なことをお話して、「うがい薬が欲しいんですけど」というと、N先生、「じゃあ、お薬も出してあげましょう」といいつつ、風邪薬の処方を書き始められた。
「葛根湯の風邪薬」「トローチ」「イソジン」「咳止めシロップ」
え?咳って、ほとんど出てませんけど?
と思っていると、「いや、だいぶひどそうな風邪だからね」と言って、いたずらっぽくニコッとされた。
あ、そうか、この際だから、風邪薬一式ですね、ありがとうございます(笑)
それにしても、ほんとうにかわいい笑顔(* ̄m ̄*)
怒ったら怖そうに見えるだけに、そのギャップがなんとも素敵♪


すっかり軽くなった気持ちで病院を出て、近くの処方箋薬局に行って薬を受け取ってびっくり!
え、こんなにたくさん?
なんとそれぞれ14日分ずつ入っていた(爆)
ん~~~、始めはイソジンだけのつもりだったんだけどなぁ(⌒o⌒;

Comment

編集
Mayu-☆さん、お久しぶり(?)です。お元気でしたか?あれから検査どうなったのかなぁと、気になっていました。
 この何年かセカンド・オピニオンを取るのは、当然のことになっています。特に手術の必要な時や、入院して投薬していても一向に改善されず、精神状態が不安定になってしまった時など。
同じ病気でも切らずに手術出来るのに、技術や設備が整っていないため、切ることもあるそうです。
セカンド・オピニオンの事では、先の先生遠慮することはありません。次の病院へ行けるように、患者のカルテを快く出してくれなければいけないのです。大丈夫です。

 クータン、いいものもらったね~。とっても気持ち良さそう。やっぱりムートンか・・・。私も何回かタンゴのためにムートンの敷物を買ってあげようとしたのですが、毛が入り込んで掃除しにくくなるとの、夫の反対を受け、他のあったか布で『タンゴの巣』なるものを作ってあげています。
でもクータンの顔を見たらやっぱりムートンは必要だ!!と思いました。
2006年02月22日(Wed) 17:38
編集
しのぶさん、こんばんは~♪
元気にしてましたね、よかった(* ̄m ̄*)

セカンドオピニオン、今はもうだいぶ当たり前になってるみたいね。
私はどちらかと言うと、信頼した先生にお任せっていうタイプなので、病院のはしごって、1度しかしたことがないの。
その時には、近所の個人医院であんまりな診断をされたから、泣き泣き大きな病院に行ったのよσ(^_^;)
いや、でもあの時には他に行って良かったと思ったわ~
そう考えると、やっぱりセカンドオピニオンて、大切だね。
診察は、今日はご紹介いただいた院長先生がお休みだったので、明日にしました。
明日初診なので、もしかすると検査はまた後日って感じかもね。

ムートンね、いいよ~♪
かえって布地よりもお掃除しやすいと思うけどなぁ。
布地だと、クータンの抜け毛が気になるけど、ムートンはぜんぜん気にならないの。
タンゴちゃんにも、ぜひ!

あ、そうそう、チベタヌス、買ったのよね?(* ̄m ̄*)
かわいいお花だよね~、清楚で。
でも、もともと高山地帯(チベット)の植物なので、夏越しが超大変。
無事越したとしても、翌年も咲かせたっていうのを聞いたことがないお花なの(爆)
しのぶさん、がんばって咲かせてね~~~q(^-^q)ファイト!!
2006年02月22日(Wed) 22:51
手術といわれたら
編集
ク~タン、た~こム~トン気持ち良さそうだね。気に入ってくれてよかった。

お互い切った貼ったはお手の物同士(爆)
でも女は体に傷作っちゃいけないのよ!
嫁にいけなくなるから・・・アホー >゚彡 バタバタ

以前、急逝膵炎で七転八倒したことがあって、翌日には鈍い痛みはあっても歩けたから近所の病院に行ったのよ。尿検査したらアミラーゼが通常の人の8倍以上もあって、即入院だって言われたけど、仕事のこともあるから一度帰宅して会社とも相談しないと、と帰宅。実家が病院の友人に相談したら「即入院といいながら帰宅させるなんてベッド差額狙い。あと一週間待ってくれたら、親父に膵臓の権威に紹介状書いてもらうからその病院には戻るな。入院とか手術とか言われたら、少なくとももう1つの病院で診て貰ったほうがいい」とアドバイスされました。1週間後、紹介された病院で検査したらもう治ってた(笑)あのまま入院してたらどうなってたんだろうね~。

で、「ついでに」処方された風邪薬・・・全部でお幾らだった?(^_^; アハハ…

犬猫のお役立ち情報サイト(http://www.vets.ne.jp/~rinmama/index.html)なんだけどとっても勉強になるから、ヒマな時に覗いてみて。そのサイトから「セカンドオピニオン」について書いてあるコーナーを貼っておくね。
http://www.vets.ne.jp/~rinmama/kenshin/second_opinions.html
2006年02月22日(Wed) 23:44
編集
私はすでに満身創痍状態よ~σ(^_^;)
薫さんはいろいろあっても、結局一度も切ってないの?
私は結構切るのって平気だから、すぐ「そうですか」って、切ってもらっちゃう(爆)
まな板の上の鯉は得意ですσ(^◇^;)

セカンドオピニオンの基本的な考え方、この前医療ジャーナリストの方に聞いて、初めてわかったの。
メインは変わらないことを前提にしてるから、セカンド、なんだよね。

薫さんが教えてくれたセカンドオピニオンのページも、わかりやすく書いてあるね。
ペットでも人間でも、考え方は一緒だもんね。
とても参考になりました。ありがと~♪

検査の結果、もし「切る」なんてことを言われたら、今回は他にも行ってみようと思ってるよ。
腫瘍が良性だとしても、大きいから切るってことになりそうな気がするの。
ほっといてもいいんだったらいいんだけどなぁ。
大きいのを切ると、声が枯れることがあるんだって(爆)
や~め~て~~~(T-T)
出来るだけ切らない方向で考えてくれるようにお願いしようと思ってます。

いや、その前に検査だけどね(笑)
明日、行ってきま~す(^^)/~~~

そうそう、処方していただいたお薬、全部で1500円くらいでした。
売るほどあるから、風邪引いたら言って~
葛根湯のお薬、あげるよ♪
2006年02月23日(Thu) 00:02
編集
>薫さんはいろいろあっても、結局一度も切ってないの?
いや、中学生の時に右肩にできた大きな脂肪の塊を切除、高校生の時に心臓カテーテルと2回メスを入れました。でも、それ以外はギリギリのところで手術をしないですんでます。子宮筋腫も乳腺炎も結局切らずに済んでるよ。

>大きいのを切ると、声が枯れることがあるんだって(爆)
あ~~、それ私も言われたよ。変声期みたいに高い声が低くなったり、かすれたりすることあるって。冗談でしょって思ったよ。それに仕事柄、Mayu-☆さんはまずいでしょ、ドス利いた声になったら。いや、なんか聞いてみたい気はするけどさ・・・
2006年02月23日(Thu) 01:28
編集
ひょえぇぇぇ~~~、心臓カテーテルって、すごくない?(;^_^A
太ももの方から通した?
カテーテルって、ほんとに不思議だよね。
友人のお姉さんがカテーテルの名手と言われたらしいんだけど、うまい下手があって怖いらしいよね。
無事済んでよかったね~♪

もし切って声が枯れちゃうのはまだしも、下手をすると期間に穴を開けてなにか付けたりもするみたいよ。
甲状腺腫瘍のサイトの掲示板で、ショックなこと発見しちゃった。
3×5センチの人が、「良性にしても大きすぎるから、決心し次第切った方がいい」って言われてた。
私、4×6センチなんですけど・・・(T-T)
おまけに声が枯れるのは、仕方がない副作用なんだって。
あうあう~~~、どうしたらいいのぉぉぉ~~~(涙)
2006年02月24日(Fri) 21:29
編集
ちゃんと検査の結果が出るまで、ゆっくり構えて待つのみ!色んなサイトを見たり、家庭の医学書の類を見て驚いてしまって、結局何ともなかったら損だよ~。
待ってる間は時間が長く感じるよね。でも先生にお任せして好きな本でも読んで、リラックスして下さいね。
2006年02月25日(Sat) 01:00
編集
取り越し苦労に終わればいいんだけどね~
良性か悪性かってことは、そう大きな問題ではないの。
自分で選べるわけじゃないしね。
まあ、出来るだけリラックスしていられるように心がけましょう。
2006年02月25日(Sat) 23:38












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。