三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 天高く、とはいうけれどTOPCat ≫ 天高く、とはいうけれど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

天高く、とはいうけれど

最近、ぐっと秋めいて涼しくなり、ご飯もおいしくいただける季節になって来た。
とはいっても、夏の間も食欲が落ちるということは全然ないんだけどねσ(^_^;)
それはクータンも、同じ。
どうやら似たもの親子らしい。

今朝、クータンを血液検査に連れて行った。
ちゃんと言い聞かせて連れて行ったのに、なんとなくご機嫌が悪かったようで、キャリーケースの中で後ろ向きになってしまって出てこない。
診察台の上で引っ張り出そうとしたら、「カーーーッ!」と言ったようなのは気のせい?
何しろ、人に向かって怒ったことがないクータンなので、ほんとうに言ったのかどうか、いまだに定かでない(笑)

その場で血液検査の結果が出るのを待って聞いて来た。
BUNが34.7→34.0
Creは2.0から変化なし。
よしよし、と思っていたら、肝心の総コレステロール値がまたもや<450。
先生のお話では、「腎不全から来るものなので仕方がない。クータン自身が元気なら、とりあえず心配は要らない」とのことだったので、投薬は考えないとのこと。

BUNもCREも、基準値をオーバーしてはいるが、たとえ7歳くらいの仔であってもこの程度なら特に心配は要らないという意見で、あまり数値に一喜一憂しなくても良いとのお話だった。
クータン自身が元気なら、QOLを一番に考えようという点では意見が一致しているのがうれしい。

ただ、一つ釘を刺された(爆)
前回皮下輸液に連れて行ったときには4.9キロだったのに、今回はなんと5.3キロまで太っていた。
最近重くなったと思っていたのは、単なる気のせいではなかったらしい。
密かにそうではないかと思ってはいたんだけどね(;^_^A

でも、食べる量はそんなに増えていないのに(ウォルサムのアルミトレーを1日1個)、なぜに太ったのか?
実は思い当たることがないでもない。
このところ、歯がないクータンのために&水分もきちんと取らせようと思い、食事のたびにゴムベラで丁寧にすりつぶしお水を加えて練るようにしてから食べさせていた。
そうすると、クータンもペロペロと舐めとるように上手にほとんど完食してくれる。
以前は舐めとるのが嫌いなようだったのに、年を取ると好みも変わってくるようだ。
そうしてかれこれ2ヶ月近く、たぶん消化吸収がいいので太ったのではないかと思う。
本当にそれが理由かどうかはわからないが、それしか理由が思いつかない。

このところ、ウンPも硬いままではあるがきちんと出ているし、結構いい手だと思っていたんだけどなぁ。
クータンの食欲があるのはとてもうれしいし、体重が増えるのは消化器官も好調に機能しているという証拠だから安心なのだが、体重がこれ以上増えるのはいかがなものか?
ちなみに、総コレステロール値が増えたのは太ったせいかどうか聞いたら、「それは関係ない」とのことだったので少しほっとした。
ただ、今回は血糖値も上がったもんね。
それは太ったことと関係大有り。
いくら「天高く猫肥ゆる秋」とは言っても、そこまで確実に実践しなくても(涙)

クータン、食べる量、減らす?
クータンがおいしそうにパクパク食べてくれるのを至上の喜びとする介護人としては、複雑な心境なのだった。


083005.jpg

20歳近くになっても食欲が落ちずに太れる婆にゃんクータン。
素敵だけどほどほどにね。

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。