三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ アニマルコミュニケーションTOPCat ≫ アニマルコミュニケーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

アニマルコミュニケーション

アニマルコミュニケーション。
耳にした事のある方もいらっしゃると思う。
私は、テレビをつけていても民放はほとんど見ないので、知り合いのブログを読むまでその存在をまったく知らなかったのだが、ペットと思考あるいは感情の交感を行い、ペットが思っていることを伝えてくれるものだと言う。

そのことを知ったのはかよさんのブログ「お猫の花道」
クータンより一つ年下の真っ白いお猫様うーちゃんがいる。
それはそれはうーちゃんを大切にかわいがっている様子が伺えるブログである。
そのかよさんもうーちゃんのアニマルコミュニケートをお願いしたとのことを読んで、常々、クータンの思ってることがわかったらいいのになぁと思っていた私は、さっそくアニマルコミュニケーターのmarikoさんのブログにお邪魔してみた。

メールで猫の画像と質問事項を送り、メールで答えてくださるとのこと。
体験談などを読んでいるうちに、クータンもぜひお願いしてみようという気になって、早速申し込みをした。
質問事項は3つ。
1.今の体調は?どこか痛いとか気持ちが悪いとかはないか。
  癲癇の発作はどうなったか。
2.うちに来るまでどうしていたのか。どうして私のところに来てくれたのか。
3.今の生活はクータンにとって幸せか。何かして欲しいことはないか。

そして、今日、そのお返事が届いた。
ドキドキしながらメールを開き、何度も何度も読み返した。

以下、marikoさんからのメールの中から、特に印象的だった部分を抜粋して掲載させていただきます。




(2)クータンは大人になってからの迷い猫で首輪をしていたのですが、うちに来るまでどうしていたのか、どうして私のところに来てくれたのか、聞いてみたいのです。(18年も前のことなのですが・・・)

(18年前のことでも)覚えてる。嫌なことをしようとした(もしくはした)から逃げだした。
気の短い女の人。すぐ怒って怖かった。窓が開いていたから逃げた。
あの人が(自分を)心配してさがすようなことはしないと思う。
何故Mayu-☆様のところに来たかというと、(Mayu-☆さまからは)優しい雰囲気(オーラ)が出ていた。
優しくしてほしかったし、おなかもすいていた。
(Mayu-☆さまのところに来てからは)望んでいた幸せな暮らしをしている(暖かい光に満ちたイメージ)。
とても幸せ。

クータンちゃんは特に愛情に飢えていたような感じがしました。
クータンちゃんにとって人生(猫生)とは「共存と愛」だそうです。


ここで一番胸に来たのは、青文字の部分。
実は、クータンをうちの子にしてから、ずっと気になっていたことなのだ。
サイトのクータンのコーナーにも書いたことがあるが、こんなにかわいい子が捨てられるはずがない、きっと何かの拍子で迷子になってしまったに違いないと思い、よくクータンに「元の飼い主さんは、きっといなくなったクータンのことを心配してるよね」と話しかけていたし、私の心の中で小さなしこりにもなっていた。
そのことに対するクータンからの答えをもらったようで、とてもうれしかった。
これでもう何も思い迷うことはない。

もう一つ、marikoさんは私に何か伝えたいことはある?と、クータンに聞いてくださった。

その答えがこれ。

「心配しないで。大丈夫。きっとうまくいく」

この言葉を読んだとたん、涙の堤防が決壊。
marikoさんは、クータンがしきりに「心配はいらない。大丈夫。」と言うので、何についてそう言っているのかわからないままに伝えてくださったという。
(もちろん、クータンの名前や年齢など基本的なことしかお伝えしていない。)

あの8月の最低の時期、ベッドで落ち込んでいた私に、一生懸命チョイチョイチョイチョイして、まるで「大丈夫だよ~、元気出して~」と言って励ましてくれているように思えたクータンそのままの言葉。
やっぱりあれはそういう気持ちで間違いなかったんだね。
クータン、ありがとう。
そして、こんなヘコタレのママで、心配かけてごめんね。

ちなみにクータン、marikoさんにも「もっと自信を持ちなさい」とメッセージを送ったそうな(汗)
いくらおばあ猫とは言え、偉そうで、すみません(;^_^A


その他にも、体調のこと、癲癇の発作のことなどもいろいろ参考になることを伺えて、これからのクータンとの生活に生かせることがたくさんあって、アニマルコミュニケートをしていただいて本当に良かったと思う。
何より、クータンが今の生活を幸せに思っていると言うことを知ることが出来たのが、心からうれしかった。

marikoさん、これからも自信を持って(笑)、がんばってください。
本当に本当にありがとうございました。


083001.jpg

お猫様は、何でもお見通し?
クータン、ありがとう。
がんばるからね。

Comment

涙、涙
編集
クータン、いい子。一生懸命励ましてくれてるのね。
そう、お猫さまは何でも知っているのよね。
MAYU-☆さん、よかったですね、クータンと出会えて。
私も、こんないいお話を聞けて朝から泣き笑い状態だわよ~
2005年09月15日(Thu) 09:04
涙ぽろぽろ…
編集
MAYU-☆さん、おひさしぶりです。
なかなか書き込みできないけれどいつも見ています。
笑ったりドキドキしたりはらはらしたり…。
あ~、今日はすっかり涙ぽろぽろです。
クータン、MAYU-☆さんとの出会いがあってよかったね。
MAYU-☆さん、クータンがいてよかったね。
泣けて泣けてしかたないの。
ほんとよかった。
クータンいい子ね。
これからも元気で幸せでいてね。
2005年09月15日(Thu) 14:02
涙そうそう
編集
クータンちゃん。
Mayu-☆さまに大好き、幸せよ、という気持ちを伝える事が出来て良かったね。
本当は
ずっとずーっと、伝えたかったんだよね。

クータンちゃん本当に良い仔。
涙、止まりませんです…。

2005年09月15日(Thu) 17:18
編集
猫でも人間でも産まれる前はみんな天使だったんだって。
空の上から「どこのお家の子になろうかなー」って見ていて、「ここ!」って決めたお家に赤ちゃんとか猫ちゃんとかいろんな姿に変わって降りていくらしいです。
私達が猫達を選ぶんじゃなくって猫達に「選ばれた」んですね!
私はそう信じていますよ☆
クータン天使はMayu-☆さんっ!て決めたんだね!
よかったね。Mayu-☆さんで!

会社で休み時間ブログを拝見して、仕事中涙ぐんでしまいました。マスカラ落ちました。

2005年09月15日(Thu) 21:17
編集
みなさま、こんばんは♪
コメント、すごくうれしいです。
ありがとうございます~(TーT)

☆kazumiさん、そうなの、クータンでいい子でしょ~(親ばか)
ずっと、まるで赤ちゃんのように思ってかわいがってたけど、いつの間にか追い越されて、今ではすっかりクータンの方が何でもわかってるのかなぁって気がしてます。
ほんと、お猫様はなんでもわかってるのかもね。
なんだか、一人じゃないんだって思って、心強いよ。
お世話してるつもりが、ほんとうは私の方がクータンにお世話してもらってるのかもしれないなぁσ(^_^;)

☆Toto&Bebeちゃ~~~ん、お久しぶり~~~♪
ブログ読んでてくれたのね、ありがと~(TーT)
うん、私も泣けて泣けてしょうがなかったの。
いつも、人間に対するのと同じ調子で話しかけたりしてたけど、クータンはなんでもちゃんとわかってたんだね。

私は、クータンが来てくれて本当に幸せだと思ってたけど、クータンも私といて幸せだって言ってもらえたことが、ものすごくうれしいの。
そうかなって思ってても、言葉ではっきりと聞くと、ほんとにうれしい。
私にとって、ますますかけがえのない存在になった気がします。
これからも一緒の時間を大切にして行こうと、改めて思ったよ。

☆かよさん、アニマルコミュニケートを知るきっかけを作ってくれて、本当にありがとう!!!!!
かよさんのブログを読んでなかったら、ずっと知らないままだったと思う。
どういうわけか、なんのためらいもなくすっと「やっていただこう」と言う気になったの。
これも運命の出会いの一つよね。
ありがたいなぁと思います。

marikoさんからのメールの中に、「このおうちは安全と言うことの他にも、私のことが大好きだから、満足。幸せ」って、クータンの言葉が書いてあったの。
そのクータンの思いに応えるためにも、もっとしっかりしなくちゃね~σ(^_^;)

きっとうーちゃんも、かよさんにたくさんの想いを伝えることが出来て、喜んでるよね。
こちらが思っている以上に、お猫様たちは私たちのことを気にかけてくれているんだと、幸せな涙がポロポロでした。

☆ういさ~ん、天使って、ほんとにそういう気がする!
クータンのことも、私が拾ったんじゃなくて、クータンがうちを選んで来てくれた、ってずっと思ってたの。
だから、どうしてクータンが私のところに来てくれたのか、長年の疑問が解けて、それがクータンのためにも幸せだったと知ったことがうれしくて(TーT)
人間と猫だけど、そういう意味ではソウルメイトなのかなぁ、なんて、勝手に感じてます。
きっと、サワガニ君も旅先のういさんの前にふわりと舞い降りて来たのね。
一緒に幸せな時間を過ごすために。

クータンと私のために喜んでくださった皆様、本当にありがとうございます。
また目頭がじ~んと熱くなって来ます。
アニマルコミュニケートしていただいて、本当に良かったなぁ。
幸せ者です~~~(感涙)
2005年09月15日(Thu) 23:44












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。