三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2011年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年09月
ARCHIVE ≫ 2011年09月
      

≪ 前月 |  2011年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

便りがないのは・・・

前回のアップから、放置状態ではや半月ちょっと。

特に何も書くことがなかったもので。

えぇ。


まさに



「便りがないのは いい便り」



ってね。




今日は書くことがありますよ~~~~


人生の初体験でございます。




信号待ちで、後ろから思いっきり追突されました。




いや~、瞬間、何が起きたか、わからないものですね。




幹線道路の右折ラインで、信号待ちをしていたんですよ。


で、バックミラーで、後ろの車のライトが動いたのが見えて、「ん?」と思った瞬間、


ど~~~~~ん!



てね。



そのはずみで、前に止まっていたタクシーにドカン!



サンドイッチ状態の、かわいそうな私の愛車ちゃん(T-T)



幸いなことに、痛みなどは今のところなく、ちょっと首に違和感がある程度。

明日まで様子を見て、何ともなかったら特に病院なども行かなくても大丈夫だと思います。




車も幸いなことに走行に支障はありませんでしたが、ちょっと悲しい状態です。


後ろのバンパーに亀裂が入り、フロントは前のタクシーに潜り込んでしまった(私の車は車高が低いので。族じゃないよ~)ため、ナンバープレートのフレームがぐちゃっとつぶれ、フロントに付いていたエンブレムが行方不明に・・・(涙)


や~ん、明日も明後日も仕事なのに、こんな状態で乗るのはカッコ悪い~~




ちなみに、追突したのはBMWのおばさま。

なんでも、直進と左折の矢印信号が出たのを、右折信号が出たとうっかり勘違いして、アクセルを踏んだんですと。


はぁ~?


前の車は見てないって話ですか?

よくわかりませんが、もちろんノーブレーキですから、結構な衝撃だったわけで。



私の車は古いので、エアバッグなんかついてなくて、よかった~(⌒o⌒;

エアバックが開いたりしたら、おおごとですよ。

逆にそれで怪我なんてことにもなったりしたら、大変(笑)



それにしても、びっくりしたな~~~~


誰かに言わずにはいられない感じ。


でも、母には言いませんけどね。

心配掛けるだけだから。

実際には怪我などはないと思いますしね。



さきほど、そのおばさまからお電話をいただきました。

現場で住所・氏名の交換をしたのですが、なんと、ご近所。

同じ町内の3丁目と6丁目ということがわかり、これまたびっくりですよ。



いやはや、人生何が起きるか本当にわからない。


気をつけなくちゃ~


といいつつ、オカマ掘られるのだけは、気をつけようがないもんなぁ(爆)





スポンサーサイト

母、還る

前回のアップから、あっという間に半年(爆)

いやはや、大変ご無沙汰してしまいました。

この間、ご心配くださったみなさま、ごめんなさい&ありがとうございます。



あ~、あっという間の半年でした。


前回の記事の後、取手の介護施設にお世話になっていた父は、

なんと!!

地元S区の特養施設に受け入れてもらうことが出来ました。


男性の二人部屋に、エキストラベッドを入れていただき、車で20分ほどの距離に落ち着くことが出来、本当にありがたいことです。



今日も行って来ましたが、本人もそこが気に入っているらしく、とても穏やかなボケ老人になっています(笑)




逆に心配だったのが、すっかり引きこもりになっていた母。

外が暑いから、ということもあったのですが、もともとどこでも車で移動する田舎暮らしで足腰が鍛えられていないので、東京の電車での移動なんて、はなから無理。
なので、どこに行くにもいつも私が車で連れて行っていました。

せっかく東京にいるのだから、と、月に一度は歌舞伎を観に行ったり、知り合いからチケットをいただいて宝塚を観に行ったりと、この機会を十分生かしてはいたんですけどね。


でも、やっぱりね。




田舎の方も、お年寄りはどんどん帰宅しているということで、母のお友達もみんな自宅での生活に戻り、「後はKさん(母)だけよ~」なんて言われると、どうも里心がついてしまったようで。


ただ、父がこちらで施設に入っているので、自分が帰ってしまうと私に父を押しつけてしまうことになると思い、気にしていたようです。

いや、世話って言ったって、時々バナナ届けに行くくらいだから(笑)




今回の震災や原発騒動では、大変な中にもいろんなことがいい方にいい方に転がって、「不幸中のBEST」な状態になったと思います。

後は、母が好きなように自分の人生の時間を過ごして欲しい。

そのことだけです。



人間、いつ何時どんなことが起こるか分からない。

そんなに残り多くないであろう母の人生、自分のために大事にして欲しい。



心からそう思いました。



で、28日の日曜日、母は家に帰りました。


すっかり太って8.4キロになったレオを連れて(爆)




レオも一時は、口内にガン?!!

なんて心配した時期もあったのですが、幸いなことにガンではなかったようで、すぐに元気を取り戻し、後は毎日みおんのお尻を追いかけてしつこく匂いをかいで怒られてみたり、たまには「うるるる~~~ん♪」なんてラブコールしてみたり。


嫌がるみおんに無理やり馬乗りになって、舐め舐めしたり。


みおんはみおんで、わざとレオを挑発して部屋中をすごい勢いで追いかけっこしたり、本当に仲良く喧嘩する二人でした。



もうしばらく会えないね~



母を福島駅まで送って、迎えに来ていた兄に引き継ぎ、私はそのままUターンして来ましたが、帰りの新幹線の中から、福島の山々の深い緑、青い空を見ていたら、なんだかこみ上げるものがありました。



何も変わっていないように見えるのに。




また一人と一匹の生活に戻りました。


母とレオがいなくなって、みおんはすごく甘えっ子になりました。

田舎では、レオも同じように甘えっ子になっているそうです(笑)



さあ、私もぼちぼち行くか。


まずは痩せなきゃ(爆)




またよろしくお願いします。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。