三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2005年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2005年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年11月
ARCHIVE ≫ 2005年11月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2005年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ビロウな話ですが

今日は朝から仕事が2つ。
ちょっと疲れて帰って来ると、クータンが「にゃ~」とお出迎え。
このところまたお出迎えに来てくれることが、たまにだけれどあるようになったね。
まぁほとんどは、私が帰って来たことにも気が付かないで爆睡していることが多いけれど。

朝、出かける時に出していったご飯は綺麗に完食されていた。よしよし。
そしてトイレを見ると・・・
なんと立派なウンPさま。・゜゜⌒(T∇T)⌒゜゜・。
つやつやのブツが、砂もかけられないまま猫砂の上に鎮座ましましている。
あれ?したばっかり?
ちょっとスコップでツンツンしてみると、いつものようにカチンコチンではなく、ほんの少しだが湿り気が感じられるような(^◇^;

ビロウな話で恐縮です(汗)
でも、クータンの健康管理上とても大切なことなので、ついうれしくて(;^_^A
もちろん、「クータン、立派なウンチだね~~~、いい子だね~~~いい子だね~~~」と、盛大に撫で撫でしてご機嫌を取っておいたのは言うまでもない。

0703.jpg

太陽の光に透けたクータンの耳。

ぼ~くらはみんな 生~きている~~~♪

そう、生きているんだから、毎日立派なウンPさまをしようね。
スポンサーサイト

網戸越しの遭遇

たった今の出来事。

クータンがカーテンの陰から外を覗いていた。
網戸は閉まっているが、ガラス戸は開いている。
何か音がしたような気がしてカーテンをめくると、そこには前にも来たことのあるキジトラにゃんこがすぐ近くで覗き込んでいた。
このところ、窓のすぐ外のところにマーキングのシッコをしていくのはコイツだな!

クータンと一緒になって、網戸越しに見ていたら、そのにゃんこは何やら「フガフガ、フガフガ」と鼻を鳴らしていたが、そのうち「うぅ~~ぅぅぅ、ふあ~ぁぁぁぁ」と高い声で鳴き出した。

ところが、それを見ているクータン、一向に反応しない。
「うー」でもなく「あー」でもなく、いたって冷静。
いくら網戸越しとはいえ、その距離たったの30センチ。

「ほら、クータン、にゃんこだよ」といっても、見てはいるがまったく興味がなさそう。
あのぉ、あちら様は唸ってるんですけど?
30センチっていったら、至近距離ですよ?
猫として、何か反応した方がいいんじゃないの?

そのうち、その唸っているにゃんこを尻目に、さっさと部屋の中へ戻ってしまうクータン。
怖がっているとかいうのではまったくなく、完全無視。
網戸越しという余裕か、はたまた鈍感なのか。
それにしても、テリトリーを犯されているというのに、もうちょっと凄みを利かせてもいいと思うんですけど。
どこまでもお猫善しのクータンだね。
そんなところが大好きだけど(* ̄m ̄*)

ちなみに、そのにゃんこは、私がやさしく追い払っておきました。
シッコさえしなければ、夜の見回り大歓迎なので。
頼むよ、キジトラにゃんこ。
これから冬に向かって、ぜひとも「アレ」を追い払ってくださいよ。

久々のコンペ

今日は事務所のゴルフコンペで、潮来の方にあるワイルドダックカントリークラブへ。
朝4時半に起きてみたら、まだ真っ暗。
クータンですら、「もう起きるの?」とでも言いたげな不思議そうな顔をして見ている。
今日は一人でお留守番しててね。


さて、本日も晴天なりで、とてもいいお天気。
絶好のゴルフ日和だったが、心は暗い。
というのも、前回のコンペで準優勝だったものだから、ハンデが減ってたったの20。
グロス92で回らなければパープレイにならない計算。
これじゃ次のハンデ改正まで、当分入賞の可能性はかなり低い。
つまらないなぁ。
後の望みはニアピン賞とドラコン賞だけか。

事務所のコンペでは、正規のニアピン賞以外に裏ニアピンというのがある。
希望者を募り参加費を徴収し、ショート4ホール全てに賞金が出る。
今回は1ホールに着き8500円。
よし、がんばるぞ!!

ところが、今日のコースは、近々何かの大会が開かれると言うことで、グリーンの設定が難しくしてあり、ピンの位置も一番嫌らしいところに切ってあってたいそう難しかった(T-T)
ドライバーやフェアウェイウッドはとても調子が良かったのに、3パットの嵐(爆)
私にしては珍しく、前半後半とも20パット以上打ってしまった。
これではいいスコアになるはずもなく、54、54でぴったりダボペース。
とてもストレスフルなゴルフだった。

本日の一番の盛り上がりはショートの4ホール目。
2つ目3つ目とニアピン賞の対象者がいなかったため持ち越しとなり、獲得賞金25500円に全員が欲望ギラギラになったそのホール。
前に乗せたメンバーが5パットをしてしまったため、権利剥奪(笑)
ちなみにこのコンペのニアピンは、ワンオンしても2パット以下でないと権利がなくなる。
それにしても5パットって・・・_( ̄▽ ̄)ノ彡☆
よし、前に立ててある旗よりも内側につけて2パットで上がれば、賞金GETだ!

もちろん私も欲望バリバリで、グリーンの前にあるガードバンカー何するものぞで、まっすぐにピンを狙う。
バンカーに入ってもいい!! 命かけちゃいますってば。

ナイッショーーーー!!
いい当たりのボールはピンを目指していい感じに飛んでいく。

と、ボールはピンから8メーターほどのところにワンオン!!
やたーーーー!! これで25500円は私のもの~\(* ̄∇ ̄*)/

ところが、です。
今日の私はパットが絶不調。
いやぁな予感がしましたさ。
そのホールももちろん嫌らしいところにホールが切ってあって、寄せのパットに失敗し、命をかけた2パット目は無情にもホールのギリギリをかすめてほんの40センチほど通り過ぎてしまった・・・・・

あぁぁぁ、にまんごせんごひゃくえん~~~~
ただでゴルフが出来るところだったのにぃぃぃ。・゜゜⌒(T△T)⌒゜゜・。

すっかり意気消沈して、次のホールではトリプルを打って、メンタルが非常に弱い私なのであった(涙)
あーあ、ほんとに悔しかった。

本日の収穫は、一つだけ取ったドラコン賞のボール1ダース。
いつもは男子と一緒の白マークで回るけれど、ことコンペとなるともちろんレディースティーから打つので、これは往々にして取れることがある。
女性にしては、結構飛ばし屋らしいσ(^_^;)
今回は白マークよりも49ヤード前で、なおかついい当たりだったので、まあまあの出来か。
何もないよりましだけど、返す返すも悔やまれるのはあのショートホールだ(まだ言ってるσ(^_^;))
パットの調子が悪いと、ほんとに消化不良のゴルフになってしまう。
かといって、まったく練習もしないので、当然といえば当然なんだけど(爆)

たかが一打。されど一打。
一打に泣いたゴルフだった。

染六日記

このブログも、まるで染六日記の様相を呈してきたか?(笑)
今日はひぴさんが薫さんのお宅にいらっしゃると言うので、それに便乗してまたお邪魔して来た。

ほんの2,3日で驚くほどの成長振りを見せてくれる六ちゃんに、今日もびっくり!
体つきがすっかり猫らしくなって、やっとつき始めたお肉や筋肉も、だんだん立派になって来たような。
初めて見た時には歩くのがやっとで、ほんの少しヨロヨロ歩いてはヘタっと座り込んでいたのがまるで嘘のようだ。

薫さんがひぴさんを迎えに行っている間に、爆睡中の六ちゃんを撮影。

1107roku03.jpg

あ、あのぉ、六ちゃん、顔がおやじくさいんですけど(笑)

こちらは椅子の上で寝ていた染ちゃん。

1107some01.jpg

カメラに気づいて目を覚ましたものの、かなりオネムだね。

ひぴさん、た~こさんも到着して、早速4人でしゃぶしゃぶ三昧。
た~こさん、贅沢な牛肉、ご馳走様でした♪
ひぴさん、お惣菜いろいろ、どれもおいしかったです♪
薫さん、毎度毎度ごちそうさま♪


さて、お初の方恒例のイベント、六ちゃんの授乳ターイム!

1107roku01.jpg

毎度のことながら、六ちゃん、かなりイっちゃった目をして飲んでます(笑)

1107roku04.jpg

そしてこれが、「ひぴさん、自分の乳をやってるのか?!!」と物議をかもした画像(* ̄m ̄*)
ひぴさんは、「きゃ~、緊張する~、これでいいの~?」と、とてもうれしそうに六ちゃんに授乳していた。
ちなみに、プライバシーを考慮して顔はカットさせていただきましたが、この上にはほんとうにうれしそうなひぴさんの笑顔がある。
かなりぼけてしまったが(笑)
子猫には、誰もを笑顔にさせてしまう不思議な魅力があるよね。

デザートタイムになると、六ちゃんはテーブルに身を乗り出して、シフォンケーキをかなり長いことペロペロしながら食べていた(^◇^;
良かったね。もうだいぶしっかりして来たから、ちょっとの盗み食いは大目に見てもらえるようになったのね(笑)
百ちゃんも、生クリームをペロペロ、染ちゃんもちょっとだけペロペロ。
みんなで楽しんだデザートタイム。

その後、遊んでいるドサクサ紛れに、六ちゃんがピョン!とテーブルに飛び乗って、置き餌のドライに突進したのには、驚くとともに感激!!
初めてテーブルに飛び乗れたね。
もうテーブルの上も安全地帯じゃなくなったってことか(笑)
しばらくモグモグしていたが、さすがに「もういい加減にしろ~」と、薫さんにストップをかけられて、やはり今日も、恐るべし食欲大魔神の六ちゃんなのであった。(* ̄m ̄*)

元気に遊びまわる六ちゃん、染ちゃん、幸ちゃんをかまいながら、猫談義に花が咲く。
ひぴさん宅のラクちゃん、うれしいとまるで連獅子のように頭をグルングルン振るという話に、「え~、やらない?」「うん、やらない」と、みんなで大笑い。
そうか、ラクちゃん、そんな得意技を持っていたのか(笑)

あっという間に時間は過ぎ、お開き。
今日も楽しかったなぁ。
帰りはた~こさんの超高級車で送っていただくと言ううれしいおまけまでついて、本当に楽しい時間でした♪
た~こさん、ありがと~~~!

後何回六ちゃん、染ちゃんに会えるんだろう。
時間があるうちに、まだまだお邪魔させてね。




クータン専用カメラ

このところ前のカメラを引っ張り出してクータンを撮っている。
一番新しいカメラはとにかくレンズが暗いので、部屋の中で夜撮るにはシャッタースピードが遅すぎて話しにならない。
シャッタースピード4秒なんて、私にしろクータンにしろ、静止しているのは不可能と言うものだ。

前のカメラで撮ると、たいてい1秒以下。
普通の感覚で撮れる。
ただ、なんとなくピントが合っていない気がしないでもないけど、撮れないよりはマシってもんです(爆)

0602.jpg


0604.jpg


あ~あ、それにしても、ほんとにピントが甘いなぁ。

0601.jpg

というよりも、夜、部屋の中で黒猫を撮ろうって言うのが、土台間違っているのかも(⌒o⌒;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。