三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 明け方の地震TOPetc. ≫ 明け方の地震

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

明け方の地震

今朝早く、地震があった。
真っ暗な中、ユラユラッと来て目が覚めた。
部屋の中ではそれほどガタガタという物音は聞こえていないから、横揺れかなぁと、寝起きのボ~ッとした頭で考えていたが、結構大きな感じで長いこと揺れている。
「結構長いよ~、こりゃたぶん震度4弱だな」と勝手に思っていたが、クータンはお布団の中で動きもせずに寝たまま。
最近熟睡の度合いが深いようなので、目も覚めていないのかもしれない。
今回はうち辺りでは横揺れで音も静かだったのでそれほど危機感はなく、いつもは地震の後すぐにテレビをつけるのだが、今朝は眠気に負けて&動くとクータンを起こしてしまうと思い、そのまままた寝てしまった。

起きてからニュースで見てみると、震源は霞ヶ浦のすぐ近くで、震源地辺りでは震度5弱の縦揺れだったらしい。
都内で揺れたところでは震度4。
私の体内震度計は、ドンピシャだったようだ。
自分なりの体内震度計があって、震度3だと「おっ」と言う感じで、震度4は「ちょっと嫌な感じ~」というところか。
ただ、同じ震度でも、縦揺れだと、部屋の中で食器や物の音がガチャガチャして、より恐怖心が高まっていけない。

なんにしても、たいしたことがなくてよかった。
こんな寒空に大地震で放り出されたらと想像すると、改めて新潟中越地震の被災者の方々の大変さを思った。
彼の地は今、何年ぶりかの豪雪の冬になっていると言う。
住まうことの出来ない家の雪下ろしに苦労され、それでも倒壊する家も出ているらしい。
今年ほど春が待たれる年はないだろう。
昨日など、東京では春を感じさせるような光だったが、新潟の方も、一日も早く雪が消える季節になってくれますように。

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。