三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2009年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2009年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年02月
ARCHIVE ≫ 2009年02月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2009年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

帰省から戻って その2

すっかり風邪っ引きです~~~(T-T)

昨日一日と今日の昼間はダウンしていて、やっとブログでもアップしようかなと言う気になって来ました。


父の介護をする母の負担を少しでも減らすことが出来ればと思い、18日から24日まで、実家に帰っていました。

帰省した翌日、19日には、母と一緒に市役所に行って、介護認定の申し込みをして来ました。
ずっと前から、電話で「介護認定の申し込みをしたら?」と言い続けていたのですが、どうも母一人ではその気になれないらしく、「今度帰ったら、一緒に行こうね」と約束をしていたのです。
見た目は実年齢よりは若くてまだまだしっかりしている母ですが、そんなところはやっぱり母も年を取ったのかなと、ちょっと寂しくもあり。


窓口の方もとても親切に説明してくださり、「行ってよかったね」といいつつ、その帰りに近くのスーパーまで足を伸ばしたら、偶然、同じようにご主人の介護をされている母のお友達にばったり出会いました。
その方はもうすでに介護認定を受けられ、利用していらっしゃいます。

母が、介護認定の申し込みをしてきたことを話すと、ご自分の担当をしていらっしゃるケアマネージャーがとてもよい方だと薦めてくださいました。
こちらとしては何もかも初めてのことでもあり、どんな方がケアマネージャーになってくれるかということはとても大切なことだと思い、さっそくその方をご紹介いただくことにしました。

家に戻ってその方に連絡してみると、ちょうど翌日スケジュールが取れるということでさっそく来て下さいました。

優しそうななかなかイケメンの男性で、父の様子の話も丁寧に聞いてくださり、母の大変さにも理解を示してくださって、側で聞いている私も安心出来るような良い方のようです。
これなら安心してお願い出来そう。

その時にも、デイサービスで利用する施設のお勧めのところなどをいくつか上げてくださって、話はとんとん拍子に進んで行きそうです。
何より、家族以外にも、母の大変さを受け止めてくれる方が出来たと言うことが、何より母の力になると思うのです。

24時間、あまり良くない状態の父と二人きりでいる母の精神的負担は、想像するだけでも大変なものがあります。

父は、年がら年中、口を開けばおかしなことばかり言っていて、体も思うように動きませんし、衣服もうまく着られず、母のこともはっきりとは認識していない様子。
どうも、母のことを「母に良く似た別の人」と思っているようです(爆)
私のことはどうなんでしょうね~?
「子供はまだなんですか?」とか聞くところをみると、かなりアヤシイ(⌒o⌒;

夜は、部屋まで連れて行ってお布団をかけてあげないと、自分ではちゃんと出来ないようです。

それでも夜中に起き出して来て、リビングで一人で何時間か過ごしてまた戻っていくようですが、「起き出して来たのがわかると、『あぁ、またか・・・』と思うのよ」という母の気持ちを思うとかわいそうで。

私が帰っていても、そんな時に特に何が出来るというわけではないのに、それでも「あなたがいてくれるだけで気持ちが楽」と言って喜んでくれる様子を見ると、普段どんな気持ちでいるか、切なくなってしまいます。


認知症は、なってしまった本人も、いつも不安に駆られたりしているようで見ていて切ないものですし、介護している方も大変な思いをする、本当に救いのないものなのだな、と思います。

せめて、介護サービスを受けて、母の負担が少しでも軽くなるといいのですが。


今日は、市の担当の方が介護認定の査定に来てくださったそうです。
市の方の介護認定が降りるにはまだ時間がかかりそうですが、ほぼ認定は受けられそうとのこと。
明日には、ケアマネージャーの方が調書を作りに来てくださることになっています。


市の窓口に行ってみたら、その帰りに偶然お友達に会って、いいケアマネージャーの方に巡り会うことが出来て、本当にラッキーだったと思います。

「実際に動き出せば、どんどんいい方向に回っていくんだよ。動き出してみて、よかったね。」

と、母と喜び合いました。


後は、一日も早く、サービスが受けられるようになりますように。







今回、母に「あなた、変わったわね」 と言われましたσ(^_^;)


実は、前回も今回も、少しでも母の負担を軽くすることが出来るようにと、私にしては珍しく(爆)、まめにお掃除をしてみたり父の面倒も見てみたり、私なりにいろいろ出来るだけの動きはしていたつもりなのですが、そういうことだけではなく、母からはそんな風に見えたらしいのです。

で、ふと思い当たりました。



私を変えてくれたのは、クータンかもしれないって。



クータンを介護していたあの期間、いろんなことを感じて考えて、私の中で何かが少し変わったのかもしれません。


何が変わったんだろう?





許容量 かな。


クータンを介護しながら、クータンを喪ってしまうであろうことが辛くて悲しくてたまらないのに、それでも仕方がないと受け入れるしかないんだ、と思った時から、いろんなことに対する許容量が増えたのかもしれません。


父だって、なりたくて認知症になってしまったわけじゃない。
実際、自分がしでかした失敗を、「どうしてあんなことしてしまったのかな・・・」と、後から考えている様子を見ると、気の毒でなりません。
そして、そんな父を一日中見ていなくてはならない母は、言うに及ばず。


そんなすべての状況の中で、誰が悪いわけでもない。
ただ、一番良いようにして行くしかないんですよね。


こんな気持ちになれたのも、クータンとのあの時間があったから。
クータンが、私を成長させてくれていたのだと思います。


クータン、ありがとね。


ママは、クータンにたくさんのことを教えてもらったよ。

これから、そのことを精一杯役立てていくからね。


もしかしたら、クータンは、こんなこともちゃんとお見通しだったのかもしれないね。





スポンサーサイト

末期症状?

う~~~ん、困った困った (>_<)

以前から絶不調のデスクトップPC。

買った当初からフリーズするのは日常茶飯事。

それでも5年近くだましだまし使って来ましたが、この半年くらいは、どうもモニター画面までおかしくなってしまった模様で、突然真っ白になってみたり、真っ暗になってみたり。

もういい加減いやになってしまって、バンバン叩きながら使っています。

えぇ、叩くと写るんです。 モニターが(爆)



どうしても調子が悪い時にはサブのノートPCを使っていますが、一つ大きな問題が・・・


ノートPCには、画像が入っていないのです。
なので、画像つきのブログ記事がアップできない(T-T)


ノートPCをメインに使うようにすれば良いのですが、デスクトップに比べると格段に処理速度が遅くてイライラするし、何よりもこののっぺりしたキーボードが苦手。

普段はデスクトップのキーボードでかなり早く文字打ちが出来るのに、ノートPCだとなんだかミスタッチが多くなって、それまたストレス。

あ~~~、新しいデスクトップPCが欲しいよ~~~(T-T)

って、買えないからこのまま我慢するしかないんですけどね。

せめて使い慣れた画像処理ソフトが入っているHPビルダーでも買おうかな。

でも、画像処理ソフトのためだけに買うのも悔しいしなぁ。


ってことで、デスクトップPCがご機嫌を直してくれるのを待っているところです。


2、3日使わずに置いておけば、またさくさく動いてくれるようになるんですよ、これが。


いったい、どういうことなんでしょうかね~?


夢を見て 涙ぽろぽろ

夕べはなんだかなかなか寝付けずに、いつものようにMoguちゃんを抱っこして、「クーターーーン、クータンはいつも虹の橋の袂でご機嫌でいるんだよね~?」なんて、一人でぶつぶつつぶやいてみたりして。

明け方の4時を過ぎてから、いつの間にか眠りに落ちたようでした。

そして、こんな夢を見ました。







場所は、宇宙基地かどこか(笑)

そこで戦い(反乱?)が起こり、私は片方の将軍ですσ(^_^;)

いろいろ紆余曲折はあったものの、私の軍が勝利を収めました。
よく思い出せませんが、あんなことやこんなこと、結構怖い思いもしたりなんかして(爆)


負けた方の将軍と副将が連行されてきました。

本当に悪いのは、痩せた背の高い副将の方。

でも、負けた方の将軍も、それを押さえられなかった罪で、処刑は免れません。


二人が引き立てられて行こうとするまさにその時、彼の部下が籠を持って進み出て来ました。

「最後に、これをもう一度将軍に・・・・」




籠の覆いを取ってみると、そこには1匹の猫が。

いつも片時も離さずにいるほど、彼はその猫をかわいがっていたのでした。


彼は、もう二度とその子に会うことは出来なくなるのです。

そう思ったら、クータンに対する想いが重なって、涙が溢れて来ました。


「大丈夫。 この子のことは、私が責任を持って守るから」


そう心の中で思いながら、彼に最後のお別れをさせようとその子を抱き上げると、その子は一瞬不思議そうな顔をした後、私の涙をペロペロと舐め始めてくれたのです。


たまらなくなって、つい嗚咽をした瞬間、リアル嗚咽で目が覚めましたσ(^_^;)






目が覚めてみると、本気で泣いてましたよ(笑)

たまにあるんですよね、夢を見て本当に泣いてしまうことが。

久々のことでしたけどね(⌒o⌒;




猫の夢を見て泣いても、それはクータンではありませんでした。

その子は女の子ではあったけれど、三毛猫さんぽい子でしたから。

でも、あの「もう2度と会えないんだ」という想いは、確かにクータンに対するものでした。


自分が出てきたら、私がもうどうしようもなくなることがわかっていて、クータンは登場するのをやめたのかな。

どこまでも優しい子だな、なんて、勝手に思ってみたり。




いや、それにしても、こんなストーリー性のある夢を見る私って、もしかして天才?σ(^_^;)


はい、あくまでも前向きです(笑)



お泊りメイちゃん

2月5日から9日まで、またまたメイちゃんをお預かりしました。

今回は4泊5日です。


もうすっかりうちにも慣れたようで、キャリーから出るなりノビ~ッとしてくつろいでくれたメイちゃんですが、やはり最初の2晩は、何かを探すようにして鳴いていました。



0601sofa.jpg

でも、とても元気にじゃれて遊び、ソファの上に置いたお布団の上をボフボフ走り回って、勢い余ってリビング中を駆け回り、しまいにはハァハァ言うほど(* ̄m ̄*)

ほんとに元気が出て来たね。





3日目の午後、カイカイの調子も良さそうだと思ってちょっと目を離した隙に、腕のところに大きな舐めハゲを作ってしまったので、お持たせの袖着きの防護服(?>笑)を着せたら、すっかり意気消沈(⌒o⌒;

0806window.jpg

メイちゃんの目がちょっと恨めしそう?(笑)
すごく良く似合ってるんだけどね~

0811window.jpg



9日、moomamaがお迎えに来てくれた時に、協力してもらって、かわいいメイちゃんの撮影に成功!

0903window.jpg

遊んでいる時にはいつもとてもかわいいお顔なのに、一人でじゃらしながらシャッターを切ることが出来ないので、なかなかチャンスがありませんでしたσ(^_^;)




0901window.jpg

ほら、これなんか、とってもかわいい~♪

元気に遊ぶようになって、メイちゃんの表情も少しずつ変わって来たような気がします。
お目目の上のラインが丸くなって来たというか・・・(* ̄m ̄*)





ちっちゃくてフワフワで甘えっ子のかわいいメイちゃん。

また遊びに来てね。


いつの間にか

2月に入って、まるで春が来たような暖かい日があったり、ふと気がつくと、私のベランダも少しずつお花が増えて来ていました。


一番に咲き始めたワインカラーのクリスマスローズは、もうこんなに満開。

0301hellewine.jpg





0311helleboo.jpg

ちょっと似た感じですが、こちらはまた別のお花。

なんとなく惜しい感じ(笑)が漂っていて、私は心の中で「ブー子ちゃん」と呼んでいます。





0703atro.jpg

今年も山盛りに咲いた アトロルーベンス

実物はもう少し渋くていい色です。

ダブルのはずのプラグ苗から育てて、最初にこのお花が咲いた時には、「あぁ、外したか・・・」と思ってがっかりしたものでしたが、今となっては結構お気に入りです。



1016atro.jpg

ちょっと作為的に、上を向かせて撮ってみました(笑)
まん丸のお花がかわいいでしょう?


0701wakap.jpg

こちらもまん丸 頂き物のピンクとグリーンのバイカラーのオリエンタリス。
2002年から6号くらいの鉢に植えっ放しですが(爆)、毎年良く咲いてくれます。





0705wakap.jpg




1017croa.jpg
ちょっと山野草のような雰囲気の クロアチカス

チビチビで咲き出してから、少しは茎が伸びて来たものの、まだこんな感じ。

背が高くなるころには、真ん中の蕊が落ちてしまうのが残念。

でも、これもとってもお気に入り。




白のダブルも咲き始めました。

1015ww.jpg



クリスマスローズ以外のお花はというと・・・


ひっそりと咲いていたクレマチスの日枝

0314clehie.jpg

本来は冬の初めに満開になるはずだったのですが、クータンにかかりきりになっていて何度か水切れ気味にさせてしまい、たくさん着いていた蕾がみんなシケてしまいました(⌒o⌒;

今になって、枝の先にポツポツと2つ3つ咲いています。

ごめんね。 来シーズンはちゃんと咲かせてあげるからね。




ポツポツと咲いている椿 紅卜半

0714beniboku.jpg

どういうわけでこんな形になるのか、自然の造形って、ほんとに不思議。




1006beniboku.jpg

年々たくさん咲くようになっていますが、今くらいの気温だと、なかなか一気にというわけには行きません。

早く豪華にならないかなぁ。





0712okiza.jpg

オキザリス バーシカラーも、鉢いっぱいに咲いています。






いつの間にか、春はもうすぐそこまでやって来ていたのですね。

また楽しみな季節が始まります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。