三日坊主のつぶやき -cootanと私  そして める -

愛猫クータンが☆になって  2代目 める と お花の日々
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Travel
CATEGORY ≫ Travel
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

マカオ行 その5 またまたオフ 6月17日

昨日の仕事が終わり、あと1日お仕事日はあるものの、もうほとんど終わったも同然♪


今日はまたまたオフです。

のんびり起きて、いつものようにグリーンミントティーを淹れて。


聞くところによると、本場ラスベガスのホテルには部屋に何も飲み物がなく、喉が渇いたらカジノへ行くようになっているそうですが(サエコポン談)、マカオのヴェネチアンにはちゃんと冷蔵庫があって飲み物も入っていましたし(ただし有料)、どこのホテルとも同じような無料の飲み物(ミネラルウォーター、コーヒー、紅茶、お茶、ハーブティー)の常備がありました。

その中の「Green Tea & Mint」と言うのを飲んでみたら、これがさっぱりしておいしいので、毎朝起きた時や、夜お風呂上りなどにそれを飲んでいました。
えぇ、もちろんタダで(笑)

そのうち、Mint teaが切れてしまったので、メモに 「請 Green Tea & Mint   多謝!」と書いて置いたら、翌日たっぷり補充されていました。

ちゃんと通じたのね~~~\(* ̄∇ ̄*)/


マカオでは、欧米のようなチップの習慣はそれほど定着していないとのことでしたが、地元の通訳兼スタッフの女子によると、「10HKDくらい置いてください」とのことだったので、毎朝そうしていたのが効いたのかな?

それにしてもたくさんのティーバッグ。
こんなに飲めないから。 ってくらい(⌒o⌒;

そういえば、お風呂のアメニティーグッズも毎日てんこ盛りに追加されていたし、やはり「気は心」
ちょっとしたことで気持ちよく過ごせるんですね。







さて、本日は今回のメンバーのうち私を含めて3名のシニアグループ(爆)で、街の散策に出かけることにしました。

朝11時に待ち合わせをしてタクシーで街へ。


今日は、このコースこのコースを回ろうという予定。


スタート地点は、いつものセナド広場。


着いてシャッターを切った瞬間、


「げ!!( ̄□ ̄;) カメラの調子がおかしい!!」

日陰(画像右上と左下)ではうまく撮れるのですが、日向の画像が真っ白に飛び飛び~~~(T-T)

加工ソフトで暗くしてあるので、ちょっと変な感じになっています orz

以下、日向の画像は全部変(T-T)
1769senado.jpg

上段 左 : いつものセナド広場 この日は良すぎるくらいの晴天
    右 : あまりの暑さにすぐに逃げ込んだ通路(⌒o⌒;
下段 左 : ごちゃごちゃした路地もいい感じ
    右 : 世界遺産のひとつ 仁慈堂 (漢方屋さん)


カテドラル広場と大堂(カテドラル)

1770katedoral.jpg

上段 右 : ポルトガル絵タイル アズレージョ


歩き始めて間もないと言うのに、教会内の扇風機の前で遠い目をするおじさん2人におばさん1人の3人連れ(⌒o⌒;
暑いなんてぇもんじゃありません(笑)


ちょっと横道に入って、盧家屋敷を見学。

1771roke.jpg

東洋風の中にも、ステンドグラスがはめ込まれていたりと、まさに西洋と東洋のコラボレーションですな。
さすがに古い建物らしく、2階は「一度に10人まで」と書いてありました(⌒o⌒;
連れのおじさん(ちょっと太め)が、「ほんとだ、揺れる~」って、揺らすなって話ですよ(爆)


その後は、途中のジュース屋さんでそれぞれに飲み物を買って飲みつつ、モンテの砦を目指しました。

上段 左上 : 私が買った タピオカ入りマンゴージュース。
他の二人は、なにやら珍しいものを頼んでいましたが、どちらも撃沈した様子(⌒o⌒;
だから、こういう時にはノーマルが安全パイなんですってば!(笑)
不思議味は不思議味で、旅の思い出には良いと思いますので、チャレンジャーの方は、ぜひ!!
1772juicemonte.jpg
上段 右 : モンテの砦を目指していたはずが、なぜかたどり着いてしまった ワイン博物館(爆)
 
どうやらモンテの砦の裏側に回ってしまった模様。
ちゃんと地図を見て歩いていたはずだったのになぁ???

下段 左 中 : こんな坂道をテクテク歩いて登る羽目になってしまいました~(T-T)
          (正しい方向からだと、エスカレーターがあります)
    右 : 3人ともちょっと無口になってやっと見えてきた 砲台

人のことは言えないけど、それにしても体力なさ過ぎ~(笑)


上段 左 : 高台からの眺め グランドリスボア ド~~~ン! みたいな(⌒o⌒;
    右 : 頂上(と言うほど高くはないですが)にある マカオ博物館
 ここの広場も気持ちの良いところでした。 ただし暑いですけど。
1773monte.jpg
下段 右 : 上からみた マカオ名物 セントポール天主堂跡
  こうして見ると、ほんとに薄いのね~


降りはエスカレーターを使って(登りに使いたかった・・・orz)、セントポール天主堂跡へ

1774stp.jpg

上段 左 : マカオに来たら誰もがここでするであろう記念撮影。
  今日はちゃんと袖付きを着てますよ~σ(^_^;)
  ちなみに、先日、ノースリーブでは教会に入れなかった話をしてあったのに、連れの1人は朝集合したら、短パンすね毛の服装。
  「これじゃまずいかなぁ」と言うので、「もし中に入っちゃダメ」とか言われると面倒なので、着替えて出直してもらいましたさ。
だから、人の話聞いてんのか?

上段 右 : セントポール天主堂のすぐ横にある ナーチャ廟
下段 途中、不動産屋さんの店先で物件などを見ながら到着した 聖アントニオ教会


上段 左 : そのすぐ近くに広がる カモンエス広場
    右 : 昔の風情の十月初五街

1775kamon15.jpg

そろそろお腹も空いてきたので、お昼ご飯を食べに、十月初五街にある 黄枝記をめざしていると、地元のおばさんが話しかけて来ました。
どうも「マカオで一番おいしいお店、こっちこっち!」と言っているらしいのですが、黄枝記に行くつもりだったので、十月初五街の入り口でお別れしたら・・・・

黄枝記本店、本日休業~~~(T-T)

おばさ~~~ん、どこ行っちゃったのぉぉぉ???
と思っても、後の祭り(爆)

仕方なくすぐ近くにある地元の人で賑わっている中華料理屋さんに入りました。

そこでビックリ!!

ホテルでは大体ビールが30HKD前後するのに、青島ビールの大瓶が11HKD!!
30HKDだったワンタンメンと同じようなものが、14HKDなんです(⌒o⌒;
10HKDチップ、何部屋分かあったら、一日暮らせちゃうなぁなんて思ってみたり(爆)
お味は普通においしかったです♪

で、そのお店での出来事なのですが、なんか地元の人たちの視線が気になる・・・

ふと気が付いてみたら、ワタクシ、汗まみれになり過ぎ、その日着ていたサマーニットの色が変わっちゃってて、まるで下着姿のよう ( ̄◇ ̄;
って、わかりますかね?

え~っとですね、オレンジ色の薄手のサマーニットを着ていたのですが、汗を吸ったところだけ色が濃くなって、ブラの部分だけが元の色と言う・・・orz

いったいどんだけ汗をかいたんだよと。


マジで恥ずかしかった~(T-T)
慌てて、腰に巻いていたGジャンを、肩に巻き直しましたよ。
このクソ暑いのに。

暑い日はもう絶対に着ないぞ、あのニット!!


そんなこんなのハプニングもあったマカオ散策。

で、その後、街をブラブラしながら 行く前から決めていた ココナツアイスを食べに行きました。
行ったといっても、本当に小さなお店で、店頭にはココナツの殻がぶら下げてあったりして、知らなかったら絶対に入ってみようとは思わないような、ってか、何屋さんだかすらわからないようなお店でした(笑)

ココナツアイス、甘さ控えめながら、後口にココナツのコクのある味が広がって、おいしかったですよ。

で、いまさらながらですが(笑)、
画像↑下段 左 : 町の果物屋さん  ドリアンがよく売られていました。
        右 : 商店街の、ちょっと賑やかになった辺り

マカオの裏路地の商店街では、店番のおじいさんおばあさんが、あっちでもこっちでもみんな昼寝。
これだけ暑けりゃ、そら~お昼寝もしちゃいますよね~?


ブラブラしながら、またセナド広場の近くに帰ってきました。

画像 上段 セナド広場のすぐ近くにある市場
    下段 : 左 八百屋さんも色とりどり
1776hukuryu.jpg
下段 : 右 福隆新街  赤い扉が印象的な 昔の遊郭街です。

そうそう、余談ですが、マカオでは○○が違法ではないらしく、ホテルのカジノなどで、それらしい若くて綺麗なオネエサン(というより女の子)をたくさん見かけました。
スタッフの男子に聞いたのですが、スロットマシーンのコーナー辺りに多く、当たりが出始めようものなら、すぐさま近づいてくるそうです(⌒o⌒;
「あんな綺麗な子が?うっそー!」と言う感じの子がたくさんいました。
う~ん、何でですかね~???



話を戻して・・・

その日はもうひとつ悲しいことが・・・

セナド広場に戻った後、ぜひマーガレット・カフェ・エ・ナタに行ってエッグタルトを食べようということで向かったのですが、たどり着いてみたらまたまた「本日休業」 orz


ものすご~く悲しかった~&前回の散策の時に、食べておいてヨカッタ~~~(T-T)
じゃなかったら、食いっぱぐれてしまうところでした。

この辺りでシニア組、限界(笑)
とにかくどこかで座ってお茶を飲もうと言うことになり、良さそうなお店を探したのですが、そんな時に限ってなかなか見つからず、適当に入ったお店でハニーレモンなるものを頼んだのですが、これが完全に外れ。
おいしくないというよりも、はっきり言って不味かった・・・orz
がっかり~


その日は、夕方から早めの打ち上げ食事会があるので、とにかくいったん帰ってシャワーを浴びて出直すことに。
何度も言いますが、それじゃなきゃとても人前には出られない~(爆)


日も暮れようという頃、みんなでタクシーに分乗して食事に。
この夜行ったのは、地元(といっても、香港から来たんですけどね)の通訳兼スタッフの女子お勧めの、「マカオに来たらここで食べなきゃ!」と言うくらい有名なポルトガル料理の 「仏笑楼」というお店。
観音像のすぐ前に出来た支店です。
1777dinner.jpg
上段 右 : マカオのアイスレモンティーは、どこで頼んでも「これでもか!」ってくらいたくさんのスライスレモンが入っています。
ここのは特別厚切り~(笑)
下段 左 : チリクラブ   右 : 何かの肉(爆)

お店はいかにも高級感漂っていて、おしゃれなんですけどね~
味は、ん~~~。
なぜそんなに有名なのか、謎。
本店の方はおいしいのかしら?


私は思わずボスに、「こんなにお高いお店じゃなくて良かったんですのに~」と言ってしまいましたとさ(⌒o⌒;


レストランがちょうどsaharaさんお勧めのウィンホテルのすぐ近くだったので、食事の後、「ぜひウィンホテルの噴水ショーを見に行きましょう~♪」とみんなを誘って出かけました。


マカオの夜の街は、ネオンがとても華やか。
あ~、世界遺産の辺りも、夜行きたかったなぁ。
綺麗にライトアップされているんだろうなぁ。


上段 左 : 華やかでも上品なイルミネーションのウィンホテル
    右 : 噴水ショーが始まる前のホテル前の池 ネオンが映りこんでとても綺麗
下段 左 中 : 音楽とライトアップが綺麗な噴水ショー  見事でした。
1778wynn.jpg
で、あれれ?どさくさに紛れて怪しい写真が一枚(笑)

すっかりお気に入りになってしまった韓流歌手のS君とツーショット(* ̄m ̄*)
私はあまりにもヘラヘラした笑顔なので、徹底的にモザイクをかけさせていただきました。
やっぱり若い子と並んで撮るものじゃないですね~ orz
私が写ってなかったら、とてもいい写真なのに~(爆)


その後は、ホテルに帰って有志でカジノです。
今回はカジノでは写真は撮ってないですよ~
以前のオーストラリアで叱られましたからね~
学習能力はあるんです。 一応ねσ(^_^;)

で、今回は負けてしまいました。
2000HKDほど(爆)

カジノでは、中国人とインド人の勢いに押され、なんだかやる気消失。

勝負事は、気持ちで負けていては始まらないということを、身をもって知りました。

あ~、大人になっちゃったのかな、私σ(^_^;)(違)





スポンサーサイト

マカオ行 その4 お仕事日 6月16日

さて、本日はお仕事日。

朝起きて窓を開けると、外は土砂降りで、おまけに雷も鳴っているすごいお天気(爆)

今日、日本から600名近くのお客さんがマカオ入りするというのに、お気の毒に~(⌒o⌒;

こちらは今日は一日中室内で仕事なので、なんてことはないんですけどね(激しくジコチューσ(^_^;))



仕事場に9時半入りだったので、その前にモーニングビュッフェを食べて、と思ってレストランに行ってみると、なぜか長蛇の列。
並んでいたら時間がなくなると思い、フードコートで一人海老ワンタン入り香港麺をすすりました。
結構薄味でしたが、ぶりぶりの海老が入ったワンタンがおいしかった♪
ホテルの中ではお値段が安いフードコートとはいえ、そこはやはりホテル価格。
海老ワンタンが30HKDでした。
日本円にすれば450円弱くらいですから、安いっちゃー安いんですけどね。
後日わかったことですが、街中価格はもっと安い!!


お昼は時間がなかったので、というか、また一人でフードコートに行って食べるのが嫌だったので、これ。

1601eggtart.jpg

スタバでコーヒーを買い(ミドルサイズが32HKDだったかな。世界共通価格?ワンタンメンのことを考えたら、高っ!!)、ホテル内の出店でエッグタルト(7HKD。1個100円強。安っ!!)を2個買って、控え室で一人モグモグ。

このエッグタルトは、マカオで一番有名なお菓子のお土産屋さんの「鉅記手信」と言うお店のもの。
エッグタルトの有名店マーガレットカフェのものにも引けを取らないくらいおいしかった♪

いや~、それにしても、エッグタルト、はまりました~σ(^_^;)


お仕事第一部も終了して、第二部の前の晩御飯は、テイクアウトの中華弁当。

酢豚丼or山盛りチャーハンだったので酢豚丼にしましたが、これが完全に外れ(T-T)

寂しい夕食でした(笑)




お仕事第2部が始まる直前に、スタッフの女の子たちと、中国の「変面ショー」の人たちと急いで記念撮影したら・・・


1602show.jpg

あぁぁぁ、カメラの設定が発光禁止にしてあったので、こんなことに・・・

本当に直前だったので、撮り直している暇もなく orz


いや、その前に、そんなに直前にこんなことしてて良いのかって話なんですけども(;^_^A



第2部の方では、今回は某韓流歌手のステージがあって、お客さんたちが盛り上がること盛り上がること(* ̄m ̄*)
会場の半分以上の人たちが花道に押し寄せ、ワーワーキャーキャー大変な騒ぎ。

え~~~っと、バラードなんですけど?(⌒o⌒;


でも、みなさんが本当に楽しんでいらしたようで、よかったよかった♪



それにしても、その歌手の男の子(といっても、25歳になったばかりのところの人なんですけどね)が、本当に良い子で、かわいいの~~~(* ̄m ̄*)


昨日の夜も、スタッフと一緒にご飯を食べたりしたのですが、なんて言うんですかね。
雰囲気があるんですよ。

少年ぽい感じでもあり、ソフトな大人の雰囲気もあり。
物腰が柔らかくて丁寧で、ちょっと日本の男の子とは違う感じ。
とても素直で、年長者に対する気遣いがちゃんと出来てるんです。
さすが、儒教が息づく国ですよ。


これだな、と思いましたね。

これで日本のおばさんたちはクラクラ来ちゃうわけだ。

もちろんこのおばさんσ(^_^;)も、クラッと来ましたとも。
今まで、韓流スターにはほとんど興味がなかった私ですが、はまる人がたくさんいる理由がなんとなくわかる気がしました。


これから、日本でもどんどん活躍できるといいね。
おばさんも応援してるから、がんばってね!


と、なんだかんだと、新しい世界を垣間見た夜でもあったのでした。


お仕事とはいえ、あ~、楽しかった(* ̄m ̄*)






マカオ行 その3 6月15日 オフ

本日14日は、私だけオフ。
夕方には顔合わせの食事会があるものの、それまでは自由時間。
ありがたいこってすm(__)m


ということで、ゆっくり目にビュッフェで朝ごはんを済ませ、午前中は姪へのお土産を買いにショッピングモールに行ってみました。

もう広すぎて、何が何やらどこがどこやら(⌒o⌒;

MIUMIUの長財布を頼まれていたのですが、フォーシーズンズホテルのDFSまでくまなく探したものの、どうやらそのブランドはここでは売っていない模様。
考えた挙句、KATE SPADEの水色の長財布にしました。
カードサイズの鏡も付いたもの。

あ~、これで気がかりがなくなってすっきり!

したところで、午後から街の散策に出かけました。


マカオの街では英語はほとんど通じないので、タクシーに乗る時には行き先を書いた紙を用意した方がいいと書いたサイトがあったので、わざわざメモ帳を買って用意していきましたが、ホテルを出る時にはドアボーイさんが英語がわかるので大丈夫。

一人タクシーに乗って、セナド広場に向かいました。


タクシーの中から撮った ヴェネチアン・マカオ

1501hotel.jpg


タイパ島からマカオ半島に渡る橋から、マカオの中心地が見えてきました。

1503macou.jpg

ド~ンと聳え立つ グランド・リスボア
街を歩いているとどこからでも見える特徴的な形のホテル。
特徴的っていうか、異様っていうか・・・(⌒o⌒;
夜になると、ここにギンギンのネオンが灯って、マカオ~と言う感じになります(笑)


ここが、観光の基点となるセナド広場

1504senado.jpg

マカオは、歩いているといたるところに世界遺産に登録された建築物があって、徒歩でたくさん見て回れます。


夕べ、スタッフと話していて、17日のオフ日にはシニア組で散策しようということになったので、今日は予定して行ったコースのうち、このコースを中心にアレンジして回ることにしました。


ここからは、あまりにもたくさんの画像になってしまったので、まとめてアップします。
画質が落ちるのが悲しいですが、苦肉の策ということで・・・(;^_^A


セナド広場でタクシーを降りて、後ろを振り返ると、そこには一つ目の世界遺産 民政総署が。
(クリックで大きくなります)
1572minseiall.jpg
(下の段、一番右は、民政総署の斜め向かいに建っている 郵便局 です)



今日回るコースは、民政総署の裏手方面になります。

1573street.jpg

上段:左  いかにも中国の下町風の路地を入って行くと
上段:右  すぐに教会らしき建物が見えてきます。
下段:   画像右が ロバートホートン図書館
       正面はセント・ヨセフ修道院
       画像の左側は、セント・オーガスティン教会広場

・・・・・あれ?


地図を見て歩いていたはずが、のっけから逆回りしちゃってるよσ(^_^;)

マカオの街中の道は、思っていたよりもずっと細くてどれもが路地っぽいので、調子が狂ってしまいました(笑)


と、とにかく、こんなに狭い場所に、もう3つの見所がひしめき合っています。



まずは、ロバートホートン図書館

1574hoton.jpg

建物ももちろん素敵なのですが、私としてはお庭のたたずまいがすっかり気に入ってしまいました。

門をくぐると、うっそうとした大木が茂っていて、左右にパラソルを立てたテーブルが並び、ちょっと歩いただけですっかり汗だくになってしまった状態には、まるでオアシスのよう(⌒o⌒;

1580hotonwoods.jpg

木陰で一息つきながら上を見上げると、大木に真っ赤なお花?
と思いきや、何かの実がなっていたり、裏庭にはお花が咲いていたり噴水があったり、しばらくここで涼ませていただきました。


いや~~~、マカオ、マジで蒸してます。

冗談抜きで、歩き始めて5分後にはもう汗だくでした(爆)
こんなに大汗をかいたのは久しぶり(;^_^A



図書館を出て、次はお向かいにある セント・オーガスティン広場・教会へ

1575stagos.jpg


セント・オーガスティン教会の正面に回ると、向かい側に ドン・ペドロ5世劇場があります。

1581don.jpg

上段:左 正面が ロバートホートン図書館
      右側が セントオーガスティン教会
      左側  ドン・ペドロ5世劇場  という位置関係です。


そして、ドン・ペドロ5世劇場正面の坂をぐるっと下ると、

セント・ヨセフ修道院聖堂が現れます。

1576stjose.jpg

ちょっとアジアの香りもする門をくぐり、広い階段を登ると見えてきます。

実は、このころになると、もうすっかり方向感覚が狂ってしまっていて、「ここはどこ?」状態でしたσ(^_^;)
これがセント・ローレンス教会?なんて思ってみたり(爆)


この後歩いていると、おばさんが一人でやっているジュース屋さんがあったので、小豆いりミルク(豆乳?)を買って、飲みながらブラブラ。


と、またもや綺麗な教会が・・・・

どうやら裏手から回ってしまった模様。
立ち入り禁止の植物栽培コーナーのようなものがあって、係りの人がお世話をしているところでした。


ちょっと隅っこに腰掛けて、小豆いりジュースを一人ぐびぐび。


正面に回ってみると、お庭が綺麗~~~♪

1577stlourence.jpg

きちんとお手入れされていて、お花もたくさん咲いていました。
とてもいい雰囲気。

後で、ここがマカオにお詳しいsaharaさんお勧めの セント・ローセンス教会だとわかりました(⌒o⌒;

どうして、裏手から入っちゃったのかは、依然謎ですが(笑)

で、ここで、ちょっとしたことがあって(それはまた後ほど)、中の写真も撮っていいのか悪いのか、遠慮してしまって、撮っていません。


とりあえずプリントアウトして行ったコースは網羅したと言うことで、それからは気ままに歩いてみました。


セント・ローレンス教会から表通り方面を目指すと、広い通り沿いに建っているマカオ特別行政区政府(↓画像上段:左)に出ました。

1578cafedenata.jpg

その後、大きな通りを渡り、お目当てのエッグタルトのお店、「マーガレット・カフェ・エ・ナタ」へ。
画像上段:右 画像で見ると大きな通りに面しているように見えますが、これが本当に路地裏のようなところにあって(⌒o⌒;
まさかね?と言う感じの角を曲がったところにあります(笑)

で、エッグタルトですが、おいしかったです~~~♪
好みによっては薄味で、という感想もあるようですが、サックサクのパイ生地にプルルンとしたカスタードクリーム、私はどっぷりツボでした(* ̄m ̄*)
一緒に飲んだスイカジュースは「・・・???」でしたけどね(爆)


結構お腹いっぱいになって、次に向かったのは、八角亭。

大体の方角目指して歩いていくと、こんな建物と公園が・・・

1579park.jpg

上段:ミリタリークラブ
下段:聖フランシスコ公園

そして、その向こうに 八角亭

1569hakkaku.jpg


もうこの辺りで、限界です(⌒o⌒;


夕方、顔合わせを兼ねた食事会があるので、帰ってとにかくシャワーを浴びなくちゃ、とてもじゃないけど人前には出られません(爆)


ということで、観光初日はこれにて終了。

ふぅ。 暑かった(;^_^A








おまけ



マカオ行 その2 6月14日

朝食は、ホテルのビュッフェで。

その晩泊まったホテルは4つ星だったので、さほど期待はしていなかったのですが、豚肉いり塩お粥がとってもおいしかった~~~(TーT)

それ以降のヴェネチアンでも朝食はビュッフェだったのですが、グランドビューのお粥にはかないませんでした。


お昼ごろ、タクシーでヴェネチアンに入ったのですが、私たちが乗ったタクシーは、なぜかウェストロビーに到着してしまいました。
(ヴェネチアンにはウェストロビーとイーストロビーがあって、その間が遠い遠い(⌒o⌒;)

ウェストロビーに入ってみると・・・・・・



人、人、人の波・・・・・(-_-;)


なぜか心の中に 「しまった・・・・・」という気持ちがムクムクと。



建物は綺麗なんですけどね~
何せ混んでるんです。

えぇ、そら~も~、うじゃうじゃと(爆)


集合はイーストロビーだったので、重いトランクをゴロゴロ転がしながら、広い館内をあっちへウロウロこっちへウロウロ。

途中、巨大カジノを通り抜けながら、またまたウロウロ。

そしてどんどん高まる「しまった」感(笑)


いったいどんだけ人ごみ嫌いなんだって話ですよσ(^_^;)


この長~い通路の遥か向こうから歩いて来たわけです。

1401dome.jpg


これがイーストロビーの目印のオブジェ。

1402obje.jpg

ヴェネチアン・マカオ・リゾートは、巨大カジノを中心に放射状に通路が走っているので、すぐに方向感覚が狂ってしまいます。
これが通路の向こうに見えたら、そこが中央通路で「あっちがイーストロビーね」という目印になるわけで。
いや、それくらい広くてまるで迷路のよう(⌒o⌒;
方向をつかむのに3日くらいかかりました(爆)



カジノの中心 グレイトホール

1421grand.jpg


天井にはキンキラ&フレスコ画もどき。

1422grand.jpg

向こう側に見える通路は3階。
1階にはカジノが広がり、このグランドギャラリーを中心に4つのブロックに分かれています。

そして3階の通路の周りには、やはり放射状にショッピングモールが広がっています。


チェックインの時間まで館内の見学でも、ということになり、ショッピングモールに一歩足を踏み入れると・・・


1405venetian.jpg

そこはベネチア~~~\(* ̄∇ ̄*)/









でも、なんとなく お台場のビーナスフォート~~~\(*`▽´*)/

1404venetian.jpg

お天気に関係なくお買い物が楽しめるというのは便利ですね。

1403vetian.jpg


でも、さすがに違うのは、水路が張り巡らされていること。

1406venetian.jpg

モールの中には3つの水路があって、これがまた方向感覚を狂わせる理由のひとつ。
自分がどこにいるのか、わからなくなるのですσ(^_^;)



ゴンドラに乗って、水夫さんがカンツォーネなんか歌ってくれるサービスもあります。

1423venetian.jpg

屋根があるので、声がとてもよく響く響く。
ここで歌ったら、私も普段の2割り増しくらいには聞こえるんじゃないかと(笑)

この他にも、時間になると、いくつかのショーもやっていたようです。
私は見なかったけど。
あぁ、せっかくだから見て来れば良かった・・・


途中、カジノの真ん中のカフェで一服。
今回の旅初のエッグタルトをいただきました(* ̄m ̄*)

1408eggutarte.jpg

いやん、ウマウマ~~~♪♪♪

真ん中のは、イチゴに生クリームが乗ったもの。
イチゴは、日本のものよりも実が詰まっている感じで、味も濃いような気がしました。
生クリームはメレンゲが加えられているらしくあっさりしていて、生クリームが苦手の私(実は、こうなって出てきた時に、正直「げ・・・」と思いましたσ(^_^;))でも、おいしかった~♪



そうこうするうちにチェックインの時間になって、お部屋へ。



ヴェネチアン・マカオはお部屋が広く、スタンダートでも70㎡というので、楽しみです(* ̄m ̄*)



部屋に入ると・・・


1412room.jpg

向こうのリビングスペースは一段低くなっているおしゃれな作り。


窓の方から入り口方面を見たところ。

1413room.jpg


リビングのコーナー

1416room.jpg

ちなみに、テレビは、ソファーの向かい側とベッドの向かい側、計2台ありました。




広~~~いバスルーム

1409bathroom.jpg


シャワーブースは別になっています。

1410bathroom.jpg

メンバーの一人が、「テレビ2台も要らないから、シャワーにホースつけて欲しいですよね~」と言っていたのには受けました_( ̄▽ ̄)ノ彡☆

いや、同感、同感(笑)


ドレッサーもおしゃれで、とにかくすっきり広々したバスルームが、とても気に入ってしまいました。

1411bathroom.jpg

こんなバスルーム、欲しいぃぃぃ~~~!



ベッドも広々キングサイズ。

1417room.jpg

夕べ泊まったホテルも、ベッドはキングサイズだったのですが、そちらはマットレス2つを合わせてあったので真ん中に継ぎ目がありましたが、ここは一枚のマットレス。
一人で宿泊するにはポイント高いですね。


ホテルに入った時には、なぜか「しまった」感に取り付かれた私でしたが、お部屋に入ってとても安心しました。
素敵なお部屋で、良かった(TーT)



そうそう、窓からの眺めですが、ヴェネチアンがあるタイパ地区はホテル建設が盛んな地区なので、私の部屋からも、そんな建築中のホテルが、

ド~~~ン!

1418view.jpg

ま、いっか~ 


後は夜に顔合わせも兼ねた食事会があるだけなので、一風呂浴びてのんびり過ごそうっと。

と、窓の外を見ると、


1420sky.jpg

こんな虹色をした雲が。


ん~~~、これは吉兆? それとも凶兆?

どんよりとはしているけど、虹色なんだから、きっと吉兆だと思いたい!


マカオ行 その1.出発・到着 6月13日

例によって、牛が草を反芻するがごとく、後出し状態のマカオ記の始まりです~(⌒o⌒;




6月13日

夜9時発の VIVA MACAU航空で、成田を出発。

お約束の 成田空港。

1301narita.jpg

土曜の夜、VIVA MACAUのカウンターの辺りはガラガラ(⌒o⌒;
隣のオーストラリア行きのカウンターが混んでいるのを横目に、スイスイとチェックインが済みました。


ちなみに、VIVA MACAU航空というのは、土曜日と水曜日に成田を発着する格安航空のマカオ直行便です。
マカオまで4時間弱のフライト。
便数は少ないですが、香港経由でマカオに入ると、フェリーの待ち時間などもあってそれこそ一日仕事(少し大げさ?)になることを考えたら、早い~~~(TーT)


それなのに、当日の搭乗客はかなり少ないらしく、私たち7人の一行以外には、カウンターで会ったのは2組のカップルだけ。


格安だけあって、搭乗口はかなり端っこの75番ゲート。

そこに向かう動く歩道はこの通り無人(笑)

1302narita.jpg

大丈夫か? VIVA MACAU(⌒o⌒;


機内では、食事のサービスなどは一切なし!
食事どころか、飲み物もブランケットのサービスも一切無しで、希望すれば有料であります。
映画の上映なんて、言うまでもなくありません。

よって、通路を行くのは、飲み物やDFSグッズの販売だけで、まるで特急電車並み。

フライト時間はたったの4時間弱ですし、いっそのこと清々しいって話ですよ(笑)

機内は本当にガラガラ。
席は、3人掛けに1人ずつ、スーパーフラットシート状態でラッキーでした!!(^_^)v


ただ、上空に上がると機内の温度が下がるので、上着などもちゃんと用意していったのですが、それでもちょっと寒かった(⌒o⌒;
ブランケットが欲しいなぁと思ったのですが、40HKD(600円弱)で買取になるので、値段はさておき荷物になると思い、やめておきました。
20HKDくらいでレンタルにしてくれれば良いのに。

それともうひとつ、シートの個別の映像がないので、機内の大スクリーンが音量付きで上映されていて、その間はずっと音が出ています(爆)

うるさいって話ですよ。
こちとらすぐに寝たいんだから。


でも、それ以外は、エコノミーシートでもそう狭くはないですし、格安ということを考えたら、決して悪くないと思います。
何より、時間がかからないのが楽で良いですね。


で、あっという間にマカオ国際空港に到着。
時計を見たら0時45分。
ってことは、日本との時差は一時間だから、現地時間で1時45分かぁ(⌒o⌒;
ここまで真夜中じゃなかったら、もっといいんですけどね~


その晩だけは、グランドビューホテルというところに宿泊して、明日、いよいよヴェネチアン・マカオ・リゾートに移動です。

ってことで、一日目は終了。

お休みなさ~い(^.^)/~~~






成田で、思わぬ買い物をしてしまいました~(爆)

マカオ用の変圧器を持って来なかったことに気づき(あるいは持って来たかなぁ?とうろ覚えσ(^_^;))、慌てて買いに走ったのですが、命の(ここポイント!)ホットカーラーが使えるタイプのものだと、ななな、なんと!7000円以上もするのです(T-T)
変圧器が、ですよ?


いや~~~ん、ホットカーラーが使えないと生きて行けない~~~
でも、7000円以上もするなんて、高すぎる~~~

と悩んでいたら、お店のお姉さんが「電気屋さんに行けば、どこでも使えるホットカーラーを売ってるかもしれません。
その方が安いかも」とアドバイスしてくれました。

で、電気屋さんで、世界中OKのホットカーラーを買ってしまいました。
こっちから持っていったカーラーもあるのに。

変圧器よりは安かったから、ま、いっか~

でも、ひとつうれしかったのは、もともと持っているのと同じメーカーだったので、カーラー自体はどちらでも使えるということ。
ケチってカーラーの数が少ないものを買ったので、助かった・・・(;^_^A



それにしても、どうして各国で電圧が違って、差込口の形状も違うんでしょうね~
行く国によって、どれを持っていけば良いのか、本当に面倒です。

ちなみに、デジカメの充電器は各国共通なので、OKでした。
携帯の充電器は、それまで知らなかったのですが、「国内専用」のものなので、アウト。
100ボルト使用オンリーなのです。
携帯を買った時に、何でそう言ってくれないかなぁ。
そしたら、共通使用OKの方にしたのに。

歯ブラシの充電器は、ホテルに120ボルトの差込口があったので、セーフ!!


・・・・・・・え?

ってことは、ホットカーラーも大丈夫だったんじゃないのぉぉぉ~~~(T-T)



あ~あ、また初日からやらかしちゃったよ・・・

ま、次にどこか海外に行く時の保険てことで・・・orz






もひとつ おまけ


変圧器、トランクの中に持ってました。

しかもアメリカ用の(爆)

使えね~~~!


変圧器って、小振りな割には重いんですよね(-_-;)

よっぽど捨ててしまおうかと思いましたが、ハワイなんかに行く時にまた買うのも悔しいので、後生大事に持って帰りましたよ。


みなさまも、海外に行かれる際には、気をつけてくださいね。

って、そんなのって、私だけですか~?σ(T-T)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。