三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 通院TOPCat ≫ 通院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

通院

バリから帰って、なんやかやとずっとバタバタしていて、まだクータンの料金を支払いに行っていなかったが、やっとのことで今日、仕事から帰ってクータンを連れて病院へ行くことが出来た。
相変わらずおとなしくキャリーバッグに入っていくクータン。
キャリーバッグ=嫌なことという図式が全然出来上がっていない。
猫がいいのか学習能力がないのか(爆)

皮下補液をしていただいた後、預かっていただいてる間のことを伺った。
今回はキャリーバッグを置いてきたので、蓋を開けたキャリーバッグ毎、大きなケージに入れていてくださったらしい。
「蓋を開けて置けば、その方が落ち着くようです」とお伝えしていたので、ちゃんと対応してくださっていたようだ。
先生がおっしゃるには、「いつもキャリーバッグの中に頭から入って、しっぽだけひゅーっと出して寝ていて、なかなか絵になっていましたよ」とのこと。
食欲もあり、全然動じていない様子で、余裕が感じられましたと笑っていらっしゃった。
良かった。
それならストレスが溜まっていたということも、それほど心配はないようだ。
安心すると同時に、クータンたら、どこでもいいの?という気もするが。
いえいえ、クータンだって、ママのそばがいいんだよね~
ということにしておこう。

今回の料金、10泊して毎日お薬を飲ませていただいて、2回の皮下補液、合わせて40000円強。
ちょっとおまけをしてくださったが、それにしても痛い出費だ。
まあ、安心料ってことで(;^_^A

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。