三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2005年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2005年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年05月
ARCHIVE ≫ 2005年05月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2005年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今朝の夢

夕べは泥のように疲れていて、早くベッドに入り爆睡していたはずなのに、起きる直前にこんな夢を見た。

一緒に母がいて、クータンを裏返しに抱っこしている。
そして私が綿棒でクータンのお尻をツンツンすると、コロンとしたウンチが一つ、ポロリ。
そして、次のウンチの頭がちらりと見えた。
「あ、まだ出る!!」
と思ったところで、夢はおしまい。

惜しいなぁ。
夢の中ではあったけれど、もう一つ、ちゃんと出してあげたかった。

最近のクータンは、少量ではあるがきちんと出ているし、踏ん張りケーをすることもなくなった。
夕べは二つ、結構な量を出してくれたので安心したばかり。
でも、こんな夢を見るなんて、やっぱり心のどこかでいつも気にしているのかもしれない。
クータン、現実でもよろしくお願いしますよ。

スポンサーサイト

ゴルフコンペ

今日は知り合いの会社のゴルフコンペの日。
いつもはコースまで乗せて行ってもらうことが多いのだが、今回は自分で運転して行くことにした。
場所は熊谷ゴルフクラブ。
集合時間は8時15分。
ってことは、家を出るのは6時半ごろになるので、早く寝なくてはと思ったのに、実際に寝たのは12時半。
起きるのは5時半だから、睡眠時間は5時間か。
日頃8時間寝ないとすっきりしない私にとっては、これはかなり厳しいぞ。
おまけに、昨日は仕事の人たちと中華を食べに行ってちょっと食べ過ぎてしまい、お布団に入ったものの胃が痛くて眠れない。
このところ、ちょっと食べ過ぎるととたんに胃が痛くなる。
胃が弱くなったのか、それともただ単に満腹中枢が壊れてしまったのか(爆)
以前みたいなつもりで食べてちゃ、いけないってことね~(T-T)

そんなこんなで、結局1時間寝られたかどうかという状態でのゴルフだった。
が、それが良かったのか悪かったのか、この前のようにめちゃくちゃひどいゴルフではなくて、ほっとした(;^_^A
ショートホールでニアピン賞を一つ取れたし、参加した女性の中ではとりあえずべスグロ。
ってか、レベル低くない?(⌒o⌒;
せめて100を切ってべスグロ取りたかったなぁ。

賞品はデパートの商品券合計10000円と、携帯ラジオにゴルフボールのセットに、豹柄のフォトスタンド(爆)
商品券以外は、うれしいような要らないような(罰当たり)

久々の運転もなんだか楽しかったな。
次は6月4日の事務所のコンペ。
ハンデは26だから、98で回ればパープレイ。
気合を入れてがんばるぞーーー!
って、気合を入れてよかった試しは、まずない(爆)

薔薇三昧

毎日、薔薇三昧の日々が続く。

チャールズ・レニー・マッキントッシュ。
25charles1.jpg

たっぷりした花びらと、モーブがかったピンク色が素敵で、初めて見た時には、「どうして男性の名前が付いているのかな?」と思ったほどチャーミングな薔薇。

今年で2年目に入ったクロッカスローズ。
25croccas.jpg

去年はあまり綺麗だとは思わなかったが、樹が充実して来たのか、今年は思ったようなお花で咲いてくれた。
でも、どうして「クロッカスローズ」?

ポリアンサのシュネープリンセス。
25heri2.jpg

コロンとしたまま、これ以上開くことはほとんどない。
ちなみにシュネーはドイツ語、プリンセスは英語。
白雪姫という名前では、全部ドイツ語の「シュネービッチェン(アイスバーグ)」があるから、きっと区別したかったのだろうが、それにしてもいったい誰が命名したんだ?(笑)

開花間際のヘリテージ。
25heri1.jpg

お花のもちの悪さではダントツなのだが、咲いた様子はとても美しい薔薇。
これで花もちも良かったら、なんて、望み過ぎですか?

最後に、モスローズです。
25moss.jpg

なんて、真っ赤な嘘です。
ちょっと目を放した隙に、びっしりとアブラムシが付いたホワイト・ドロシー・パーキンスの蕾(爆)
虫が嫌いな方、ごめんなさい。

薔薇とクレマチス

私のファーストローズの一つ、大好きなセント・セシリアが咲いた♪
セント・セシリアは遅咲きなので、毎年開花が待ち遠しい薔薇の一つ。
24cesillia1.jpg

ふっさりとした花びらの感じといい、微妙な色合いといい、毎年惚れ惚れとしてしまう。
おまけに香りがとてもよいのが特徴。
樹形はそれほど大きくはならないのに枝がたくましいので、まるで体育系の体の上にたおやかなかんばせが乗っているといったところもご愛嬌。
ファーストローズには、やはりそれなりの思い入れがある(笑)

こちらはキャサリン・モーレイ。
24kathelyne.jpg

こちらは思い切り良く伸びた枝先に、なんともかわいらしいお花を着ける。

クレマチスのニオベもいい感じになってきた。
24niobebetty.jpg


最後はベティー・コーニング。
24betty.jpg

今までで一番盛大に茂り、蕾もたくさん着けているのでとても楽しみ♪
ベティーさんはとても香りが良いので、この花が咲いている時期はあたり一面、甘くておいしそうな香りが漂う。
ただ、ものすごく葉っぱが茂るのでお花が隠れて見えにくいのが、なんともはや(;^_^A

今日の薔薇

5月の下旬に入り、次々と薔薇の開花が続く。

今年絶好調のバーバラ・オースティン。
23barbala3.jpg

柔らかい繊細な花びらがとても清楚な雰囲気の薔薇。

23barbala4.jpg

今年はあまりの花着きの良さに、ちょっと小振りになってしまったが、四方八方に枝を伸ばして山盛りに咲いている。
、春にこんなにがんばってくれているのだから、一季咲きのようなのもいたし方がないといったところ。
でも、四季咲きだったらもっといいのにね~(涙)

23evelyn2.jpg

香水にもなっているエブリン。
このくしゃくしゃ加減が結構好き。
花保ちがとても良いところもお気に入り。

そして、今年特に美しく咲いたマダム・アルディー。
23hardy4.jpg

グリーンのボタンアイが印象的で、まるでレースで出来たような美しさ。

23hardybuds.jpg

飾りガクなのも美しい。
一季咲きでもまあいいか、と思わせてくれるほど上品な薔薇。

薔薇は、どれをとっても一つ一つが個性的で、そのどれもが美しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。