三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2006年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2007年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年01月
ARCHIVE ≫ 2007年01月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2007年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

踏んだり蹴ったり

今朝、クータンを獣医さんに連れて行きました。
(サワヤカ先生ではない方の、元々のかかりつけの病院です)
実は、何日か前、空ケーをした日、目の中で出血していたのです。
それに、まったく食べないというわけではないけれど、なんとなく食欲が落ちているように見えること、少し前から口をクチャクチャさせている時があるので、腎不全の具合が心配だったことから、血液検査をしてもらおうと思ったのです。

病院に到着すると、先に診察室に猫ちゃんが入っていて、待合室は私一人。
そんなに待たなくてもいいみたいで、よかった。
と思っていたら、後からビーグル犬を連れたおばちゃんが入ってきた。

げ・・・( ̄□ ̄;) 
私の嫌いなおばちゃんだ。
最近、この病院に来ることは滅多にないのに、どういうわけかいつもこのおばちゃんと鉢合わせする。
ついてない。

だって、このおばちゃん、犬のしつけがまったく出来ていないのだ。
今日も、クータンのキャリーバッグを椅子の上において、その前に私がかがみ込んで正面をガードしていたら、そのビーグル犬め、私の膝に足をかけて、クータンのキャリーバッグの側面に鼻を付けてフンフン嗅ぎまくりやがった( ̄‥ ̄)=3

おい!こら!
ちゃんとリードを引っ張って、自分のところに引き付けて置きなさいよ!!

このおばちゃんは、いつもこう。
自分の犬が好き勝手しているのを平気で放っておく。
まったくどういう神経をしてるんだ( ̄‥ ̄)=3

「すみません。リードを引いていただけますか?」といったら、
「ほらほら、猫ちゃん、怖いんだってよ」
と来たもんだ。


ばぁぁっかやろぉぉ~~~!!



あんまり呆れて、口あんぐりですよ。
ババア、頭悪すぎ。


なんでも、自分のうちでは猫も飼っているので、その犬は猫が好きなんだと。

それはお前のうちのことだろうがっ。

他所様の猫はたいていのところ犬なんか大っ嫌いなんだよっ。

そんなこと、子供だって知ってる常識だろうがっ。

お詫びの言葉の一つも言わないで、それかよ。


おまけに、受付が間違えてそのババアを先に呼んだら、先に来ていた私に何の一言もなくさっさと診察室に入って行ってしまった。

普通、変に思わないか?おばさんよ。
一言「あら?こちらが先でいいんですか?」くらい言わないか?大人として。
アンタに良識を求めるのは、土台無理な話だと思うけどさ。

相手が馬鹿なオバサンだとわかっていても、ヒッジョーーーに不愉快な思いをしました。


で、クータンの血液検査の結果が、これまたがっくり。

BUN 48.5   Cre 2.2

BUNは、このところなかったほど悪い数値でした。
やっぱり口をクチャクチャしていたのは、気持ちが悪かったのね。

目の出血のことも聞いてみたのだけれど、今日は出血が見られなかったので、先生はよくわからず。
少し前にクータンが空ケーをしたのは、目の出血が起こる直前だったので、私としては「もしかしたら目の激痛か何かで吐いたのでは?」と言う気がして仕方がなかったので、そのことを言うと、「そうだとしても、原因がはっきりしない限りは対処療法も取れません」という。

原因を突き止めるためには、また目の専門医に連れて行かなければならない。
専門医についても、前に行ったところにはもう二度と行きたくない旨を伝えると、調布の方に大学病院があるというが、目の検査のためには鎮静化させる必要があるかもしれない、つまり、麻酔をかけるわけだから、それはクータンには無理な話で、じゃあ、どうやって原因を突き止めるって言うのよ?

慎重な先生なので、確かに言うことはわかるんだけど、原因を突き止めることが出来ない現状なんだから、その中でなにか手探りでもクータンを楽にしてやれる方法は模索してくれないの?
痛いかどうかだって、それは確かにわからないけど、いつも一緒にいる飼い主としては、クータンの様子を見ていればなんとなく感じるところはあるんだけどなぁ。
数値で確認しないとダメなんですか?

じゃあ、いったいどうしたらいいの?



なんだかちょっと落ち込んでしまった。
活性炭についてもちょっと聞いてみたけれど、どうも今までのクータンの経緯をまったく覚えてないような発言もあったし(これは前々からちょっと感じていた)、もうあの病院は行かないかも。



そんなこんなで、がっくりしながら帰ってくると、今度は騒音だよ・・・(-_-;)

一階の店舗部分がバイク屋になるというので工事が始まり、今日は天井(つまりうちの部屋の床下部分)を、「ガガガガガッッッ!!!」と、ものすごい音ではつっている。
床に立っていると、轟音と共にビリビリと振動が伝わって来るほど。

肝心のクータンはものともせずに落ち着いているからいいようなものの、これが癲癇発作を起こしていたころだったらと思うと、ぞっとする。
早く終わらないかなぁ。


まったく踏んだり蹴ったりの一日だった。

クータンは、帰って来てからはすぐにゴロゴロ言っていて、そんなに不調な様子ではないけれど、やはりいつものような食欲はない。
食欲がなくなるって、本当に心配。
なにしろ、いつもは爆食女王さまのクータンだから(⌒o⌒;


明日、明後日は一日中仕事で身動きが取れないけれど、今度はサワヤカ先生のところに行って、相談してみよう。
ちょっと皮下輸液に通ってみようかとも思っている。
クータン、ちょっとだけ待っててね。






スポンサーサイト

やられた~(>_<)

このところ、ちょっとケー気味のクータンです。
先日は、お布団から出ていたところで、いつものように「クケッ!クケッ!」と前置きがあったので、敷いていたバスタオルで寸前キャッチ!!
あ~、セーフ(;^_^A

ところが今日は、前置きもなくいきなり大量のケー。
それもお布団の中で(T-T)

前置きがなかったのか、それとも寝ていて気が付かなかったのか・・・
普段なら「クケッ!クケッ!」と来たところで目が覚めるはずなのに、今朝は「ケーーー」で目が覚めましたよ。

慌ててガバッ!!とお布団をめくって、タオルケットに付着するのは阻止したものの、時すでに遅し。
シーツの上にはこってりとケーが乗っている。

と、またもやケー第2弾の気配なので、慌ててバスタオルを取ろうと思って、フリースのズボン(古い?(^◇^;)にもこってりと付いているのに気が付いた。

や、やられた~~~ (>_<)



お布団の上ですることはあっても、一緒に寝ていてお布団の中でケーをされたのは初めてです。
クータン、珍しいね~、こんなところでするなんて。
よほど突然だったの?

いつもならケーがシーツを通ってベッドスプレッドに沁み込まないように慌てふためくところだけど、今回はちょっと余裕。
シーツの代わりにマイヤー毛布を敷いていて、よかった。
コットンシーツと違って、簡単には水分が沁み込んで行かないので、大量のケーも大丈夫でした。


冬になると、クータンはコットンシーツの冷っとする感触が嫌いなようなので、厚手のマイヤー毛布をシーツの代わりに敷いている。
こうすると私も暖かいし、上にかけるお布団も厚くしないで済むので、クータンもお布団の中で重い思いをしなくて済むし、一挙両得というものです(^-^)vブィ!


ただね~、ケーをふき取った後、お洗濯するのがちょっとだけ大変でしたけどね(T-T)
でも、それも洗濯機がやってくれるわけだし、後は乾くのを待つばかり。
タオルケットも洗う羽目にならなくて、よかった。
だって、部屋の中にはそんなにたくさん干すスペースがないもの。
うちはなんでも、「完全室内干し」ですから(⌒o⌒;
そういう今も、リビングにはどど~~~んとマイヤー毛布が干されています(爆)


早く完全に乾かないかなぁ。

クータン、今夜もあったかモフモフの毛布シーツで、ぬくぬくしながら一緒に寝ようね♪


ただし、しばらくはもうお布団の中でケーをするのはやめてね (^人^;






ちなみに、クータンのケーの理由ですが、どうやら踏ん張りケーだったようです。
午前中は絶食させて、午後からご飯を食べて、今はもうすっかりご機嫌でいつものように寝ています。

ただ、いつもよりはちょっと食欲が少ないような気がするのが気がかり。
様子を見て、明日の様子によっては病院に連れて行ってみようかと思っています。
よくゴロゴロは言っているので、大丈夫だとは思うんですけどね。



最後のバラ

シーズン最後のバラが咲いています。


2404pat.jpg

パット・オースティン
寒い時期の方が綺麗なバラです。
いつぞやの冬は、年を越してから11輪も咲き、それはそれは綺麗でした。
今年は、もうバラの剪定などを済ませたので、蕾のうちのいくつかは切ってしまい、3輪だけ残しました。
全部切ってしまえばよかったのですが、なんとも思い切りの悪いことで・・・(;^_^A


寒くて丸まっているへザー・オースティン
2403heather.jpg

本来はポッカリと開いて花芯が見えますが、さすがに冬はそういうわけには行かず、まるでお団子(笑)
大きな蕾だったので切らずに残してみましたが、これなら切っても良かったかも(^◇^;

このところあまりちゃんとお世話をしていなかったバラたち。
これまでは、めんどくささも手伝って無農薬で来ましたが、やはり害虫の増加は否めません。
今年からはちょっと心を入れ替えて、せめて木酢などの自然のものを中心にして、きちんとお薬も撒いてみようかと思っています。

とりあえず「コガネムシの幼虫撲滅年」と位置づけました!





最後のバラが咲いている一方で、ヘレボラスの2つ目が咲き始めています。
2405helle.jpg

花茎がとても短く、このすぐ下は根元(⌒o⌒;
でも、見れば見るほど、どうしてこの株を購入したのか、自分でもわかりません(爆)
あんまり、ってか、全然かわいくないかも~

前にも一度載せましたが、冬咲きクレマチスの 日枝
2402hie.jpg

まだがんばって咲き続けています。
冬は、咲いているお花のもちがとても良いのがうれしいですね。

温まらないワケ

うちのリビングはいつも薄ら寒い。気がする。
なのに、クータンはせっかく買ってあげたレンジでチン!には見向きもせず、今日もヒーターにべったり添い寝。
そんなにくっついて寝るほど寒いの?と、いつも申し訳なく思っていた。

でも、たまにヒーターがゴウゴウ燃えて、すごく温まることもあるのに、あれはいったい何なんだろう?
ずっと理由がわからずにいた。


このところの冷え込みで、なんだか寒いなぁと思って、ヒーターに表示されている現在室温を見てみると、「23度」
うそっ?!!
これって、絶対うそだから。もっと寒いから。

と思って、ふと考えた。


ん?もしや・・・・

ヒーターにべったりくっついているクータン。
0122heater1.jpg

これはまだ離れている方です(爆)

そして、ヒーターの表示室温は
0122heater2.jpg



ここで、爆睡中のクータンに気付かれないように、ムートンをそ~っと離してみた。
0122heater3.jpg



しばらくしてヒーターを見てみると
0122heater4.jpg

19度だよ・・・

今では表示は18度まで下がってますよ。


自動的に室温を感知して、勝手に燃えたり弱まったりするヒーターは、クータンがくっ付いていることで、室温を実際よりも高く感知してたのね。
これじゃ部屋が温まるわけがない。
道理で寒いわけですよ。
たまにゴウゴウ燃えていたのは、クータンがたまたまヒーター前からいなくなった時だったんだ( ̄○ ̄;)!


ヒーターの前でいつもぬくぬく温かい思いをしていたのは、クータンだけってことか(爆)


目を覚まして、なんとなく怪訝そうにヒーターに見えない目をやるクータン。
0122heater5.jpg



0122heater6.jpg

いいですか、クータン?
これからはこの距離をきっちり守ってもらいますからね( ̄‥ ̄)=3



猫か?ネズミか?!

このところ、やっと園芸熱が上がり始めて来たかと書いたとたん、これですよ・・・(-_-;)


2101tuti.jpg

朝起きてみたら、がっつり掘り返されてました。
このところ出ていないと思っていたネズミの仕業か?!!
掘り返してみたところで、球根なんか出てこないよ~~~だ!( ̄‥ ̄)=3

せっかくふかふかに仕上げた土は辺り一面こぼれ、これじゃいくら大掃除をしたところで、またもやベランダ庭化計画が進行しちゃうじゃないの(爆)
と、プンスカしていて、ふと思った。

この掘り返し方は、もしかしたらネズミじゃなくて、猫かな?
そういえば、夕べ、ベランダのほうでなんだかガタゴトと音がしていたような・・・
周りの鉢の土の上に、ポコポコといくつか足跡らしきものが見えるような・・・


あぁ、どうか猫であってぇぇ~~~

(T人T;



って、猫だったとしても、シーされてるんじゃ困るんだけど(怒)







だんだん満開になって来たクリスマスローズ。

1802helle.jpg

いつもはグンと丈が高くなって咲く株なのに、ちょっと寸詰まり気味。
この株に限らず、今年はなんだか花茎の丈が短いような気がする。
寒さの厳しい年にはよくそんなことがあるけれど、年明けからぐっと冷え込んだせいかしら?


改めて植え替えなおしたビオラ。
1806viola.jpg

どうかネズミに齧られたりしませんように(T-T)
このまま無事に咲き続けてくれますように、

新たに買い足して来たラークスパーの苗、多分ネズミの好物のような気がする。
デルフィニウムなんかも大好物だから。
大好きな白のアークトチスはどうかしら?
園芸店で見つけて、うれしくて2株買ってきたけれど、せっかく植えても、また齧られてしまったら悲しすぎる・・・(涙)

やっとやっと園芸熱が上がりかけて来たのに、またしばらく心配な日々が続くのか?

ああ、いつまで続くぬかるみぞ・・・(;O;)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。