三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 難物TOPCat ≫ 難物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

難物

クータンは、とてもかわいい顔をしている。
(あ、のっけから親ばか全開ですんまそん(;^_^A )
なのに、写真にするとなかなかそのかわいさがうまく捉えられない。
問題は、光の量である。(それと、私の腕>爆)

私は基本的には室内でもノーフラッシュで撮るのが好きだ。
その方が俄然自然な感じに写るから。
お目々も黒々として、よりかわいく撮れる。
黒猫をくっきりと撮るためには室内の光ではなかなか足りず、結果として必要な光量を集めるためにシャッタースピードが遅くなる。
極端な場合など、4秒もかかることもある。
その間、私の方は手ぶれすることなく、クータンも身じろぎすることなくいなければならない。
1、2、3、4秒。 長すぎる(涙)

前のカメラでは、オートで撮っていてピント合わせの時など、カメラ自身もどこでピントを合わせていいのか迷うらしく、しばらくジーコジーコ言って、いかにも「私、苦労してます~」風な時があった。
かといって、外光で撮ると、虹彩が細くなって完全猫目になってしまい、下手をすると黒とのコントラストで白目のように写ってしまう。
怖すぎ(⌒o⌒;


とてもかわいいお目目をしていたのに、ほんのちょっと身動きしてしまって、ボケたクータン。
0816.jpg

もっと動きが大きい場合は、まるで透明猫のようになる。

これは椅子の背にカメラを固定して撮ったもの。
081901.jpg

なかなかかわいく撮れた。
動きの鈍いぼんやりクータンだからこその画像(爆)

ちょっと引いて撮ったので、この時にはシャッタースピードは1、3秒ほどだった。
これくらいの間なら、クータンもじっと動かずにいることが出来る。
同じ距離からズームしてUPで撮ると4秒。
おまけにピント合わせのための赤い光が目を直撃するものだから、嫌そうな顔になってしまう。クータン、ごめんごめん。
当たり前のことだが、フレーム全体に占める黒の割合が少ない方が、シャッタースピードは速くなって撮りやすいし、赤いピカピカもないので、クータンも大きな目のままこちらを見ていることができる。
そっか、ちょっと引いて撮って、後からフレームカットをすればいいのか。
今更ながらに気が付いた。

難物の黒猫撮影。
日々是勉強である。

Comment

くろねこ撮影は・・・
編集
ほんとにほんとに難しいですよね>_<
(Mayu-☆さんご無沙汰です^_^)

うちの“こまち”もなかなかうまく撮れないのです。黒毛皮に加えてカメラ嫌い、更にはクータンのように優しい瞳をしてないし・・・;_;

デジカメは黒いもの・白いものが苦手なんですってね。一眼レフを引っ張り出して試しています。

最初に書き込んだときの、毛玉?やっと作りました!!三毛は薄い茶色の玉になりましたよ。サビっぽい子なので。
画像デビューさせてくださ~い♪
2005年08月20日(Sat) 20:52
編集
ちゃんぷるさん、お久しぶり~~~♪
毎日暑いですが、お元気ですか?

ほんとに黒猫の撮影って、難しいですよね~(T-T)
この前も、猫友達とそんな話になったのです。
みんながみんな口をそろえてそう言ってましたよ。

こまちちゃんもカメラ嫌い?
クータンもなの~~~(涙)
せめてカメラ目線でいてくれればいいんだけど、撮ろうと思うと、ふいっとそっぽ向いちゃうの。
撮る時には「こっちこっち~~~、かわいいね~~~」なんておだてまくりで、まるで子供を撮ってるみたいですよ(^◇^;

白の場合は直射日光を避ければいいから、まだ黒より楽かも~
なにしろきっちりピントが合いにくいのが気持ち悪くて(-_-;)
一眼レフだとうまく撮れます?
私も持ってるんだけど、もうしばらく使ってないなぁ。
撮ってすぐに見られるデジカメになれちゃうと、フィルムにはなかなか手が伸びなくなりますよね。
ちょっとクータン専用で使ってみようかなぁ。

三毛ちゃんの毛玉、ぜひぜひ見せてくださいね~~~o(^o^)o
2005年08月20日(Sat) 21:33












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。