三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ お昼寝の夢TOPDream ≫ お昼寝の夢

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

お昼寝の夢

今日は台風7号が接近するとあって、テレビでは朝から台風情報を流している。
ところが、実際にはお昼ごろにちょっと雨風が強くなっただけで、台風の影響らしいものはほとんど見られなかった。

安心すると同時になんだか眠くなり、クータンと一緒にお昼寝をした。
そして、こんな夢を見た。



私はどこかの病院にいる。
以前に皮膚かぶれをしたので、その治療に来ている。
(実際には、私は超強肌で、かぶれ等は過去にたった1度経験しただけ。)
何やら小さな3本のビンに入った薬で治療してもらっていたのだが、それが全然効かないので、別の治療に代えてもらうところらしい。

ところが、今度のその治療というのが、肋骨に穴を開けて、そこから何かするとのこと(汗)
なぜか拘束服(袖が長くて動けないようにする服)を着せられたところで、なんとなく胡散臭い気がして怖くなり治療をやめると言ったら、前の治療代を請求され、それがなんと356万円だという。

「そんなに高い治療費なら、どうして先に言ってくれなかったんですか?」と聞くと、相手は「治療費の値段で治療をやめましたか?」という。
ええ、もちろんですともさ!
だって、肌のかぶれはもう治療の時には治っているんだし、そんなバカみたいに高い治療費はないんじゃないの?

ぼったくりの病院にプリプリしながら出てくると、兄とその友人の医師が出てきて(兄は医師ではないし、その友人という人も初めて見る人)、事情を説明すると、やはりそれは高いという。
調べてくれるというのでなんとなくほっとして、その場はそれで別れた。

外に出て公園の横を歩いていると、携帯に電話がかかってきた。
付き合っている彼からだ(もちろん夢の中のこと)。
まだ晩御飯を食べていないというので、帰って作ることにしたが、困ったことに材料があまりない。

前に作っておいたスパゲティーのソースがあるが、それで足りるかどうかという気持ちでいる私。
何で夢の中でまでこんなに献身的なんだろうなぁ(T-T)
たまには女王様のように尽くされている夢でも見たいものだ(爆)

で、自分でも不思議でたまらなかったのは、その彼というのが、ななな、なんとしたことか!どういうわけか!!こともあろうに!!!京本○樹だったのには激しく脱力(⌒o⌒;
あきれるのを通り越して、思わず赤面。
ってか、なんで???
前に見た時任○郎の時よりも、もっとびっくり&嫌~~~!
(京本○樹ファンのかた、ごめんなさいまし(;^_^A)
誤解のない様に言っておくが、私はまったくミーハーではないし、京本○樹に関しても、前に何かのテレビで見て、「見かけよりは頭もいいらしいし、いろんな才能もあるのね~」と思った覚えはあるが、とにもかくにもあの見かけが苦手だ。
う~~~ん、自分の頭の中がまったくわからなくなる。
いったい何考えてるんだ?ぢぶんσ(^_^;)

ともかく、あれやこれやととても長い夢だった。
それもそのはず、4時ごろ寝て、目が覚めたのはなんと7時半だった(爆)
これでお昼寝って言えるのか?



072605.jpg

お昼寝の前に、一日中寝ているクータンを撮ってみた。
こんな風に丸まって、フラッシュをたかれても動じることなく爆睡していた。
あんまり気持ち良さそうに寝ているので、ついママもつられてお昼寝しちゃったのよ。
って、クータンのせいにしておこう(爆

Comment

おおお!
編集
夢の話ですね!!
なんかすごい夢ですね。
でも私も昔、祖母の家の二階で
近藤○彦と密会してる夢みた(爆)

おばさん、謝りに来ましたよー
Mayu-☆さんの読み通りでした。
色々とありがとうございました。
2005年07月29日(Fri) 22:54
大変だったね~(;^_^A
編集
kukkaさ~ん、今回は大変だったね~(-_-;)
ほんとになんていうふてぶてしいおばさんなんだろうね。
あまりのふてぶてしさに、もう笑っちゃうしかないくらい。
しかも、ぴったりに用意してるって、何よ~~~
まったく只者じゃないよね(爆)
でも、きっと閻魔様が舌を抜こうと待ってるに違いないわ。
kukkaさん、ちゃんと対応して偉いなぁ。
その後の書き込みに対するお返事も、kukkaさんのお人柄が表れてて、とても感心しました。
本当にお疲れ様でした。

やけどの方は、その後どうですか?
どうぞお大事にね!

2005年08月01日(Mon) 01:26












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。