三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2008年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年05月
ARCHIVE ≫ 2008年05月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2008年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

咲くと雨(T_T)

今年の春後半は、バラが咲くと雨になって、すぐに情けない状態になってしまいます。
なんだか悲しいなぁ。

これは少し前の画像ですが、つるソンブロイユが咲きました~♪

この春はたくさん着いた蕾がほとんど自爆してしまい、今年の春は咲かないのかなと思っていたのですが、12個くらいは無事生き延びてくれたようです。

2603somb.jpg


遅咲きのザ・フェアリーも咲き始めました。
2602fairy.jpg

今年はすくすくと成長して、葉っぱも綺麗お花もたくさん。
これもコフナ効果に違いありません。
だって、もう何年も植え替えしていないのですから(⌒o⌒;

ずっと、「似ている似ている」と言い続けて来た、この二つのバラ。
2606dbmfk.jpg

完全に開花した状態でも、やっぱりよく似ています。
左側がスーベニール・デリゼバルドンで、右側がマドモアゼル・フランチェスカ・クルーガーです。
ほんのわずかな違いといえば、デリゼバルドンの方が、ちょっと香りが強いかも?

それにしても雨の多いこのお天気、どうにかなりませんかね~?(T_T)

スポンサーサイト

自宅輸液その後

3日に一回のクータンの自宅輸液。

何の問題もなく進んでいます。

ま~ほんとにクータンのおとなしいこと。

背中に針を刺す時にこそ、ちょっとだけ背中の皮がピクピクッとしますが、その後は液が入っていく間もず~っと動きません。

完全に手を離して写真を撮っていても、この通り(笑)
052601yueki.jpg

撫でるとゴロゴロまで言って、ま~~~ったく気にもしていません。
なんて健気な子なんでしょう(TーT)

これだったら圧をかけなくても大丈夫なようなので、今では自然落下にしています。
ちょっと時間はかかりますが、ゆっくり入れた方がクータン的にも楽でしょうから。

療法食もきちんと食べてくれてお薬も簡単に飲んでくれますし、輸液もこんなにおとなしくさせてくれて、クータンは本当に天使です~~~(毎度の親ばかσ(^_^;))

っていうか、そもそもにゃんこは、噛み猫だろうがイタズラ猫だろうが、怒りんぼ猫だろうが、存在しているだけでみ~んなそのまんま天使なんですけどね♪


ベランダ拝見♪

お昼過ぎに一仕事が終わり、今日はその足でMintmama!のお宅にお邪魔してきました。
去年からバラにはまったMintmama!のベランダには、うちにはないバラがたくさんあるので、拝見するのが楽しみ~♪

到着して、先客の皆様へのご挨拶もそこそこにベランダに直行する私σ(^_^;)
大変失礼いたしました~~~(汗)

Mintmama!のお宅のベランダは、幅もあって奥行きもあり広々としています。
01all.jpg

ちょうどいろんなバラが咲いていましたが、まだまだ置ける!
まだまだイケる!(笑)

ゴールデン・セレブレーション
04golden.jpg

柔らかい黄色がいい感じ。

比較的新しいイングリッシュローズの コーヴェデイル
03corve.jpg

かっ、かわいいぃぃぃ~~~~♪
画像で見ていた時にはわからなかったのですが、まるでコンテ・ド・シャンパーニュのピンク版のような素敵なお花。
うちにあるへザー・オースティンに似ているのかなと思っていたのに、全然違いました。
花びらがもっとしっかりしていて日差しにも強そうな感じですし、いいなぁ。

一番クラクラっと来たのが、この色具合。
02corve.jpg

咲いて少し日が経つとこんなにやさしいピンクに褪色して、濃いピンクのお花とのグラデーションがとても綺麗。
う~~~、このバラ、欲しいかも。
ちなみに、Mintmama!のこの株は○し木なのだそうですが、すでに立派な株になっていました。

クレマチスもこんなに綺麗に咲いて。
05cle.jpg

左側の濃い色が アフロディーテ・エレガフミナ 
右側の淡いブルーが プリンス・チャールズ です。
これをこのままコーヴェデイルと合わせたら、それはそれは綺麗だろうなぁ♪
Mintmama!、ぜひやってみそ~

プリンス・チャールズのアップ
06princecharles.jpg

ずっと前から気になっていたクレマチスなのに、なかなかご縁がないままでしたが、今回、Mintmama!に挿し穂をいただく約束をしたので、楽しみです(* ̄m ̄*)

な~んて、うまく出来るかどうか、わからないんですけどね(汗)

その後、バラと草花の配置についてちょっとアドバイスさせていただいたりして。
やっぱりバラだけを集めておくよりも、間にちょっと草花やクレマチスを置くと、ぐっと自然な雰囲気になります。
好きなように配置換えが出来るところが、ベランダガーデンの利点ですもんね。

まだまだスペースのあるMintmama!のベランダ、これからがますます楽しみです(* ̄m ̄*)


その後、お友達のお持たせのケーキをいただきつつおしゃべりして、本当はもっとゆっくりとお邪魔していたかったのですが、今日は朝から出かけていることもあってクータンのことが気がかりだったので、夕方にはおいとまして来ました。
次回は電車で行って、ぜひともゆっくりさせてね~

それにしても、バラはやっぱり実物を見てみないとわからないことがたくさんあるのですね。

う~~~ん、コーヴェデイルゥゥゥ~~~~!!


いい子のクータン

しばらくクータンのことを書いていませんでした。

5月初めの血液検査で、BUN=77 Cre.=3.2  という、今までで一番悪い数値が出てしまい、自宅輸液を開始したクータン。
とてもおとなしく輸液させてくれます。
ほんとうに涙が出るほど従順な良い子です(TーT)

ホットカーペットの上に寝ているクータンに輸液の翼状針を刺して、私はソファーの上に上がって、吊るしてある輸液パックを押すのですが、その間、何事もないようにず~っとおとなしくしています。
たまに降りて撫で撫ですると、ゴロゴロ言ったりして。
これだったら、圧をかけずに自然落下での点滴も可能なくらいです。

相変わらず食欲もばっちりあって、一日にk/d缶1缶とドライを少々食べてくれます。
クータンの体重からみたら、ちょっと多いかも?と思うくらいの食欲で、何の心配も要りません。


ところが、このところ、後ろ足の力がめっきり弱ってしまいました。
かなり良くない状態です。

前足は普通に動くのですが、後ろ足が利かず、あまり歩こうとしません。
たまに歩くと、2、3歩歩いてはへたり、また少し歩いてはへたりを繰り返してしまうのです。

ホットカーペットの上にいても、座っていると前足がスススーーーッと滑って寝てしまったり。

ご飯の用意をしてクータンを連れて行っても、後ろ足がうまく踏ん張れないので、こちらがちゃんと後ろ足を開いて踏ん張れるようにしてあげないといけません。
自分ではうまく開けない模様(⌒o⌒;

で、やっぱりそのうち踏ん張りが利かなくなって、食べながら体が回ってしまうのです。

ご飯を食べるのにこんな様子ですから、トイレのときなどは言うに及ばず(爆)
もうヨロヨロです。

これは、トイレに入ろうとしたのに、足がへたっているところ。
052303hetari.jpg

後ろ足が利かなくなっています。
こんな感じで、しまいにはここでこのまま横になってしまって・・・(T_T)

夕べは、ベッドから降りるのにとうとう転げ落ちてしまいました。
もうベッドで一緒に寝るのは無理なのかなぁ。
リビングにお布団を敷いて、そこで寝ようかな、なんてことまで考えてしまいました。

今は、暇を見ては後ろ足のマッサージをしています。
そんなことくらいしか、してあげられることがないから。

もしかしたら、このまま寝たきり街道まっしぐらかもしれません。

でも、いいのです。
生きていてさえくれれば、抱っこして撫で撫ですることもできますから。

なんていいつつ、ちょっと切なくなってしまう今日この頃のクータンです。




実は、今年も仕事で海外に行かなくてはなりません。
6月と7月の2回。
おまけに今年はどちらもハワイ(爆)
ちなみに、6月は、諸事情により今までよりも4日短くなって4泊6日、7月はタッチ&ゴーの3泊5日です(爆)

でも、今のクータンの様子を考えたら、短いのがかえって好都合かもしれません。

なんだか気になるなぁ。
ハワイは大好きですけど、かなり複雑な心境です。


ほんとにバラバラ

って、オヤジギャグじゃないですよ~(⌒o⌒;
今年のバラは、ほんとにバラバラに咲くのです。

あれ?やっぱりオヤジギャグ?(爆)

グラミス・キャッスル
2302glamis.jpg

前に3輪ほど開花して、しばらく間が開いて、やっとシュートの先の蕾が咲き出しました。
いつもは、一気にパ~ッと咲いてくれるんですけどね。

たくさんの蕾が自爆してしまったソンブロイユですが、10個くらいは咲いてくれそう。
2305sombcaro.jpg

これまた、先に3輪ほど咲いたところで自爆が始まり、このところになって残りの蕾がほぐれ始めて来たと言うわけで。

ファンタン・ラトゥールは、今日で全部の蕾が開きました。
2303fantanelega.jpg

一季咲きなので、後は来年まで見られないかと思うと、ちょっとさびしい(T_T)
クレマチスのエレガフミナとのツーショットも、見納めですね。

ちょっと盆栽風な感じもするツルバキア
1801turu.jpg

す~っと伸びた茎の上に、かわいいお花をつけます。
2201turu.jpg

去年は、今頃から冬までずっと途切れずに花芽があがり、びっくりしました。
花期が驚くほど長いのです。
冬に株分けして、何人かのお友達のところにお嫁に行きました。
嫁ぎ先でも、かわいがってもらってね。

猫友のひぴさんのところからお嫁に来たネモフィラは
2301nemo.jpg

まだこんなに咲いています。
ネモフィラって、こんなに花期が長かったっけ?

お嫁に来たはいいけれど、なかなか焦らしてくれるワーレンベルギア・メルトンブルーバード
2302warlen.jpg

蕾が出現してから、咲かないのなんのって(笑)
やっとここまで来て、明日には咲いてくれるのかなぁ?

チビ苗から大きくなったラークスパー
2203delphy.jpg

たくさんの花穂を上げていますが、ちょっと暑苦しい色~~~(⌒o⌒;

最後に、クレマチスのプリンセス・ダイアナとベティー・コーニング
2301dianabetty.jpg

今年は、ベティーさんの花着きがあまり良くありません。
75センチくらいの野菜用の深型プランターに、ベティーとダイアナとニオベが植えてありますが、ついに根っこがいっぱいになってしまったかなぁ。
でも、もう植え替えようにも出来ない状態になっているので、なんとかこのままがんばってもらうしかありません。
ニオベは完全に負けてしまって、もうほとんど咲かない状態で、ベティーとダイアナの女性対決になっています。
さて、どちらに軍配が上がるのでしょうか?(違)

って、いや、勝負事じゃないんですから、両方うまく元気になってくれるといいんですけどね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。